クルマ・バス

2016年6月 6日 (月)

ニッサン NOTE

20160605

この週末は妻や会社の友人達と、しまなみ海道沿いに瀬戸内の各地を久しぶりに訪れた。広島空港でレンタカーを借り、島伝いにあちこちを見物しつつ四国の今治市まで、往復の行程はちょうど300キロであった。今回空港のニッサンレンタカー事務所で借りたクルマは、NOTE(ノート)という車種でまだ5000キロ走行しただけの新車である。そのノートの中でも廉価なXと云うグレードを運転したが、このクルマはエンジン排気量が1200CCで価格は150万円程度らしい。


さて1000CC超前後のコンパクトカー、その中でもレンタカーに使われる低いグレードのクルマはこれまでに幾度も乗ったが、運転していてあまり楽しいという感じはしなかった。総じて直列4気筒のエンジンは安っぽいサウンドを奏で、内装は化学樹脂そのものの薄っぺらい仕様、室内にはエンジンの唸り音が共鳴したものである。なので今回もそんなものだろうと思いつつハンドルを握ってみた。


広島空港から山陽自動車道を通り、巨大な橋が連続するしまなみ海道を運転しながら、目の前のレバーやらボタンをあれこれをいじってみると、最近のクルマはこのグレードでも多彩な装備が満載なのが判る。前車に急接近するとブレーキがかかる(らしい)追突防止装置に目を見張り、少しでも車線を跨ぐと警告音が鳴るのに驚き、バックで駐車するとカーナビのモニターに、自車の位置と止めるべきスペースがくっきりと表示され感激。もっともアナログドライバーの私は、やはり後方をこの目で確認しないとバックできないのであるが・・・。


最も驚いたのがエンジンだった。1200CCで何と3気筒、79馬力でトルク10.8Kgと聞くとちょっと頼りなさそうに感じて、大人4人が乗ったこの車を加速させるにはよほど頑張らねばと思いきや、これが実にスムースかつフィーリングも気持ちよい。かつての安い4気筒の車をはるかに凌ぐエンジンサウンドやその快適さ、力強さで、この10年~15年のエンジンの急速な進歩が体感できる。室内は広大、かつ運転姿勢がかなり立っているので普段はスポーツタイプの愛車に乗る私には違和感があるが、ドライブはとても楽チンだ。ただ燃費を稼ぐ為に、交差点で停車する度にエンジンがストップするのだけは、エンストをおこした様で落ち着かなかった。


こうしてノートに3日間乗っていると、この種のクルマの”質感”が上がっている事を実感し、「クルマはこれで充分だよな」とも思えてくる。とくに生まれた時から自家用車が家にあったような最近の若者なら、これに乗れば「クルマってこんなものだよ」ときっと満足する事だろう。さて最後に満タンにして返すべくスタンドに行くと、入ったガソリンは15リッターだけ、何と1リッターで20キロ!も走った計算になる。モーターも一部使って走る最新のハイブリッドカーならこれをもっと上回るとの事で、こんなクルマばかりならガソリンスタンドは要らなくなると、時代の変化に驚いたのであった。一方で私たちが若い頃に感じたクルマへの憧れや高揚感が、こういう合理的なクルマからあまり感じられないのは、こちらがジジイになった証拠なのだろう。

2013年9月22日 (日)

BACK to THE 1980's

20130922_3

クルマの雑誌など最近とんと買わなかったが、本屋の店頭にあるベストカー・プラス、10月18日増刊号・総力大特集 "BACK to THE 1980's"という本がふと気になり手にしてみた。「日本のクルマが最も熱かったあの時代」 というタイトルと、掲載された数々の懐かしのクルマの写真を見て、ちょっと立ち読みした後に迷わず購入してしまった。なぜ珍しくこんな雑誌を買ったかというと、この雑誌の巻頭の言葉に代表される、「1980年代。日本も元気だったが、クルマはもっと元気があった。」「あの頃日本のクルマには『夢』も『希望』も『羨望』もあり・・・」 「メーカーもユーザーも一緒に祭りに参加していたような、ちょっとおかしい、だけど絶対的に楽しかった時代・・・・」 と言う1980年代を振り返りたくなったのである。また最近のクラウンの妙なフロントグリルや、フーガのうねったボディを見るにつけ、シルビアやジェミニ、カリーナなど、あの頃のすっきりしたクルマのデザインに郷愁を覚えるのも購読の理由である。


そういえば年号が昭和から平成に変わったのが1989年、その年の暮れに東証の日経平均株価が3万9000円近い史上最高値になった様に、1980年代日本はバブルに浮かれていた。クルマではハイソ・カーブームやシーマ現象がおこり、国内向けの需要によって、日本車がガラパゴス的に発展する事が許された時代でもあった。その頃を懐かしむ自動車評論家のコメントを読んでいると、当時の世相や自分の若い時代を思い出し、「ああ、そうだったよね」と思わず膝をうち、余りにも画一化され、効率一辺倒になった現代と比較してしまうのである。誌上対談で評論家の一人は 「(80年代は)自動車の進歩といろんな足並みが、偶然も含めてぴったり合ったという感じがしますね。団塊の世代で子供の頃ハングリーで、大人になって頑張るというもろ肉食系の世代の人達の確固たる需要があって、というようにいろんなものがきれいにシンクロしましたよね。」 と述べている。


熱気ムンムンの当時を振り返り、別のクルマ評論家は、「ケシカランことに近ごろの若いものは、好きな女の子をドライブに誘って、一気に仲よくなろうという 『ピュアな野望』 は抱いてはいないようです」 「ああ、なんて嘆かわしい。クルマなんてものは野望や下心を抱いてナンボです」とし、「言っちゃなんですが、今50歳前後の世代は、誰よりも強くクルマの神通力を信じ込んでいます。それは多感な若かりし頃に、クルマが今よりもずっと輝かしい存在だったからかもしれません」と書いているが、この評論家より10歳以上年上の我々世代は、より一層クルマへの思い入れが強いといえよう。事実、私も80年代は新車が出ると自動車誌を買ったり、パンフレットを取り寄せたりで、結局10年間で4台もクルマを乗りついでは、いつもピーピーしていた事を思い出す。それにしても、こうして過去のクルマを振り返ると、自分のこれまでの来し方や、過ぎ去った人生を思い出して懐しいし、雑誌とは云えクルマの発展を纏めて回顧してみると、それだけでちょっとした機械文明論を読んでいる気がするのである。

もう一度乗りたい超感覚スカイラインR32
20130922_4

2012年6月13日 (水)

男・還暦・GTアゲイン

トヨタが13年ぶりに販売したスポーツカー、トヨタ・86が売れて受注8000台を突破したと云う。スバルと共同開発した86は富士重工お得意の水平対向4気筒エンジンを積んだ小型のFR車で、”ボッボッボッ”という水平対向エンジン独特の音を響かせる久々のクルマらしいクルマをトヨタが発売したと注目されている様だ。そういえば最近はどこへいってもワン・ボックスカーばかりで、子供が何人もいる家庭ならいざ知らず、やたら大きなボディのSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビィークル)も含めて、これらからは”ファン・トゥ・ドライブ”という雰囲気が伝わってこない。一方の売れ筋、ハイブリッドカーも遊園地の電気自動車か、とクルマへの興味がうせてしまうのがこのごろである。


巨大ワン・ボックスカーの日産エルグランドやトヨタのアルファ-ドなどが、そこのけとばかり高速道路の追い越し車線を突っ走っていると、”何だかなー!?”と思うし、セダンにしても最近はやたら巨大になったトヨタ・レクサスLSやニッサン・フーガあたりを見ると、何か戦車が道路を疾走している様で、そのおどろおどろしい姿に辟易とする。アメリカでホンダ・アコードやニッサン・G35(日本ではスカイライン)クラスのクルマを見ると、乗っているのが大体ヤッピー風だったりして、なかなか良いなと感じるのだから、日本製のセダンも元来捨てたものではないが、なぜか小型~中型の国産セダンやクーペが日本では最近まったく売れないと云う。


80年代のハイ・ソ・カーブームは、一体どこへ行ってしまったのだろうなどと考えていた処に、トヨタの小型FRスポーツカー86の登場である。この20年、クルマがただの道具になってしまったり、やたら偉そうに大きくなったりする中で、オーセンティックなクルマが復活するのはとても喜ばしいものだと思うのである。私もそのうち高齢になってクルマの運転が出来なくなるのだろうが、それまであと1台~2台クルマを買い換えるに違いない。自分のライフスタイルを考えながら次の車は何にするかなどと自答し、老人こそ夫婦2人でスポーツカーやクーペ、カブリオレに乗るのも良いものだ、などと一人で合点をうちながらトヨタ86の絶好調を伝える記事を読んでいた。

”男・還暦・スポーツカー・アゲイン”である。

2011年9月 3日 (土)

ポルシェ904 VS スカイラインGT

9月1日から会社員に戻った。30数年間の会社勤めを辞め、友人と二人で自営業を始めたのが4年前。以来マイペースで仕事をしてきたが、やはり2人でやる会社にして往々に起こりがちな価値観の相違が顕在化して、喧嘩などをする前にコンビを円満解消したのが昨年末であった。そんな時「うちの会社に来ませんか?」とありがたいお誘いがあって、今の会社へ契約社員として勤める事になった。仕事の中味は勝手知ったる内容だが、この5年間で業務のシステム化が更に進んで、何をするのもパソコンに社員コードやさまざまな暗証番号を入れなければ、一歩も前に進まないのにアナログおじさんは困惑する。また大部屋での仕事も久しぶりで、今は「人とパソコンに酔っている」という状況か。それにしても還暦近くなって、また新規雇用してくれるとはありがたい事で、精々子供の様な若い社員達の邪魔にならない様、かつ少しでも私の経験が活かせる様、しばらく試行錯誤の日々になるだろう。


それはさておき、この前のブログ「ぼくの日本自動車史」の話である。私は、この本の著者・徳大寺有恒氏が「本格的スポーツセダンを目指しながら、あまりにも浪花節」と評するスカイラインのファンで、代々このクルマを乗り継いでいる。子供の頃にド・デオン・アクスルとかグリスアップ不要などとほとんど意味がわからないまま旧プリンス社(現ニッサン)が先進性を披瀝する広告に魅せられていたのだが、プリンス・スカイラインを決定的に意識し「大人になったら絶対買おう」と思ったきっかけが1964年の日本グランプリである。このGTレースで生沢徹選手のスカイラインが式場壮吉選手のポルシェ904を一瞬抜いたのがテレビで実況生中継されたのを見て、大いに興奮し戦後の日本の工業製品が、欧米製品の後ろ影を踏む位まで近づいた様に感じたのだった。


私の自動車選好の原点だったこのレースの真相が「 ぼくの日本自動車史 」に語られていて、「 なるほどそうだったか 」と最近、目からウロコの思いした。ちょっと長いがその箇所を「 ぼくの日本自動車史 」から引用してみたい。

<引用開始>

「式場君が持ち込んだポルシェは、スカイラインとは次元が違うクルマだ。904は重量がわずか570KGしかない本格的なレーシングカー。かたや2000GTは1t以上もある重戦車のような乗用車なのだ。この両車が本気で闘ってまともな勝負になるわけがない。そいつは式場君はもちろん、スカイラインに乗っていた生沢徹君も同様、よくよくわかっていたことである。」

「(略)、このレースには、紅一点の女性ドライバーが初代フェアレディに乗って参加していた。彼女は5周も走れば、早くも周回遅れになるという飛んでもないノロマな走りっぷりであった。式場君はこのフェアレディーをヘアピンカーブで抜こうとしたが、フェアレディーはいきなりフラフラと尻を振った。危ないとブレーキを踏む。そこをスカイラインの生沢君がドーンと抜いたのである。」

「式場君や生沢君はレースを通じた仲のいい仲間だった。このレースが始まる前も生沢君は、『 おい、式場、万が一オレが抜いたら、一周ぐらいトップを走らせてくれよ 』と、冗談で語っていた。式場君はスカイラインに抜かれた瞬間、この言葉を思い出した。その気になれば式場君はこのヘアピンの先の直線でスカイラインを軽く抜けたのだが、『 ひとつ、グラウンドスタンド前ぐらいは徹のやつに走らせてやるか 』と思い、生沢君のスカイラインを先行させた。かくしてスカイラインがポルシェを従えてグランドスタンド前に現れる、かの伝説のシーンとあいなったわけだ。」

「(略)スタンドを埋めた十数万人のファンは、ワーっと熱狂し、大歓声を上げた。その瞬間、みんなポルシェに憧れながらも、突然、日本人の血が沸き上がったのである。(略)」「式場君のポルシェはその大歓声の中で、悠々とスカイラインを抜き返した。そしてそれを最後にスカイラインは二度とポルシェを抜き返す事はできなかった。しかし、この偶然のドラマはスカイラインと云うクルマを日本人のクルマ好きの心に強く焼き付けた。(略)」

<引用終了>

日本のレースの揺籃期とは言え、なんと洒脱な戦いぶりであろう。生沢選手にしろ式場選手にしろ金持ちの息子で、そういう人達がレースをしていた時代の事である。もしこの話が本当だとすれば、スカイラインに憧れて購入した私などの消費者は、彼ら金持ちの一流のシャレに乗せられた事になるわけだ。しかし何だか世知辛い最近の世相からすると、微笑ましい「古き良き60年代」を思い出させる逸話であって、そんな夢の様な話に乗せられてクルマを代々選ぶのも良いか、とも私は思うのである。


2011年8月28日 (日)

フォード・フュージョン

20110828

今回の旅行で、久しぶりにアメリカ本土でクルマを運転するためにAVISでクルマを借りる事にしたが、どうせアメリカで乗るならフル・サイズカーという事で、同社のホームページにあった”シボレー・インパラ”または同型という車種を予約した。”シボレー・インパラ”と云えば幾多の変遷があるものの、一世を風靡したアメリカのフル・サイズカーである。フルサイズのアメ車と云えば、前のシートは横一列の長いベンチ・シート、メーターはタコ・メーターなどくそ喰らえとばかり置き時計の様な四角いスピード・メーター、路面の継ぎ目をタイヤが拾うといつまでもフンワカ揺れている様な良き時代の車を何となく思い浮かべるのである。


シアトルダウンタウンのAVISで手続きをすると、カウンターの店員はいきなり早口で「フュージョン?」と聞いてくる。アメリカの店頭の常で、相手が外国人であろうと何であろうと喋る速度に容赦などないのだが、いきなり耳慣れぬ事を問われると、こちらは「何?またレンタカーに新しい約款でもできたの?」と一瞬身構えてしまう。ここでひるんではならじと、改めて「それはクルマの車種?」と問うと「そう、フォードだ」と答えるが、大体からしてAVISだからGM系列かと思っていると、フュージョンというのはフォードから2007年に発売された新しい車種だそうで、知らぬも当然。「GMのインパラ」だと思って行ったら「フォードのフュージョン」では面食らうのだが、仮にも日本の地方空港で「トヨタ・クラウン」を予約した外人客に、枕ことばもなしにいきなり「(ニッサン)フーガ?」と聞く事はない。こんな時、もし大東亜戦争に勝っていたら、日本語と日本式サービスが世界でもっと汎用されただろうに、と愚痴ってしまうのである。


などとレンタカーのチェックアウトにあまり良い思いをした事はないが、借り出したのが”フォードフュージョン”である。フルサイズカーなどと云っていたが、トヨタクラウンなどより、全長はやや短く見た目は日本のミドルサイズカーと変わらない。これをみるとアメ車が小さくなり、日本車が大きくなったのだと改めて実感する。ダッシュボードはごく普通のアメリカ仕様で、諸スイッチは丸いツマミ、メーターは本田のハイブリッド・カーさながら遊園地の電気自動車かゲーセンのドライブゲーム並のギンギラギンである。フワフワでソフトなハンドリングはついカーブで切り過ぎてしまい、「これぞアメ車!」と思わず唸ってしまうほどである。すべてに「 クルマって生活用具だからこの辺りで割り切って置こうよ」というクルマ社会ならではのいさぎ良さが却って心地良い。最近のアメ車はセパレートシートにタコメーター装備と、恰好は欧州や日本車とさして変わりないが、やはり中味はアメリカ向けだな、と予想通りの乗り心地に安堵感さえ覚えたのであった。

2010年4月15日 (木)

インフィニティG37カブリオレ

数年前ハワイ島でクライスラーのコンバーティブルをレンタカーで借りて以来、風を切ってドライブする爽快感が忘れられず、我が家も次は是非ともオープンー・カーに買い換えよう、と色々クルマを探したのだが、どうも適当なクルマがない。というのも私の考えでは、日本では右ハンドルが必須、それに2シーターでなく小さくとも後席がある事、ハードトップ(金属製の屋根)である事、6気筒車が望ましいなどと言っていると、適当な車種が市場にほとんどないのである。

これまでディーラーに行って、クルマを見たり試乗したのは、プジョー、フォルクスワーゲン、ボルボ、レクサス、インフィニティなどだが、どうも私のこの希望をかなえてくれた上で、値段が適当な車種にまだ出合わない。4月1日エイプリル・フール版でアップしたインフィニティ(スカイライン)カブリオレの英国から逆輸入車は、まだ国内に1台しかないため、値段がかなり高くてちょっと手がでない。レクサスのIS250Cも良いが、どうもレクサス販売店の”売ってやる”とばかりの慇懃無礼なセールスマンが性にあわない。

ハードトップのオープンカーは、写真の様にひどく複雑な機構を使って屋根をトランク・スペースに収納するのだが、街中でドライブのさ中、急な雨が降り始めて屋根を出そうとした瞬間、収納装置が故障して屋根が半開きのままになってずぶぬれになってしまうとか、屋根が垂直に立ったまま故障してニッチもサッチもいかなくなるという悪夢がおきないのか。心配症の私がディラーでそんな質問をすると、どのセールスマンも「 そんな事故は今まで聞いた事がありません 」と言って笑っている。そんな心配から少しでも安心できる為には、やはり部品の取得が簡単でサービス体制の良い国産車なのだが、国産のハードトップ・コンバーチブル(カブリオレ)車は本当に車種が少ない。

そんなこんなで、かれこれもう3年もクルマ屋を廻っていても、いまだに決断がつかず妻は私の優柔不断さにあきれている様だ。写真は日本でただ一台イギリスから逆輸入されたインフィニティーG37(スカイライン)カブリオレの右ハンドル車、ハードトップの格納の様子。
100404_151958

2010年4月 1日 (木)

ついに新車購入

20100401
最近、物欲メーターが振り切れて、オープンカーが欲しくてしょうがない妻は、ボルボやらプジョーなど、欧州産のカブリオレのカタログを取り寄せて比較検討し、ショールームに行ってはため息をついている。私もボルボなどは上品な作りでなかなか良いなとは思うのだが、外車は故障した時にすぐ直らないのではないか、などとかく心配が先走り、結局歴代乗り続けているっているスカイラインから乗り換えるまでには至らない。

今から一年半前、米国日産がインフィニティG37(スカイラインのアメリカ名)のコンバーティブルを発売した時は、妻もいよいよ我が家もオープンカー生活に突入か、ととても期待したそうだが、米国で発売した後いつまで待っても、日本ではスカイライン・コンバーティブルが発売されていない。ディーラーに聞いても「 屋根のあくクルマは日本ではなかなか売れませんからねー 」と素っ気ない。

業を煮やした妻は、インフィニティG37カブリオレを、米国から逆輸入しようとしてネットで調べたところ、いくつか業者がある事が分かったのだが、私は左ハンドルのクルマはアメリカなど右側通行の国で運転するものと頭脳回路が出来上がっていて、海外レンタカー運転する際に混乱すると強く反対する。苦肉の策で妻は、英国版Infinity G37 onvertibleなら右ハンドルで文句ないだろうとネットで探してきた。

先週末、実車の在庫がるというので、輸入業者の小平の整備工場に行って来たのだが、予てより右ハンドルのスカイラインクーペなら乗り換えてもいいかと妻に豪語していた手前、引っ込みがつかぬ事もあり、とうとうその場で銀色のコンバーティブルの契約を決めてしまった。この車の製造地は日本なので、いざという時の部品の手当ても何とかなりそう。海を2度わたるのでやや割高なのが難で、これから輸入手続が始まるので、納車は2ヶ月以上先にはなるが、妻の思惑通り我が家でもオープンカー生活が始まるのである。こうなれば、妻の頭に真知子巻きのスカーフをはためかせて、初夏の東京郊外をウインドウ全開にして突っ走ってやろうと思っている。

2009年9月 3日 (木)

三菱ふそう、日産ディーゼルのバス統合

三菱ふそうと日産ディーゼルのバス部門が統合されるという。すでに数年前から、日野といすゞは実質的に同じバスを製造してきたから、今後国内のメーカーは日野・いすゞ連合と三菱・日産連合の2グループ体制になるわけである。年々狭まる国内の大型車市場で4社が凌ぎを削って競争する方が無理であるから、この集約は当然の成り行きと思うが、バスファンとしては、これまで各社が工夫を凝らして開発してきた様々な車種をエンジョイできたものが、そのチャンスが減る事になって寂しいものである。

バスと言えば、黄金時代は昭和30年代から40年代にかけての高度成長期ではないか。各社それぞれ創意工夫をこらした、エンジン・シャシーやボディーでメーカー毎におもむきが異なっていて、バスに乗るたびにわくわくしたものである。

昭和30年代で私が一番好きだったバスは、日野のアンダーフロアーエンジン型バス(ブルーリボンシリーズ)。ボンネット型バスの時代が終わり、他のメーカーがリアエンジン車を製造するなか、日野は、後部の座席の居住性向上や騒音に気をつかったのだろうか、バス中央の床下にエンジンを置いていた。ことに日野のディーゼルエンジンのサウンドが秀逸で、このバス音に魅せられた私は、日野のバスが来るまで、何台でも他のバスをパスして停留所で待ったものである。ところが当時、いすゞバスも日野と同じ帝国ボディを架装するモデルがあって、日野が来たと勇んで飛び乗ると、実はいすゞ車だったりして、ひどくがっかりだった事を思い出す。

エンジンサウンドという点では、日産ディーゼルの2サイクルエンジンの音が独特であった。調度アメリカのバスの様な排気音で、いち早く採用した前面ガラス上にひさしがついた富士重工製の斬新なボディとも相俟って、当時の日本のバス標準から数歩抜けているかのような気分がしたものである。

三菱ふそうのバスは、今のエアロ・クイーン、エアロ・キングシリーズの排気音にも似た乾いた音で、呉羽製のボデイも上品なデザイン、日野が来ない時は三菱で我慢しようか、などと良く思ったものである。東京では都バスにふそう車が多かったと記憶しているので、山手線の内側はふそう、というイメージであった。

昭和30年代は、バス事業者によってもメーカーによっても様々な仕様の路線バスが活躍していたが、三菱ふそうと日産ディーゼルのバス製造の統合ニュースを聞いているうち、バスにまつわる当時の懐かしい思い出が蘇って来た。それにつけても、いま路線バスに次々導入されるノン・ステップバスは、どれも同じ様な仕様に同じエンジン音。OEM供給やら経営統合が今後もっと行われると、バスのロマンなどは遠い昔の出来事になってしまいそうだ。

久しぶりに書いたバスの絵は 昭和30年代の日野のアンダーフロアエンジン式バス、”ブルーリボン”
20090903

院長 2009-09-05 01:31:03
実に細かい部分までこだわりが・・・。

参りましたm(_ _)m


バルクキャリアー 2009-09-04 21:33:29
院長先生

バスの前方側面から出た、左折の方向指示器がしぶいでしょ・・・。


院長 2009-09-04 00:31:31
むむむ・・・

兄上、さすがはオタク・・・いえ、乗り物好き!

是非とも、美容室の矢野さんとバス談義をしてみてください!

2009年7月17日 (金)

北海道ドライブ雑感

20090717
早めの夏休みと云う事で往復フェリーで愛車を運び、北海道をドライブ旅行してきた。ドライブ距離1430キロ、平均時速53キロ、燃費は12.0キロで日頃東京の渋滞に中に巻き込まれているクルマも、快適なドライブでバッテリーなどの機器も息を吹き返した感がする。往路・大洗からのフェリーを下船した苫小牧で、ガソリンを補給しようとすると、スタンドの店員が「スピードには気をつけて下さいね、本州からドライブに来た方が随分捕まっていますから」といきなり注意をしてくれる。北海道では道路事情が良いのでついついスピードを出し過ぎてしまい、警察に捕まったという話をかねてから聞いていたので、気を引き締めつつ、他車がどんな速度で走っているのか、交通の流れを体感しようとしばらくは注意深く運転したのだった。

さて初日、数時間経って交通事情にも慣れてくると、高速道路を必要としないほど交通量の少ない快適な道路に、運転も楽しくなってくる。広い道と雄大な景色に、どこか外国で運転している感覚になるのである。ちょど左側通行のイギリスかニュージーランドの田舎をドライブしている様な気分か。一般道のスピード制限は60キロだが、どうやら地元のナンバーは80キロプラスアルファー位で走っている様だ。ただ、どこでねずみ取りをしているかまったく知識がないので、車列の先頭に立った場合は路肩に車を止め、地元ナンバーの車を先に行かせ、その後を走る様にする。単独で走る場合は制限プラス10キロである70キロを目処に走っていたが、途中一箇所、道端の生垣に隠れて、ネズミ捕りを実施しているのを見た。

ただ感心しない道産子ドライブマナーもちらほら。国道も集落に入ると40キロ~50キロにスピードが制限されるが、地元の車もあまりスピードを落とさない。先進諸国でのカントリードライブでは、集落のない所では100キロ以上でカッ飛んでも、人家や学校がある場所ではピタと制限速度にスピードを落とすものである。それから雨の時も昼間あまりヘッドライトをつけないのはどうも感心できない。東京などでは最近、外国に倣って昼間でもヘッドライトをつける習慣が徐々に普及してきたが、田舎ではまだまだの様だ。

また右折車の距離感がやたら近くて、目の前で右折をされた事が数度あり、そのたびに肝を冷やしたものである。右折車がセンターライン際にクルマを寄せて対向車を待ったりせず、どうどうと車線を独占して後続車を待たせたまま、対向車線が途切れるのを待っているのも頂けない。道が広く車も少ないので右折が簡単な為だろうが、もう少し周囲の車に気を遣ったら如何、と言いたくなるのは都会人の習性だろうか。そういえば高速道路で追い越し車線を右(センターライン寄り)の方向指示器を出し続けながら、「先に行くので道を譲れ」と云う意志表示をする地元車が数台いたが、東名高速道路などではこの様な不躾なマナーをするトラックは、ここ10年ほど少なくなっただけに、普通のクルマがこんな悪いマナーをするのかと驚いた場面もあった。

これ以外は誠に快適であったが、まあ土地・土地による文化人類学的な運転方法の考察などを楽しみつつ、車内で地元ドライバーのマナーに悪態をつくのもカントリー・ドライブの醍醐味か。そんなこんなであったが、苫小牧・十勝川温泉・阿寒湖・摩周湖・川湯・網走・層雲峡・旭川・札幌・小樽と5日間で廻って、渋滞もなく大変楽しいドライブであった。いやクルマというのは、ゴーストップや渋滞がなければ、こんなに快適な移動手段かと再認識、次回はもっと人口の少ない稚内など道北に是非行ってみたいものだと思いつつ、小樽から帰りのフェリーに乗船したのだった。

2009年6月18日 (木)

乗り物体験ツアー

17日の新聞朝刊に「あこがれの乗り物 運転体験」として、大型バスや列車など普通は運転できない乗り物を、実際に動かしてみるツアーや観光施設が紹介されている。過日行った観光バス運転体験ツアーは山梨県内の滑走路を使って、実際に12米の日野自動車の大型バスを運転したそうで、甲府市内の集合場所には全国から57名が集まったという。

バスやトラックは大型免許がないと乗れないが、滑走路は公道ではないので普通免許でOKだとの事。私も一度は最新の大型バスなどを運転してみたいと常々思っているので、新聞社系の旅行社が催行したこのツアーの次の募集に注目してみたい。

さて最近はありきたりの観光地めぐりでなく、自動車工場や製鉄所、飛行機の整備工場見学などを組み合わせたツアーが人気だそうである。かつて商売柄、国内・海外の色々な工場を随分見学させてもらったが、各国・各業種・各工場によって、随所に様々な工夫が凝らしてあり工場見学は興味がつきない。

自動車工場では真っ新な鉄板一枚が半日後に完成車になって行く工程を観た後、「自動車はコンピューター管理で数十秒に一台づつ完成するが、それを輸出する船は半日くらい平気で遅れて困る」などと言う担当者の話を聞くと、船の遅れが大変な事態を招く事などを実感したものである。

体験型旅行として、先年「碓井峠鉄道文化むら」で電気機関車の講習と運転を体験したが、新聞によるとバス以外にも北海道や茨城県でディーゼルカーが運転できる施設があるそうである。まだ知らない現場、例えば旅客機の格納庫見学などと共に、こういう運転体験施設に是非行ってみたいものである。

写真は日野自動車の最新型セレガ。
20090618

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ