« トップガン マーヴェリック(TOP GUN MAVERICK) | トップページ | 大牧温泉 »

2022年6月29日 (水)

VAN JACKET

20220629-van-jacket

最近、街でVAN JACKETのロゴを付けた服を着た人をちょくちょく見かける。着ている人はだいたい私のようなシニア世代である。昨年12月に”オールディーズミュージック ON ASUKA Ⅱ”クルーズに乗船した時にも、背中に大きくVAN JACKETとロゴが入ったジャンパーを着た人が乗船しており、「キマっていてカッコいいな」と思っていた。若き日の憧れであったアイビー・ルックを扱うブランドは、往時VAN とその大人版Kentしかなかったからブランドに対する思いもひとしおだ(ブルックスブラザーズの日本上陸は1979年)。VAN JACKETのホームページには『1948年に産声をあげたVANはあらゆるカルチャーが咲き乱れた60、70s'を駈け抜けました。いつも VAN は、新しかった』『ライフスタイルを提案していく中、「TPO」という言葉も「VAN」から生まれた』『1964年の銀座みゆき通りに出現したみゆき族は、世の中にセンセーショナルを巻き起こした。また、雑誌「男の服飾」(後のMEN'S CLUB)を出版社と立ち上げ「Life Style」に革命を起こした』とある。


思い返せば70年代初頭には年に数回出るその男性用服飾誌 「MEN'S CLUB」の特集号を購入し、アメリカ東部のエスタブリッシュメント達が着る正統派アメリカントラディショナルを一生懸命勉強したものだった。当時人気の米テレビドラマ"FBI アメリカ連邦警察"の主演だったF.M. ジンバリストJr.は実際にIVYスクールであるイェール大学の出身で、画面を通して彼の典型的トラッドスタイルにいつも注目していた。学ランで通した大学時代も終わり、社会人になるとようやくこだわりの背広を自分で買うことが出来る。入社式には3つボタン段返り、センターフックベントのトラッドスーツにボタンダウンシャツ、レジメンタルタイで臨んだところ、同期30数名の中にもう一人同じようなトラッド小僧がおり、お互い妙に意識したことを昨日の事のように思い出す。銀行員など堅い職場はまだボタンダウンはおろか、カラーシャツも許されなかった時代である。以来50年近く、基本的に服装はトラッドで通してきたのだが、最近はこだわりも薄れどうでもよい恰好で外出する日々も多い。


仕事量も少なくなりセミリタイアのこの頃である。ただ、年齢が上がってもシニア御用達カラーであるグレーやブラウン系のジジ臭い服装は極力避けようと心掛けている。観光地でアメリカ人のシニアが短パンにスニーカーだったり、おばあさんが派手な色のポロシャツに白のカプリパンツで決めているのを見ると、日本の年寄りは色合いが地味過ぎると思う。こう感じる自分ができる「こだわり」はやはりアメリカントラッドやアイビールックなので、飛鳥Ⅱでジャンパーを見かけて以来VAN JACKETロゴ付の何かを着たくなってきたのだ。ということで日比谷で「トップガン マーヴェリック」を観たあと、JR線高架下の再開発通路「日比谷OKUROJI」に開店したVAN SHOPに立ち寄ってみた。懐かしい尾錠つきノータックのストレートパンツや各種トラッドアイテムを目の肥やしとしながら店内を物色し、悩んだ末にVAN JAC.のロゴ付きTシャツを購入した。5,700円とTシャツにしては高い気もするが、シニアの「こだわり」には財布の紐も緩くなるのである。"for the young and the young -at-heart"で行こう。

« トップガン マーヴェリック(TOP GUN MAVERICK) | トップページ | 大牧温泉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バルクキャリアー様
この記事の感想を短く言うと「カッコイイ・オシャレ・憧れる」という感じでしょうか。
VAN全盛期は私より一回り上の世代で馴染みは薄かったですが、中学生の頃単なる憧れから「MEN'S CLUB」を眺めた記憶が蘇りました。一度倒産して無くなったと思っていたのすが別会社として復活しその精神は脈々と生き続けていたのですね。

仕事でここ数日神戸に滞在しておりますが三宮の街角で「めっちゃイイ!って思うものを買って世界の誰かに貢献する」との文言が目に留まり記念に何か買おうと思っておりました。この記事を拝読して「for the young and the young -at-heart」のVANグッズが欲しくなりました。
本日は大阪劇団四季開催の「オペラ座の怪人」を観劇する為午後に妻と梅田で待ち合わせですが、近隣の「大丸梅田」と「高島屋大阪」にVANがあるとのこと。早速突入して買い求めようと思います、誠にタイムリーな記事でした。

※冒頭の「カッコイイ」とは「VAN」はもちろんのこと「ファッションに拘るバルクキャリアー様の姿勢」両方です(笑)

M・Yさま

暑さにもかかわらす、変わらず勢力的に活動されているご様子でお慶び申し上げます。

石津謙介氏が創業したVAN JACKETは時代をリードした服飾ブランドでしたが、1970年代後半、トラッドブームの後退によって倒産してしまいました。今のVANは80年代になって再建された新会社です。しかし新会社が創業の精神を汲んで、かつての復刻版のような商品を販売しているので、ノスタルジーに駆られて購入したものです。

ユニクロなども本当に良くなっていますが、やはり男性たるもの、外に出れば伝統に裏打ちされたスタイルを第一に、そしてカジュアルの場では臆せず基本を踏まえた上でカラフルなものを着たいと心がけております。国会中継で麻生元総理が生地も仕立ても良い背広をビシっと決めているのを見ると、やはり名門の金持は違うとすぐわかります。

M・Yさまのような第一線で活躍されているエスタブリッシュメントにも是非トラッドの良い製品をワードローブに加えて頂きたいと思います。大阪で何を買われたのか楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トップガン マーヴェリック(TOP GUN MAVERICK) | トップページ | 大牧温泉 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ