カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2020年3月30日 (月)

ちょっとだけヨ

20200329_20200330100101

テレビもネットも武漢ウイルスの話ばかりでもう飽き飽きした。こんな時にこそ、日本は素晴らしいとか皆が幸せになるとかいう話を聞きたいものだが、相も変わらずニュースやワイドショーでは政府や行政、さらには日本人の欠点をあげつらうような批判記事ばかりが目立つ。この騒動が沈静化したら、一体どの識者やコメンテーターが一番国民の不安を煽ったか、この機に乗じて単に当局に対し批判の為の批判を展開したのか、誰かが一覧表でも作って発表してもらいたいくらいだ。そういえばこの週末には、町でクルマがエンコして大きな通りの真ん中で立ち往生する場面に2回も遭遇した。すると2回ともたまたま近くにいた歩行者やトラックドライバーが、頼まれたわけでもないのにクルマを安全な場所まで押す手助けをしていたが、それを見て東京人の協力の精神もなかなかのものだと嬉しくなった。我々の住む日本の社会は、毎日のように垂れ流されるいい加減な批判記事ほど酷いものとは私には思えない。


週末は東京都の外出自粛要請に加えて日曜日は都内でも雪で、まことに意気があがらない。こんな時はパァーと楽しい映像でも見ようと、ドリフターズの「8時だョ!全員集合」のDVDを取り出してみた。1970年代から80年代にかけて土曜日の午後8時、国民の半分が見た、と云われたオバケ番組の名作記念盤で、冒頭の「8時だョ!全員集合!」といかりや長介が叫ぶところから懐かしさと可笑しさで見るのを止められなくなってしまう。「タブー」の音楽に合わせて加藤茶が演ずる「ちっとだけョ~」、志村けんの「東村山音頭」や「カラスなぜなくの、カラスの勝手でしょう」など当時は子供の教育上まことによろしくない、と問題になった場面である。下ネタ満載の場面に涙を流して笑いながら画面を見ていると、妻には「あんたも好きネェ~」と笑われる始末。今あらためて見ても大がかりな舞台装置、ドリフターズの体を張った演技が素晴らしく、これを毎週公開生放送した関係者の努力に拍手を送りたい。


志村と桜田淳子の新婚夫婦コント「おかえりなさい。あなた、ごはんにする?お風呂にする?それともあ・た・し?」などと云うセリフは子供にはとうてい理解できなかっただろうが、それでも公開の劇場からは子供たちの大きな笑い声が聞こえてくる。もっとも画面からは、いかりやの「バカ野郎」などというせりふや、容姿に対する雑言がひっきりなしに飛び出して、今ではとても放送できない内容である。それを考えるとこの番組が放送された頃から40年、この間に放送の規範が随分変わったことがわかる。当時はせいぜい世間の良識が許さないことぐらいが規制の基準だったが、今ではいじめや嫌がらせを思わすセリフのほか、いわゆるハラスメントがすべて口にできないようで、笑いが堅苦しいものになってしまった。研ナオ子と志村との下ネタギャグで研が自分で笑い崩れてしまい演技にならない場面を見るにつけ、言葉狩りなどやめてもう少し大らかなセリフのやり取りが今の放送にあってもよいのにと思ってしまう。

と、ここまで書いたら志村けんさん死去のニュースが飛び込んできた。ご冥福をお祈りします。長い間、笑いをありがとう。

20200329

2020年3月 9日 (月)

箱根の区営保養所

コロナウイルスのニュースには飽き飽きした。無責任に関係者への批判ばかりを垂れ流す評論家やコメンテーターの意見はもう充分だ。ちょっと前まであれほど大騒ぎをしていた「桜を見る会」など皆もう忘却の彼方らしい。さすがに外出から帰ったらうがいや手洗いは励行しているが、それ以外はごく普通に暮らしている私には、このコロナ騒ぎにうんざりするばかりだ。ただ一つ考えることは、ここ数十年、人や資本の自由な移動を目指してきた世界の流れが、トランプ大統領の政策やブレクジットと相まって、ウイルス騒ぎを契機に国境や国家の壁が高くなり、脱グローバル化の枠組みへと変わっていくかも、という事くらいだろうか。

 

小人閑居して不善をなす、世の中では無駄な外出は控えよの掛け声がこだまするが、蟄居していても碌なことはない。週末は箱根強羅にある区営の保養所に行ってきた。あいにくの天気だったが、雨に打たれながら強羅の露天風呂に浸かっていると、周囲の木々のつぼみも膨らんで春が近いことを実感できる。驚いたのはこの時機なのに、全部で30室程ある保養所の部屋がほぼ満室だったことだ。昨年11月の台風19号に伴う豪雨被害で箱根登山鉄道は運転されていないから、クルマで来る宿泊客が多いことは予想していたが、正規の駐車場がいっぱいの際に回される従業員用駐車場まで満車だったのは初めての経験だった。みな宴会自粛や自宅待機に飽きているのだろう。

 

保養所の食堂は「ビュフェスタイルがウイルス拡散にいけない」とのお達しで、各自が取りに行けたコーヒーが従業員がサービスする方式になっていた。学校や幼稚園が一斉休校になったせいで、3月初めというのに家族連れや元気な子供たちの姿が食堂では目立つ。そのほか最近の傾向として、中高年の男性だけのグループがちらほらと散見される。学校時代の仲間か、リタイヤした元の職場の同僚か、みな和気あいあいと酒を酌み交わしていた。高齢化社会になって男性は孤独で取り残されがちなどと云われるが、こういう場所で昔の仲間と温泉に浸かりながら飲み会をするのも良いものだろう。区営のこの保養所もかなり古くなったが、運営は民間業者に委託されており清潔で安価、世の中がシュリンクするこんな騒動時の息抜き場として最適だ。

20200309
追加で注文した特別料理、かさごの唐揚げ820円也

2020年3月 4日 (水)

千鳥ヶ淵の寒桜

20200303_20200304011701

今年は暖冬で桜の開花が早いそうだ。今日は千鳥が淵の寒桜が満開。居並ぶソメイヨシノも今や遅しと開花を待っているようだ。桜が満開の頃にはコロナウイルス騒動も一段落してほしいと願う。

2020年3月 2日 (月)

トイレットペーパー買い占めとコロナウィルス

20200302

春めく中、ジョギング途中に東京マラソンの大迫選手(バイクの前)らを応援

三寒四温のころとなった。暖かい日には短いジョギングパンツで足を出して走ることができ気持ちよい。昨日はジョギングがてら、市民ランナーなしの東京マラソンを沿道で応援した。コロナウイルスのことを私はほとんど気にしていないのだが、閑散とした街を見ると、暖かくなるにつれこの騒動も下火になってほしいと思う。ところでジョギングしながらドラッグストアの前を通ると、分別ありそうな若者が、購入したてのトイレットペーパーの束を抱えて出てくる光景に出くわした。中国の生産がストップして紙製品が品薄になるなどいう話は完全なデマだとわかっているのに、それでも彼らが焦って買うのは、皆が買うと品切れになるからその前に買っておきたいという心理なのだそうだ。無駄な連想ゲームごっこは何ともご苦労なことだ。

 

昭和48年(1973年)のオイルショックの時もトイレットペーパーが店頭から消えたが、当時と違ってウォシュレットが普及し紙を昔ほど沢山使うわけでもない。それでも真っ先にトイレットペーパーが品薄になるという現象を見ると、危機の際の人間の深層心理と、トイレットペーパーがどこかで結び付くのだろうか。デマといえば関東大震災の際に朝鮮人が暴動を起こすと云う噂が流れ大混乱になったそうで、それから100年近くたち、これだけ情報網が発達した世になっても人々の行動はそう変わらないものだと感じる。そういえば3.11の福島原発事故で東京も放射能汚染で危ないとデマが巻き起こったときには、友人の会社に勤める若者が会社を辞め、地縁も血縁もない西日本にあたふたと逃げて行ったことがあった。心配性というか、おっちょこちょいというか、彼などは今頃またトイレットペーパーやマスクの列に並んでいるのだろうと想像してしまう。

 

個人としては外出から帰宅したらうがいをし、手をきれいに洗ってはいるものの、コロナ騒動もなんだか他人事のように感じ、騒ぐメディアを小ばかにしていたら、なんと知人夫妻がダイヤモンド・プリンセス号に乗船しており、船内検査で陽性となって隔離されていたそうだ。彼らとは2011年の飛鳥Ⅱワールドクルーズで知り合い、その後も年に2回ほど飲み会や旅行など定期的な集いをもっていたので、身近にコロナウイルスに感染した人が出たことになりびっくりである。まさに災難は忘れた頃にやってくるものだ。習近平の訪日が延期されるかもしれない、などと云うニュースもやっと出始めているが、もし彼が4月にノコノコとやってくるようなら「中国は軍備拡大に使う予算があったら、国内の衛生管理や疫病予防にそれをすべてまわせ」ときつく安倍総理には申し渡してほしいところである。

2020年2月17日 (月)

異形の大国・中国

福島県のスキー旅行から帰って2週間経つ。思い出すと、同宿のスキーリゾート・ホテルには豪州人などのほか多くの中国人が団体で来ていた。東京に帰ってこの2週間、大気乾燥のために喉がイガイガ、ガラガラする度に、コロナウイルスによる新型肺炎がちらっと脳裏をかすめたものだが、潜伏期間もやっと過ぎて一安心だ。それにしても19世紀に起きたペストの世界的流行を始め、毎冬のインフルエンザ、最近ではSARSのように、なぜか疫病というと中国起源のものが多い。多くの人口をかかえ、いまだ国内には不衛生な環境のところが多く、日本人や欧米人が食べないヘビやコウモリ、ハクビシンなどの動物を食べるという中国のありようがこれらの病気の元になっているのは間違いない。

 

今回、アメリカはさっさと中国人の入国を実質禁止しているのに対して、日本はこのウイルスの発祥地、武漢や湖北省・浙江省だけからの入国制限である。その感染力や症状については未知のものゆえ、対策と云っても有効な手を打つはなかなか難しかろうが、われわれ日本人はすぐ隣に「異形」の大国がある、という危機感だけはもっと強く意識しなくてはならない。同じ黄色人種と民族的に近いため中国人に親近感をもつ日本人も多いが、食習慣に限らずさまざま行動原理、文化、考え方などが我々とまったく異なる相容れない国である。中国の指導者たるや今回のコロナ騒動では、自分たちが非常に適切に対処していると自画自賛しているとの報道で、彼らは世界中に迷惑をかけたなどとは露ほども思っていないのである。

 

最近、製鉄原料輸送を担当する後輩たちと話していたら、この鉄鋼不況下でも中国の製鉄業はフル稼働で豪州やブラジルから大量に鉄鉱石や原料炭を輸入していると云う。景気対策を優先するために中国では国策で鉄鋼の生産を減らしておらず、余った製品が中国国内のみならず世界中に輸出され市況をより悪化させている。そのせいで世界の鉄鋼業が痛手を受けているとおり、経済的にもいまや中国が世界経済の牽引車というよりはリスクの元凶となっていると云えよう。今回のコロナウイルス問題でも明らかなように、中国で問題がおきるとその中でも真っ先に影響を受けるのは日本である。トランプ政権が、中国に対抗する方針をはっきり取り始めたことと機を一にして、我が国もコロナウイルス騒動を奇貨として、中国とはもっと距離を置くべきだろう。その点からしても、習近平を4月に国賓として招待するのはやはり考え直すべきだと私は思っている。

2020年1月23日 (木)

老人は大いに楽しもう

中学・高校時代の同級生やかつての部活の仲間たちと飲む機会がとても増えている。リタイア組が増えてみな時間が出来たためだろう。会うとまずは近況報告でお決まりの持病や年金の話に親の話題となる。父親はすでに亡くなっている者が多いが、アルコールが廻るにつれ、残った高齢の母親や親戚に対する愚痴、相続の争いなどで酒の席が盛り上げる。親がサラリーマン家庭だった友達がほとんどで、大体みな同じような経験をしたり、はたまた今まさに争いの渦中だったりで、他人の例でも共感できることが多い。もう大酒を飲んでくだを巻くような機会もへり、最後は「男性が健康で活躍できる年齢も平均で70数歳らしいから、精々いまのうちに大いに楽しもうぜ」と確認してお開きとなる。


ということで「大いに楽しもう」と妻と始めた社交ダンスもまる三年以上になった。もっとも熱心な人は週に二回も三回もレッスンに通ところ、我々は週に一回の個人レッスンだけで進み具合はまさに牛歩の歩みだ。先生から顔の向きはこちらでスウェイはこちら、内転筋を意識して、などと云われても、なにせこれまでの人生でそんなことを意識したことはないから難しい。何回やっても顔の向きが決まらないときは「この場所でターンするときは床の電気のコンセントをずっと見つめることにします。反対廻りの時は窓の3本目の桟を目標にします」などと言っては先生に苦笑されるありさまだ。もっとも社交ダンスは10年・20年やってやっと本物だというから、老境に入ったわが身としては「本物」になる前に体が動かなくなる気もする。


「大いに楽しもう」の一環では、今年は10数年ぶりにスキーに行こうと計画している。とはいうものの、若い頃は一時かなり熱心に滑ったが、なにしろしばらくスキー場に行っていないので内心ちょっと心配である。スキーは体で覚えているものとも思い直すも、かつて200点以上出した事もあり得意種目だったボウリングを、久しぶりにプレイしたら100点にも満たず大変なショックを受けたばかりである。そういえば、10年程前にこれまた久しぶりに行ったスケートでもうまいつもりで滑り出したら身体が付いて行かず、見事に尻もちをついてしまった「けつ面着陸(2010年1月25日)」。今回はゲレンデに行ったらしばらく初心者用コースで足慣らしをするか、と急に弱気になるこのごろである。

20200123_20200123114401

2020年1月 1日 (水)

一月一日

20191231

年の始めの 例(ためし)とて
終(おわり)なき世の めでたさを
松竹(まつたけ)たてて 門ごとに
祝(いお)う今日こそ 楽しけれ

2019年12月31日 (火)

年の瀬

201912311

冬至の日はゆず湯に入った。風呂の温度はいつもと同じで入浴時間も変わらないのに、出た後もいつまでもぽかぽかと体が暖かい。「ゆず湯に入った」という心理的効果を差し引いても明らかに体の保温効果が違うようだ。ネットの情報を見ても、たしかにゆず湯には科学的にも体を温める効能があるとされている。伝統的な慣習にはそれなり科学的裏づけがあるものが多い。先人の知恵というものだろう。ゆず湯に入りカボチャを食べていると、すぐに年末・年始の休暇である。ことしはどこにも旅行に行かず、久しぶりにのんびりの正月休みである。

 

それにしても、12月の国会は重要な法案をほったらかしにし、「桜を見る会」が延々と問題にされており、ニュースを見ても情けなくなってしょうがなかった。日本にカジノを導入する法案でも野党の反対を見ていると、彼らがなんでも反対、現状維持ばかりの「保守」だと若者に認識されるのも当然だと思えてくる。野党はしきりにギャンブル依存者が増えるのが問題だと言っているが、それではパチンコはどうなのかと問いたい。都市では繁華街のど真中に、地方では街道筋にあれだけ大っぴらにパチンコ店が堂々と営業しているではないか。パチンコ産業は衰退しているというものの、全国で売り上げが20兆円、年間1000万人が遊んでいる遊戯である。パチンコはOKでカジノがダメという理由がまったく意味不明だ。

 

反対論者がカジノがあると周囲の治安が悪化すると言っているのも疑問である。私もアメリカや東南アジア、韓国などでカジノを幾度か冷やかした事があるが、カジノがあるから周囲の治安が悪いという事はなかった。そのほかカジノを運営する中国業者がてら銭を巻き上げるのが問題だと云うならば、内外の業者がきちんと競えるようにそれなりに規制やルールを作れば良いではないか。まあパチンコ業界からは多額の献金が政治家に流れているようだから、一部政治家がカジノ法案に反対なのだろうという推測はつく。しかし財政難の折である。パチンコとカジノが大いに競い合って、税収アップに貢献したらよいと考える。新年は「桜の会」など安倍おろしの政局を何時までもやっているのでなく、山積する国難を真剣に取り上げるべく健全な野党の奮起を望みたい。

2019年12月26日 (木)

「がんばこ」と「キチク・スイライ」

明け方、眠りも浅くなって布団の中でうとうとしてると、急に頭の中に何かの単語や小説の一節などが浮かんだりする。時に英単語、時に難しい日本語だったり、はたまた古文だったりするのだが、先日は「がんばこ」という子供の頃の遊びが突如頭に浮かんできて驚いた。「がんばこ」を意識したのは55年ぶりくらいだろうか。半世紀以上、頭のどこかにしまわれていた名詞が、いきなり半覚醒の頭に蘇ったわけだ。といっても「がんばこ」はさてどういう遊びだったのか、しかと思い出さない。という事でネットで調べると、田の字型に地面を区切った中にそれぞれ一人一人のプレーヤーが入り、ゴムの野球ボールを4人が手で打ち合うソフトテニスのようなものだとある。

誰かがアップしたその説明を読むうちに、おぼろげに「がんばこ」なる遊びを思い出してきた。校庭や近所の公園で一人のスペースが2米四方ほどになるよう土の上に田の字形につま先で線を引き、ゴムボール一つで試合開始。自分の升に打ち込まれた球を卓球やテニスのようにノーバウンドかワンバウンドで他の人の升に打ち返すのだが、時に遅攻、時にフェイントや速攻を絡めて他の打ち損じや空振りを狙うゲームだったとおぼろげな記憶が蘇る。もっとも「がんばこ」は東京地区ローカルの遊びだったのだろうか、父の転勤で行った九州や関西の都市では遊んだ記憶がない。

なにせ今のようにネットやテレビのゲームのない時代である。子供たちはそれぞれ工夫をして、いろいろな遊びを考案したのだろう。そういえば「キチク、水雷」というゲームもあって、たしか大将はキチクだけ、キチクは水雷だけを捕まえられ、水雷が大将だけを捕まえられる鬼ごっこの変形判もあった。自分がキチクで好きな女の子がスイライになったときは、「あの子にタッチできる」とけっこう胸をときめかせてその子の姿を追ったものだった。これも場所によっては「駆逐・水雷」などと少しずつ呼び名やルールが違うようだ。2B弾(銀玉)で遊んだり、学校の帰り道に爆竹を盛大にならして近所から警察に通報されたりと、とにかく毎日よく遊んだことが早朝の夢ととも頭に浮かんできた。

2019年12月22日 (日)

年末につらつらと

20191220

2016年に出され話題になったアメリカのピーター・ナバロ著「米中もし戦わば」が文庫本になっている。出された当時に図書館に借りに行くと予約がすでに十何名もあって、いつ読めるのか分からなかった本だ。先ごろこの文庫本を買ったので年末はじっくりと読もうと思っている。手始めにところどころナナメに読んでみると、アメリカが中国を厳しく批難する背景が様々立場から書かれた本のようだ。文庫本でも400頁以上の大書で、読み終わったらそのうちブログに纏めてみたいと思っている。

そう言えば、2020年春に中国の習近平主席を「国賓」として日本に招くそうだ。新しい2隻目の空母を就航させ軍事大国の道をひた走る中国は、ウイグル自治区の人権や香港の民主化運動を抑圧し、台湾の選挙にも圧力をかけている国である。なにより尖閣にはいまだに多くの公船が押し寄せているという。こんな国のトップを「国賓」として呼んでよいのか。天皇陛下がお会いになるのか。安倍首相とトランプ大統領で中国に対する綿密な役割分担が成されているのなら良いが、またカネに目がくらんだわが国媚中派の外交が繰り広げられのかと心配で仕方がない。

非核化と制裁解除をめぐる米朝交渉期限を年末までと一方的に区切った北朝鮮のロケットマンこと金主席が、期限が真近に迫っても何の進展もないのにイライラしているようだ。さかんにロケットの打ち上げの様子や主席の談話を発表しているが、期限がくるこの年末・年始の休みは北朝鮮の動向に殊に注意ではないか。日本列島を超えて飛翔するロケット兵器の実験を正月休みに試みても、彼らの未完の技術で間違って日本の本土や領海に落ちてくることもありうる。そんな事がおきないよう祈りたい。

それにつけてもネットニュースは、TBS元記者だった男と求職希望の女の性交渉に合意があったのか、なかったのか等という問題ばかりでうんざりする。スケベな男(大体の男はスケベだが・・・)と目立ちたがりで上昇志向一杯と思われる女の間におこった出来事で、どっちもどっちだと私は思うが、またぞろ被告の男が安倍首相と近かったから警察の調べに手心・忖度があったか等というコメントがネットニュースに飛び交っている。そんな男と女の痴話事件に安倍首相が何か関わるわけもないではないか。噴飯もののニュース解説だ。何でも安倍首相に関連させる「アベノセイダーズ」の主張を目にするたび、メディアの劣化をますます意識せざるをえなくなる年の背である。

より以前の記事一覧

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ