« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月29日 (木)

飛鳥Ⅱ2021年オセアニアグランドクルーズ中止 と 2022年オセアニアグランドクルーズ発表

20201029
11月2日横浜発の「飛鳥Ⅱ 30周年オープニングクルーズ 4日間」に乗船する為の、唾液を使ったPCR検査も無事パスしたことが分かった。ネットで検査会社のサイトへ行き、唾液採取時に入力したIDや暗証番号で紐付けられた個人結果と照合すると、夫婦二人とも「低リスク」との表示が出てきてまずは一安心である。ということでやっとクルーズ乗船の気分になってきたところに、旅行代理店と郵船クルーズからまた手紙が届いた。開封してみると「2021年オセアニアグランドクルーズ中止ならびに2022年オセアニアグランドクルーズ発表のお知らせ」とある。飛鳥Ⅱは2021年1月末から豪州・ニュージーランド・バヌアツなど南半球を巡るオセアニアグランドクルーズを41日かけて行う予定だったが、郵船クルーズの社長名で書かれた表題の文字を見てやはり延期かとため息が出る。


実は今年行われるはずだったワールドクルーズ乗船後に多分やってくるであろう喪失感に堪えられそうもないとかねてから訴えていた妻は、来春2021年早々に行われるオセアニアグランドクルーズも独断専行申し込んでいた。このオセアニアクルーズはアスカクラブ会員向けにバルコニー付きキャビンが大幅な割引価格で販売されるというという特典もあり、それに釣られた面もあったようだ。「まあキャンセルならいつでもできるのだから取り合えず申し込みましょう」という妻の常套文句に乗せられて、あえて反対はしなかったが、一方でこの大幅割引の適用を受けるには一般の支払い期限より半年以上も前にクルーズ代金を全額振り込まねばならなかった。郵船クルーズとしては予約を早く埋めたいという思惑と、早期の運賃受領が資金繰りの一助になるという目論見もあったのだろう。


そこに今春降って湧いたような武漢ウィルス騒動でクルーズどころではなくなった。まず2020年春のワールドクルーズが中止となり、これに乗船予定の乗客は、差額分を払えばすでに発表されている2021年のワールドクルーズに優先的に乗船できると発表された。そして今回は来年年頭のオセアニアクルーズの中止とともに、同じ行程のクルーズを一年後の2022年初めに行う(すなわち1年延期する)ので、2021年度の乗船予定客のうち希望者はそのまま翌年に振り替えるとの発表である。ただし2021年のオセアニアクルーズは全船700名募集だったが、2022年は感染予防のためバルコニー付き客室以上のみの400名分を販売するため、バルコニーなしのKとEキャビン予約客は相当の差額支払いを余儀なくされる。

 

それにしても代金を払い込んだクルーズが次々と中止になっても、返金を選択する他に翌年のクルーズに充てれば優先的にキャビンを融通するという商売もなかなか憎いやり方である。この点ではピースボートがキャンセルされたクルーズの返戻金を、この後の世界一周クルーズに目を見張るようなインセンティブ(2回目はタダなど)をつけてそちらに誘導し、なんとか返金しない商売をしているのが注目されている。「なんだか飛鳥もピースボート商法っぽくなってきたね」と妻と冗談を言っているが、親会社が三菱グループの発祥会社で世界に冠たる海運会社、かつてなら東証特定銘柄だった信用力抜群の飛鳥Ⅱだから大金を預けていても心配不要と云うべきだろう。

 

2020年10月27日 (火)

半日鉄道プチ旅行

202010272000

買ってきた「鉄道ジャーナル」の最新号を読んだいたら無性に電車に乗りたくなった。考えてみれば最近乗るのはもっぱら暗闇の地下鉄ばかりだ。テレワークの日々だが窓から外を見れば絶好の外出日和、さして急な仕事もない日に、一日中家のパソコンの前に座ってなぞいられない。思いたったが吉日で、午前中にお隣埼玉県の川越まで行きは西武鉄道で、帰りは東武鉄道で往復し、電車に乗るのを楽しむことにした。仕事は午後ゆっくりやればよいと割り切り、まずは高田馬場まで東京メトロの地下鉄で行き、西武新宿線にそこから乗るのだ。西武新宿線は大手私鉄の幹線としては、いまどき珍しく地下鉄との相互乗り入れがなく、沿線の景色が「昭和」を思いおこさえてくれるのが旅心を刺激する。


朝のラッシュも過ぎたころ、高田馬場から乗った下り川越行き急行電車は予想通りガラガラの車内で、例によって運転席直後の「かぶりつき」に陣取った。乗車した2000系2084は、マスコンとブレーキハンドルが別々の運転台で、いまふうなVVVF制御でない「在来」車。武蔵野を走る無骨な鉄道らしい普通鋼に黄色の車体で、いかにも「西武鉄道」の電車という外観が良い。高田馬場駅を出て10分少々、都内23区を出るあたりから、周囲に緑や畑も見え早くも郊外に来たことが実感できる。前を見ていると、あちこちで路盤や線路脇の改良工事をしており作業員が振る安全確認の小旗が目立つが、「ローカル感が漂う」などと揶揄される新宿線も、見えぬところでさまざま改良工事を行っているようだ。こうして運転士の後ろで信号確認やら速度制限、力行・惰行票などの喚呼を心の中でしていると、なにやら自分が運転士になった気になってくる。


川越まで一時間弱の西武の旅を終え、次は折り返し東武東上線で池袋に戻る旅である。乗り換えのため西武新宿線の終点・本川越駅から東武東上線の川越市駅までは歩くが、そこは徒歩10分もかからない距離で、何ということもないごく普通の地方都市の道だ。用もないのにわざわざ川越まで来たのだから、土産の一つも探そうかと思っているうちに、何の収穫もないままに東上線の駅前に着いてしまった。帰路久しぶりに乗った東武東上線は、私の知っていたかつての東上線とは別の鉄道かと思える変貌ぶりだ。昔は東上線と云えば、主要駅に東武労組の旗がはためき、昼間から運転席後ろのブラインドは閉められ、運転士は発車待ちまで漫画を読んでいたものだった。時代は変わり今や赤旗など見られず、職員も制服をきちんと着こなして規律ある仕事ぶりに見える。


乗り込んだ「かぶりつき」は30000系31606でこちらの運転台はワンハンドル、ATC制御で車両情報がすべて運転席前のモニターに表示される形式である。そのために前方の信号表示を確認すると云う「かぶりつき」のお楽しみは半減するが、デジタル表示の速度計やブレーキ制御針の動きは見ていると面白い。この東上線は昔は都内を出ると田や畑ばかりの田園風景だったが、線路の周辺一帯はすっかり住宅地に変わり、今や志木から和光市までは地下鉄有楽町との複々線となっている。和光市駅で東京メトロ有楽町線に乗り入れる東急5000系を見ると、一瞬「ここはどこだっけ?」と混乱する。かつては和光市は大和町と云って、工場に一面畑だったのが変われば変わるものである。こうしていろいろ驚いているうちに終点・池袋に到着して、あっという間に半日のプチ鉄道の旅は終わってしまったが、思い立った日に用もなく電車に飛び乗り数時間、沿線の景色や変貌を楽しむのもよき気分転換だと思った。次は都電荒川線か東急世田谷線に乗ってみようかと計画しながら午後の仕事でパソコンに向かっている。

2020102730000

2020年10月24日 (土)

飛鳥Ⅱ30周年オープニングクルーズ乗船・乗船前のPCR検査

20201024pcr
届いたPCR唾液検査キット

飛鳥Ⅱの運航が再開されるので、そのオープニングクルーズに乗船することにした。11月2日(月)から文化の日を挟んで3泊4日で清水に寄港するクルーズである。中共があのいまいましい武漢ウイルスを発生・拡散させなければ、今頃は本船の2020年ワールドクルーズの余韻に浸っていたところだろうが、まずは10か月ぶりのクルーズ再開、そして改装後初の営業航海を祝しての乗船となる。今春おきたダイヤモンド・プリンセス号での集団感染事件からクルーズ船は大丈夫か、との心配の声もあろうが、飛鳥Ⅱは先に報道陣や関係者を乗せて横浜から神戸まで試験航海をしており、運航再開にあたっては万全のウイルス対策が施されるという。


ということで、まずは乗船客には出発一週間前に唾液を使ったPCR検査キットを提出することが要求された。さきほどそのキットが届いたのだが、唾液摂取の前一時間は喫煙・飲食禁止の上、手を洗っておごそかに唾液を容器に入れろとキットの指示書にある。健康診断の際の検便のように検体を容器に入れてハイおしまい、ではない上、採取ばかりかキットの発送にも面倒な手続きが多い。特に検査会社への登録や結果の通知はスマホかパソコンからの入力が必須となっているので、高齢者が多い飛鳥Ⅱの乗船客が簡単にできるのだろうか。今頃は検査会社に問い合わせの電話が殺到していると思われる。


この検査をパスしても、クルーズ前日より遡って14日間に発熱など身体の異常があったり、海外の渡航歴のある人は乗船できない事になっている。やっと乗船しても船内ではマスク着用はもちろんのこと、5デッキのピアノバーやツアーデスクのほか、6デッキにあるクラブスターズ(カラオケバー)やカードルーム、麻雀サロン、さらに大浴場にあるサウナが閉鎖されると乗船案内にある。またセイルアウェイパーテイーやダンスタイムなどもなく、食事のテーブルは1テーブル三人までの指定席制、それも無粋なアクリル・パ-ティションで仕切られているようで何とも違和感ただよう雰囲気になりそうだ。しかし集団感染が起きれば日本の客船ビジネスは致命的なダメージを受けるだろうから、ここで乗客が協力するのはやむを得ないところだ。


キャビンも当分の間は、バルコニ―付きまたはスイートと高い部屋のみの販売で、利用するDバルコニーは代金が3泊で258,000円/人とあって、海外の小型ラグジュアリー船並みである。ただしGO TOトラベルキャンペーンの補助に日本郵船の株主優待、旅行会社のリピーター割引などを使った上、一人18000円の地域共通クーポンはフォトショップや船内売店などで活用できるため費用的にはかなり助かりそうだ。また夕方7時以降は今回はフリードリンクなので、改装された露天風呂を楽しんだ後はゆっくりと無料のビールを飲み、あまりあくせくせずに久しぶりの船上生活をゆったり楽しもうと思っている。こんな状況下のクルーズも、将来思い出に残って良いかもしれない。

2020年10月16日 (金)

「リベラルの敵はリベラルにあり」 ちくま新書

20201016

いま話題になっている日本学術会議の会員推薦問題でも水田議員の「女性はいくらでも嘘をつく」発言にしても、ネットニュースの意見欄を読むと、そこには政府や水田氏を擁護する反リベラル派の声で満ちあふれている。20年ほど前であったら菅首相はけしからん、水田発言は問題だと彼らは大いに叩かれたのであろうが、世の中の風潮がたしかに最近は右寄り(私にすればこれがごく常識的な考え方なのだが)になっていることが実感できる。それにしてもなぜリベラルはこれほど退潮してしまったのだろうか。今までもなぜリベラルはアホなのかという類の本を幾冊も読み都度ブログにアップしてきたが、本屋の店頭で新刊「リベラルの敵はリベラルにあり」をパラパラとめくると気鋭の学者が自分の言葉で真摯に筆を執った本であることがわかり、これならと購読してみた。


著者・倉持麟太郎氏は1983年生まれと云うからまだ37歳で、慶應の法学部を出た憲法学者らしい。憲法学者などと聞くと大体がサヨクかと思うとおり、彼は2015年の安保法制の際には日弁連から論点整理の指名を受け、衆議院公聴会で意見陳述もしたというから、やはり政府に反対の立場だったのだろう。本書でも著者はリベラルだと自認しており、今のリベラル低迷気運が彼らの側から見ればどう解釈されるのかは興味深い。この本では、まずリベラルとは自立した合理的で強い個人であるという前提で議論が始まるが、本当は人間はそんなに強いものでない、という事で著者の論義は発展する。こうして本書では社会的に「弱い」と自覚する層(例えばLGBTたち)の承認欲求が、政局のなかでリベラル派の基盤になりすぎたために、ごくふつうの日本人の支持基盤を失ったことが彼らの退潮の要因であると倉持氏は指摘する。なかんずくネットの発展が社会を分断したという通説は間違いだとする説明がなかなか説得力を持っている。


憲法改正については「左派リベラルの市民運動は・・・どんどん蛸壺禍し」「ごく一部の『過剰代表』が過度に言論空間をシェア」した結果「憲法自体が政局の道具として利用され、その中身の議論がされないことだけでなく、そのことによって憲法論議が政治的分断を助長」し「この国の政治への無関心やニヒリズムを助長」したと憲法学者である著者は指摘する。この点は私も常々リベラル派が低調である大きな原因だと考えていたので「なんだ本当は彼らの側にもわかっている人間もいるのだ、皆がバカではないのだ」と読中に少し安堵感を覚えたものだ。リベラル派にとって要点は分かっているのに政治の現実がそうならないのは、護憲やLGBT、反原発など彼らのお得意様である特定層の票があまりにほしいばかりに、これらの過剰代表の声に負けて議論を封殺したのだと本書は説く。


リベラルが想定する人間とは、もともとは合理的で強い個人であるはずだったが、そうでない層や一部の先鋭的な意見を取り込み、そこに拘泥して彼らにもっぱらサービスするあまり、一般の人々からそっぽを向かれたのが今のリベラルの停滞に繋がったというのが倉持氏の論旨のようだ。まさに「リベラルの敵はリベラルにあり」である。ただ本書は全体を通じて文章が生硬でこなれていないし、一つのセンテンスに多くを盛り込みすぎてるのは、筆者初の単著であるという気合の表れであろうか。やけに難しい表現が続くかと思うと、いきなり若者言葉が出現、はたまたクラシック音楽やオペラの例が出てきたりして論点が希薄になっている感じがした。また引用文献が憲法学者のものが多いのも物足らないところだ。それでも内容は濃く筆者自身の言葉で本を紡ぎ、意気込みを感じさせる力作であった。リベラル派といえども今後を期待したい学者だと思った。

2020年10月12日 (月)

GoToトラベルキャンペーン・みなと荘

20201011

台風の接近が危ぶまれた中、週末は箱根・大平台にある東京都港区の保養所、みなと荘に行ってきた。港区在住の親族がおり彼らと共に旅行したのだが、箱根はすっかり人出も戻り、渋滞の名所、湯本駅前も以前のような混み具合になっていた。港区の保養所はバブルの時代に計画されたのか、区営の施設とは思えぬ優雅な施設で人気があり週末はなかなか予約が取れない。かつては箱根の名門ホテルである富士屋ホテルのオペレーションだったと云うが、今は富士急系の会社が管理・運営をしているとのこと。一泊一人当たり12,000円の宿泊費が、GoToトラベルキャンペーンのおかげで8,000円ほどとお得感があり、台風余波の小雨を顔に感じつつ緑の中の露天風呂にどっぷりと浸かり箱根の初秋を楽しむことができた。


もっともダイニングルームは同室者で囲むテーブルの真ん中に、透明なアクリル版の仕切りが立ちふさがり、目の前の人の飛沫が飛んでこないようになっておりびっくりである。いくら食事の時に囲っても部屋に返ればおしゃべりをして、隣で寝るのだからこんな遮蔽版はまったく意味不明といえる。こうして日本中が「感染防止ごっこ」をして「我々はコロナ・コンシャス」ですとアピールしているのかと、改めて過剰なコロナ脳の蔓延を感じてしまう。もしこれが武漢ウイルスではなく外国からの軍事的脅威が迫ってきたとしたら、その時も無責任なメディアに煽られ、直ちに「一億総玉砕」「撃ちてし止まん」などと皆が同じ方向に向かって過剰反応をするのか。日本人のまじめな体質、言われずとも皆が同じ行動をとる姿勢は大東亜戦争時とさして変わっていないのだろうか。


さて、みなと荘の宿泊費は普段の70%で済んだうえに、一人2000円のGoTo地域共通クーポンを貰って精算。この値段なら毎週行きたいと思うほどで、国の財政赤字をどうするのかという点を除けば、経営が苦しい観光業者のためのこの政府の施策を大いに活用したい。ただしクーポンでは問題点が一つ。宿でのアルコール代精算には使えたのは良かったものの、帰りの東名高速道路の海老名SAでは使える店が限られており、我々が買った土産物にはこれが使えなかった。旅の中で費消させるためだろうが、クーポンの有効期限はその日限りという設定なので、少なくとも高速道路や駅、空港の売店・レストランではくまなくクーポンが使えるようにして欲しいところだ。

20201012

2020年10月 6日 (火)

トランプ大統領退院と期待できる菅政権

武漢ウイルスに罹患して入院していたトランプ大統領が退院した。これまでの報道によると大統領の症状は軽微とするものから、重篤な状態になることが予想されるというものまであって一体どれが本当なのかわからなかった。正確にすべて聞きとれたわけではないが、トランプ氏の病院内からの放送を見る限りは、彼は入院中でも意気軒高に見え、「症状はIMPROVEしており、FEW DAYSのテスト(検査・分析)期間があるのでNEXT COUPLE OF DAYS に何がおこるか見てみよう」との趣旨でメッセージを発していた。彼のコメントのどこにも、2~3日うちにはSERIOUSやCRITICALなCONDITIONになるとするニュアンスはなく、「よくなっているけど、数日はまあ様子見だね」と云う所感を発していると私には聞こえた。しかしなぜか日米の報道には、数日のうちに大統領が職務をまっとうできない危険な状態になることも危惧されるという解説もあって、これらニュースは悪い方を予想(期待??)しすぎでは、と首をひねっていたところだが、それらに反してトランプ氏は即退院できてご同慶の至りである。


政治家としてブレが大きく側近をコロコロと首にしたり、物事の基本的知識が欠如したりといろいろ問題が指摘されるにせよ、対中国問題に関して言えば、極めて直截に喧嘩をしかけ争点をはっきりさせるトランプ流政治が私は好きだ。なによりくだらないポリティカル・コレクトネスにほとんど捕われず、正しいと信ずる道を突き進む姿勢に好感がもてる。中国の色に染まっているとされるWHOからの離脱には思わず拍手を送ってしまったし、韓国の文大統領とは話もせず在韓米軍の撤退が現実味を帯びるのもトランプ氏の強硬姿勢ゆえである。こういうやり方に対してリベラル系メディアのニューヨーク・タイムズやCNNは反トランプで固まり、日本でも多くの報道機関がトランプ流政治に批判的だが、彼らの期待に反した短期退院によって、11月の大統領選挙ではトランプ氏はバイデン候補に対し有利な展開に持ち込めるのでなかろうか。


翻ってわが国では、トランプ氏の盟友である安倍首相がやめてしまったが、引き継いだ菅政権は安倍路線を踏襲すると言っているのでまずは一安心。菅政権になってさっそく安倍さんより強硬かつ率直で好感がもてると喜ばしいのが、日本学術会議の会員候補だったサヨク学者6人の任命が見送られた問題だ。国会で共謀罪が審議された際に「仲間うちで政府の批判したら逮捕される」、安全保障関連法案の時には「日本に戦火が近づく」「徴兵制が復活する」などとおよそ現実にはありえない恐れを煽った人たちがいたが、6人はこういう輩に連なる学者らしい。日本学術会議には10億円の予算がついているとのことで、こんな人たちに我々の税金をつかわれるのはまっぴら御免蒙りたいものだ。「学問の自由が脅かされる」などと珍妙な主張をする評論家もいてのけぞるが、政府の後ろ盾で特別公務員になる日本学術会議に入る事が「学問の自由」と何の関係があるのだろうか。6人とも嫌いな政府の世話などならず、それぞれの大学なり研究機関で大いに「自由」に研究・発表をし、学会誌や自分の本などで大いに「自由」に意見を出して「学問の自由」を享受すればよいだけの事だ。今回の件は「学問の自由」などおよそ関係ない話である。なかなかやるじゃないか、菅新首相。

加藤陽子著 それでも日本人は「戦争」を選んだ(2009年12月14日のブログ) 拒否された6人のうちの一人の著書。この当時はそれほど偏向していなかったようだが…。
20201006

2020年10月 4日 (日)

早稲田大学・早川君の好投

キンモクセイの匂いが漂う季節になった。昨日はこの時期の恒例行事、東京六大学野球秋季リーグ戦観戦に神宮球場へ行ってきた。第一試合の早稲田 対 法政戦は早稲田の早川君、第二試合の慶應 対 立教戦では慶應の木澤君とプロ野球ドラフト会議で上位指名が予想される両投手の登板が楽しみである。六大学野球の今季リーグはウイルス対策で上限5000人の入場制限となっているが、この日は好カードとあって入場するとどう見てもそれ以上の観客で賑わっている(もっとも公式発表は2試合とも観客5000人)。場内ではもし感染した場合の連絡体制のために、スマホでQRコードを読み自席をカメラで撮影してくださいなどとアナウンスが呼びかけているものの、スタンドの周囲にはそんな事をする人はまず見られない。なにしろ高齢者の多い六大学野球の観戦者には、スマホでなくガラケーの人も目立つから求めること自体が無理というものではなかろうか。


さて第一試合のマウンド、注目の早稲田・早川君(4年・木更津総合)はもともと球が速くて良いピッチャーだったが、4年生秋になるまでは9勝12敗と大事なところで勝ち切れていなかった。ところがこの日は速球に加え球が思ったところへコントロールされて四球はゼロ、精度の高いピッチングで法政打線を4安打におさえ13三振を奪う圧巻のピッチングだった。スタンドで見ていても彼の投球が強打の法政打線に連打を浴び打ち崩される気配は微塵も感じられなかった。早川君は最後のシーズンを迎えてなにか一皮むけたようで、これでネット裏に詰めかけた言われるプロ野球スカウトの評価も一段と上がったことだろう。背番号10のキャプテンでグランドの仕草一つ一つもナインを引っ張っていることが分かる好漢とあって、来年はプロに進んでから活躍して欲しい選手だ。


それに対して第二試合の慶應の木澤君(4年・慶應)の方は、どうも制球がままならない。速球が高めに浮いたり変化球がワンバウンドしたりと球を受けるキャッチャーの福井の動きが忙しい。自慢の速球も150キロを超える球は少なく、ほとんどが140キロ中盤から後半である。せっかく2ストライクをとっても、球にキレがないのか立教打線にファールで粘られカウントを悪くし、最後は置きにいった球を打たれるという感じであった。幸い慶應打線が爆発してこの日は余裕で投げることができたが、木澤君のピッチャーとしての完成度はこれからと思われた。この日のピッチングでプロの評価はどうなったであろうか。こうして馴染みの場所でひがな一日、どの学校の選手でも孫のような若者の溌剌としたプレーをゆっくりと眺めていると、なぜか心が軽くなった気がしてさわやかに帰宅したのである。

マウンド上の早川君
20201004

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ