« 飛鳥Ⅱ2021年オセアニアグランドクルーズ中止 と 2022年オセアニアグランドクルーズ発表 | トップページ | 飛鳥Ⅱ30周年オープニングクルーズに乗船して(感染症予防編) »

2020年11月 1日 (日)

50年前・1970年のこと

20201101

2020年の生命保険料控除証明書が届きふっと気が付くともう11月。武漢ウイルス騒動だけで今年も終わってしまいそうだ。後で振り返ってみれば2020 年は何と不思議な年だったことかと記憶に残るだろうが、そういえば今年は一応末尾にゼロがつく節目の年でもある。20年前、30年前、50年前は何をしていただろう、などと折に触れ思い出すのだが、ちょうど愛読雑誌「HANADA」12月号に連載されている放送作家の高田文夫氏の「月刊TAKADA」のコーナーに「50年前の大衆芸能」として1970年頃の社会現象が面白おかしく書かれている。読むうちに50年前、昭和45年当時の一大イベントだった大阪万博のことやボーリングの大ブーム、グループサンズやフォークソングの歌などの記憶が鮮やかに蘇った。


高田氏の文中で、当時は自分も同じことを考えていたな、とやけに親近感を覚える一節があったのでこの部分を引用してみる。

この時代、いよいよ”フォークソング”というのが世に跋扈すのだが、東京は渋谷生まれで世田谷育ち、只今麹町暮らしのトコトン山の手東京人の私としては、どうもあのフォークが苦手。学生時代の仲間にもたくさんいたが、田舎臭くて貧乏臭い。長髪にギターで三畳ひと間。あゝいやだいやだ。そのくせ東京でひと山当ててやろうみたいな野心を隠して、失敗すると『東京は冷たい』などと抜かす。君らのような者ばかりだから互いが冷たくなるのだ。東京のせいにしてはいけない。

このあたり、私も渋谷の産院で生まれ世田谷に育ったものだから彼の心境がよくわかる(といっても当時の世田谷は、点在する畑の合間にまだあちこちで肥溜めが存在するような田舎だったが)。


この点で云えば2009年4月22日の「神田川・その後」(リンク)で書いたように、私も高田氏と同じように同棲時代と云われたあの頃の一部の根暗な雰囲気を疎ましく思っていた。南こうせつの「神田川」が表わす情景、すなわち地方から上京し長髪でギターをかきならしてフォークソングを歌い、女子短大生と簡単に同棲する人たちが、大学の同級生など少なからずいたが、学ランで登校し、奥手で硬派を気取りガールフレンドもいなかった私は彼らを複雑な心境で眺めていたのだ。ギター片手に「ベトナム戦争反対!」などと叫んでいた彼らは今どうしているのだろうか?同棲カップルでそのまま結婚した者もいたが、いまはよき爺さん、婆さんになっているのだろうなあと50年後の姿を想像してみたりする。

« 飛鳥Ⅱ2021年オセアニアグランドクルーズ中止 と 2022年オセアニアグランドクルーズ発表 | トップページ | 飛鳥Ⅱ30周年オープニングクルーズに乗船して(感染症予防編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バルクキャリアーさま、おはようございます。

世田谷と聞いて学生時代のアパートを思い出しました。数十メートル歩けば杉並区という世田谷区の端の赤堤でしたが和泉キャンパスには徒歩、駿河台キャンパスには京王線直通の神保町と便利でした。懐かしくなったので今度下高井戸商店街に行ってみようかな。

さて、昨日のラグビー大学対抗戦は慶應に見事にやられましたネ。明治有利とは思っていましたが、バルクキャリアーさまがコメント欄で述べた「明治には善戦する」が気になっておりました。この一戦にかける慶應の「気迫、準備」など負けて学べる試合だったと思います。この敗戦を次に生かして強くなると期待しますが学生戦らしい良い試合でした。

本日はいよいよ飛鳥Ⅱオープニングクルーズ乗船ですね。たとえ諸々の制約があっても今この時期に飛鳥Ⅱが顧客を乗せ横浜港大さん橋から大海原に向かって出航すること自体に値打ちがあると思います。いってらっしゃいませ、Bon voyage!

M・Yさま

赤堤におられたのですか。実は西武線・東上線のプチ旅に味をしめて、先日東急世田谷線に久しぶりに乗車してみました。下高井戸の駅は随分きれいになりました。ただ赤堤(松原)のあたりや下高井戸商店街はあまり変わっていなかったように思いました。

ラグビーは慶應が勝って驚いています。ただ明治大學とは善戦しても、対早稲田になると最後にバックスに縦横に走られてあっけなく敗戦というのが脳裏に残る早慶ラグビーのパターン。明治にはこの後早稲田、帝京などを破ってほしいです。

飛鳥Ⅱはどう変わったか楽しんできます。M・Yさんは今日は勤務でしょうか。ご活躍をお祈りします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛鳥Ⅱ2021年オセアニアグランドクルーズ中止 と 2022年オセアニアグランドクルーズ発表 | トップページ | 飛鳥Ⅱ30周年オープニングクルーズに乗船して(感染症予防編) »

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ