« アドベンチャーワールド、赤ちゃんパンダ・颯浜 | トップページ | 慶應野球部3季ぶり優勝 »

2021年5月19日 (水)

酒には何の罪もない ナンセンスな酒類提供禁止

20210519jal1
空しく眺めるカバーのかかったJALラウンジの生ビールサーバー

大谷選手の活躍を見るためにBSのMLB中継にチャンネルを合わせる。画面で見る観客席からは大きな声援やブーイング、指笛が聞こえ、あたりに飛沫は拡散しまくりだろうがマスク着用者は極めて少ないようだ。NYではマスクをしていない人々が多数街に繰り出している風景がニュースから流れてくる。ワクチンの接種者が増え、もう武漢ウイルスに勝利したとの声もあちらでは大きいそうだが、それでも全米の新規感染者は毎日1万8千人で(日本は現在5000人)、これは人口比にして日本と同じ程度とされている。MLB野球中継でもわかる通り、この状態でもワクチンが行き渡ったとの前提で場所によってはマスクなしの外出で良くなったと報道されている。一方で「ゼロリスク」を求め集団ヒステリー状態の日本では、今後ワクチンが行き渡った後も相変わらずマスク警察が暗躍しそうで気が重い。


さて今回、南紀白浜の赤ちゃんパンダ見物の往路はJALにした。夕方の便に備え午前中にジョギングも済ませ、羽田空港の国内線ラウンジに早めに着いたら離着陸の飛行機を眺めながらサービスの生ビールを楽しもうという算段である。ところがカラカラに喉を渇かせ到着したラウンジにはソフト・ドリンクしかなく、いつものビールサーバーにはカバーがかかっている。がっくりして係員に聞くと、緊急事態宣言区域内では酒類提供の終日禁止措置に従いアルコール類が提供できないと申し訳なさそうに返事が返ってきた。ちょっと待って欲しい。これまで国内線のラウンジで飛沫を飛ばしてバカ騒ぎをする人などは見たことがない。ここは静かに搭乗時間を待つ場所となっているのに、ただ「やってます」感を表すための凡そ意味のない「自粛」にあきれてしまった。


旅行の帰り道は鉄路である。「ジパング倶楽部」3割引きを使い白浜から50年ぶりに紀勢本線に乗り、新大阪からは新幹線ひかり号である。夕方到着した新大阪駅でビールとつまみを買おうと構内の売店に行くと、なにやら飲み物のコーナーには「ノンアルコールビールあります」の表示がある。あれ、ここも同じかとおそるおそる「本物のビールはないの?」と聞いた売り場のおばちゃんは「すみません、今は売れないんです」と詫びる。「禁酒法でもないのに人権蹂躙ではないか?」と思わず声が出てしまったものの、彼女を責めてもしょうがない。おばちゃんにこの辺りではどこにビールがあるのか改めて食い下がると、改札口の外のコンビニではビールを売っているとのことだ。休日の旅行にビールもなしに新幹線などに乗れるものか。


そこで新大阪駅の駅員に構内ではビールを売ってないから一旦外に出させて買い物させてくれと頼んでみた。乗車券以外の新幹線特急券や指定席券は一旦改札口を出ると回収されてしまうが、事情を話すとJRの若い駅員は「どうぞどうぞ、自動改札機でなく有人の改札口を通って下さい、買い物したらまた係員に券を見せて下さい」と気持ちよく通してくれた。私達のように構内に「酒がない」と気付き、あわてて外に買いに行く旅行者が多いようだ。東海道新幹線の車内販売でも酒類は売られていないし、岡山県・広島県もこの日から緊急事態宣言に追加されたため山陽新幹線も多分同じであろう。JR各社はこの禁止措置期間中は駅構内や車内ではアルコール販売がなく、酒類はコンビニなどで事前購入するように広報すべきではなかろうか。


ところで日本の人口は現在1億2500万人だ。そのうち国内の武漢ウイルスの陽性者(必ずしも感染した患者ではない、無症状でも検査でウイルスがあった人)が69万人ゆえ、国民に対するその割合はたった0.5%にすぎない。かなりの人たちが周囲に感染者がいない所以である。社会で活躍する50歳台以下には感染しても重症化する率が極めて低いのがこのウイルスの特徴でもある。さらに今の統計は交通事故でも癌や心臓発作で死んでも、調べた結果ウイルスがあれば感染死とされるため、武漢ウイルス死者は実際より大幅に水増しされている。ある真面目な研究によるとこの一年間に本当にこの感染症で死んだ人は僅か1070人余との説もある。また年間の死亡者数(超過死亡率)が大きく減っているのは正式な統計結果で知られる通りだ。なによりこれまで上から目線で偉そうに自粛が足りないと説教を垂れていた日本医師会の会長自らパーティを主催していたことからすると、本音では彼が「この程度の感染症」「さざ波」と考えていたことが露呈した。GDPの大幅な落ち込みが発表されたいま、オリンピックを含めて経済が元気になる事がなにより重要だろう。酒類提供禁止や夜間の灯火制限などまったくナンセンスな施策は速やかに解除して欲しい。

20210519jal2

« アドベンチャーワールド、赤ちゃんパンダ・颯浜 | トップページ | 慶應野球部3季ぶり優勝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントします。
奥様の旅行記から辿り着きました。
コロナの自粛に対する考え方に同意します。
的外れな悪者探しを繰り返して、気持ちと経済を疲弊させていると感じています。
特にクルーズに対して、乗った事もないと思われる一方的な非難が我慢出来ません。
コロナを終わらせるのに必要なのはワクチンでも禁酒冷でもなく、賢くある事だと思っています。
ブログを楽しみにしています。いつか海で会えたら良いなと思っています。

クルーズ好きです様

コメントありがとうございます。

まずクルーズ中に乗客に陽性者がいることがわかり引き返した飛鳥Ⅱですが、私は今回の一連の措置は大変うまく行われたと高く評価しております。他の乗客やクルーに感染しなかったこと、横浜に帰着後速やかに当該陽性者がしかるべく下船できたことなどベストの対応ではなかったでしょうか。ダイヤモンドプリンセスの前例を踏まえて綿密に対応が図られたことと思います。あとは乗船直前のPCR検査結果が速やかに得られるなど若干の改善が行われれば、クルーズ船は他の交通手段より安全だと誇れるようになるでしょう。ひがみ根性の心ない批評などは消えていくことでしょう。

今回の武漢ウイルス騒動でもっとも危惧するのが「行動の自由」や「営業の自由」という人間の最も大切な権利をろくな議論やエビデンスもなしに制限してしまうことが良いのかという事だと思います。第一回目の緊急事態はウイルスの実態もわからなかったので仕方なかったでしょうが、それから一年以上経過して病態も対応も一応見えているのに今回の緊急事態発令、それも酒類禁止やら夜間灯火制限などおよそ科学的でない対策になぜ皆が唯々諾々として従うのか疑問でなりません。大東亜戦争時に「欲しがりません勝つまでは」「贅沢は敵だ」とメディアが囃し市民が喜んで従ったキャンペーンとまったく同じ構図のような気がします。

切り取ったデータや恐怖を煽る画面ばかりの在来型メディアの問題も大きいことがはっきりしました。

ヨーロッパでは一部でクルーズも再開されました。クルーズ船でお会いできる日を願っております。

バルクキャリアーさま
全く仰る通りであります。ナンセンスな施策は一刻も早く打ち切り瀕死の経済を回すべきであります。
死亡率が極めて高いエボラ出血熱等の指定感染症と同等の扱いがそもそもの間違いでインフルエンザ並みの第5類で十分でしょう、そうすれば医療崩壊も起りません。またイギリス株、インド株という呼び方も違和感を覚えます。バルクキャリアーさまも一貫して「武漢ウイルス」と仰っていますが、武漢ウイスルA株、B株、C株、、、、、、と呼ぶべきでは。

東京五輪についても私も同じく是非とも開催すべきであると思います。池江璃花子選手に五輪を辞退してはどうかと全くお門違いなメッセージを送った輩はどうやらサヨク、エセリベラル陣営らしいですが呆れかえるばかりです。普段から人権が大切と叫ぶなら真っ先にウイグルを弾圧(ジェノサイド)する中国に来年の冬季北京オリンピックは中止せよと訴えるべきなのにそういった動きは1ミリもありません。全くもって薄っぺらい連中であります。

さて、東京六大学野球春季リーグ戦は慶應が勝ち点7と独走で強いですね。明治と立教にも他力で僅かに優勝の可能性はありますが、両校とも慶應には連敗していますし今シーズンは慶應優勝で決まりでしょう。我が明治は慶應にノーヒットノーランで唯一黒星をつけた法政の三浦君から勝ち点1を奪ったので十分であります。廣澤克己氏が夏合宿に喝を入れに行くとテレビ解説で言っていましたので秋季リーグに期待したいと思います。

今季全く振るわない早稲田は最終週の早慶戦は一矢報いようと死に者狂いで挑んでくるでしょうね。昨年秋は絶対エースの木澤君を9回2死で交代させる不可解な采配で優勝を早稲田に譲っておりますので全国の慶應OBも今度は完膚なきまで早稲田を粉砕して溜飲を下げたいところですね。前祝飲み会も盛り上がりそうです(笑)

M・Yさま

私は日本人である事を誇りに思い、概ね自民党政権を支持してきました。今回も菅さんの立場を考えると、三度目の緊急事態宣言に彼の心中いかばかりかと深く同情しております。ただ取り巻き連中、特に木どころか枝を見て森を見ない感染症の専門家という集団がどうにもならない、その上に厚労省・医師会など無為無策の連中によって、事態が一向に進展しない事がよくわかりました。そしてこの武漢ウイルスの恐怖で視聴率を得たいメデイアに煽られる人たちで、大東亜戦争時代と日本人のメンタリティはまったく変わっていないことに愕然としております。

今度はワクチン騒動ですね。家にこもってばかりで外出もしない、よって感染のリスクも低い高齢者がなぜそんなに焦ってワクチンを受けたがるのかも不思議です。後年この馬鹿騒ぎがどう評価されるのか見てみたいですね。

中共は東京オリンピックが中止になれば北京オリンピックが初めてウイルスに勝った大会と喧伝するでしょうし、一方で東京オリンピックの開催を支援することで人権問題などの国際的包囲網に対し日本を味方につけようと硬軟両作戦を展開しているようです。池江選手を苦しめるメッセージを送ったのがサヨク・リベラルだったのもこの中共の作戦の一環なのでしょう。東京はなんとしてでも開催、北京はボイコットというのが日本人としてとるべき道ではないでしょうか。こんな「さざ波」でひるんでいては世界の笑いものですね。

さて早慶戦も5千人しか入場できないことになりそうで神宮球場へ行くのはあきらめております。梅雨も早い入りのようなので、じっくりと本でも読むことにいたします。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アドベンチャーワールド、赤ちゃんパンダ・颯浜 | トップページ | 慶應野球部3季ぶり優勝 »

フォト
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ