« "EVER GIVEN"スエズ運河で巨大コンテナ船座礁(続) | トップページ | 飛鳥クルーズ新造船発表 飛鳥Ⅱの後継? »

2021年3月30日 (火)

"EVER GIVEN"スエズ運河で巨大コンテナ船座礁(続々)

20210329_20210330002001
スエズ運河のムアリングボートマンたち。万一の為に乗船してくるが客船上ではデッキで土産物を売る事に専念している。(2018飛鳥Ⅱワールドクルーズにて)


どうやら"EVER GIVEN" 号は離礁したようで、まずは一安心である。事故の原因究明はこれから始まるのだろう。私は航海や操船については門外漢ではあるが、事故の原因を探る上でのポイントを素人ながら下記に推測列挙してみた。


①遮るもののない砂漠地帯での突風と砂嵐が原因と云われているが、地中海向きの船が船団を組んで一列で航走していた中でなぜ"EVER GIVEN"号だけが針路を違え事故をおこしたのか。パイロットの指示は?船長とパイロットは協調できていたか?

②水深が24米と浅い水路の中で船団を組んで8ノット程度の速力で走っているときの本船の舵の効きどうであったか。一般論としては水深が浅く船の速力が遅いと舵が効きにくくなる。突風が吹いていた時に本船の速力がどうだったのか。もっと遅かったのか?サイドスラスター(船体を横向きに移動させるプロペラ)を使用するような状況ではなかったのか?

③スエズ運河通峡には万一に際に備え、タグボートとの間でもやい綱を遣り取りするためにムアリングボートマンと呼ばれる作業員が乗船して来るが、タグボートやこれらボートマンは規則通りに機能したか。

④狭い水路で突風が吹き荒れた際には錨を降ろすことができず(錨をおろせばそこを起点として本船が振れ回る)、大型船はただ前進あるのみで非常に危険な状態になると考えられる。当日の朝の天気予報では突風や砂嵐の吹く可能性はどうであったのか。

⑤"EVER GIVEN"号はまだ船齢も若いので重要な航海計器や舵の故障は考えにくいものの、ブリッジやエンジンルームの乗員配置を含めて本船は運河通過のための堪航性が保持されていたのか。

⑥本船は10段ほどコンテナをオンデッキに積んでいるようだ。この状態で、ブリッジから狭水路を航行するのに十分な視界が得られていたのか。(かつて北米航路コンテナ船の配船担当だった時代に、ミーティングで各船船長から怒られたのは寄港地のスケジュールが厳しすぎて寝る暇がない、ブリッジ前に荷物を積みすぎて前が見ない、オンデッキの荷物が過大で船の重心が高すぎ復元性が心配だ、の3点だった)

⑦オンデッキ10段積みの状態では横風に対して水面上に長さ400米x高さ50米ほどの巨大な壁ができる事になる。同じ20万重量トンクラスでも原油タンカーなら満載状態において風に流される面積は水面上10米ほどの高さ(乾舷)にしかならない。そもそもこのような巨大「コンテナ船」が、オンデッキにコンテナを高々と積み上げてスエズ運河を通る際に、風に対する安全性は確認されているのか。船舶の排水量に応じたオンデッキの高さ制限が必要でないか。

以上である。

砂漠の中を地中海から紅海に向かうスエズ運河通峡中のコンテナ船。マースクラインのこの船はデッキ上8段積んでいる。ブリッジからの視界は十分なのだろうか?
20210329

« "EVER GIVEN"スエズ運河で巨大コンテナ船座礁(続) | トップページ | 飛鳥クルーズ新造船発表 飛鳥Ⅱの後継? »

船・船旅」カテゴリの記事

コメント

バルクキャリアーさま
今回のスエズ運河巨大コンテナ船座礁は、株やコモディティ等の金融市場にも影響を与えていたので固唾を呑んで事の成り行きを案じていました。まずは無事に離礁とのことで良かったなと思います。
それにしても、巨大とは言えたった一隻のコンテナ船座礁でスエズ運河の通航が不可能となり、400隻以上が待機するとは意外でした。全長400メートルの巨大コンテナ船が存在することも初めて知りましたが、運河の幅が僅か300メートルとは実に驚きです。

世界海上交通の要所であるスエズ運河から国のGNPの数%を稼ぎ出すエジプト政府は、もっと運河の整備に力を注ぐべきなのではとも思いました。
バルクキャリーさまが⑦で述べれれているように10段積みではコンテナ壁が巨大な帆となり風に流されたのでしょうか、そもそも何故あそこまで高く積み上げる必要があるのか素人には分かりませんが、武漢ウイルス禍の巣ごもり需要も関係していたのでしょうか。

今回の座礁事故で「スエズ運河」の重要性が多方面に再認識されたことは間違いありません。「一度は実際に通ってこの目で確かめてみたい」そう感じた次第です。

M・Yさま

M・Yさまご指摘のとおり1隻のコンテナ船が座礁しただけで、東西物流の動脈が止まってしまうことを今回世界が経験しました。スエズ運河の北の部分ではすでに新しい水路が掘られ往復の交通を分けていますが、南半分でも早急に新しい水路を造れという機運が高まってくることでしょう。ただ中国がここにカネを出さないことを望むばかりです。

アデン湾から紅海、スエズ運河にかけては、常に紛争やら海賊やらでもめる地域です。我が海上自衛隊もアデン湾で警備活動をしていますが、中国海軍はすでに紅海入口のジプチに基地を造っています。中共の恐ろしい野望が透けてみえるようです。彼らが中米に計画しているという第2パナマ運河はどうなることでしょうか?

今は港湾設備や後背地、陸上運送網の整備もあいまって、船舶は総じて巨大化しています。コンテナ船だけでなくこの大型化競争がどこまで進むのか。ただ大型化すればするほど貨物船はエンジン付き倉庫、客船はエンジン付きテーマパークのように見えてフネ好きとしては引いてしまいます。5000人も乗るクルーズ船は、いざという時に本当に安全なのか、今回のエバーギブンの事故で考えさせられます。


いま現在はコンテナ船だけでなく、ほかの貨物船も市況は賑わっています。物流業界にとっては思わぬ巣ごもり需要なのですね。

現役バリバリのM・Yさまでしょうが、お休みが取れるようなら、ご家族でスエズやパナマ運河クルーズなどに出かけられては如何でしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "EVER GIVEN"スエズ運河で巨大コンテナ船座礁(続) | トップページ | 飛鳥クルーズ新造船発表 飛鳥Ⅱの後継? »

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ