« 緊急事態全面解除おめでとう | トップページ | トランプ大統領の発言 »

2020年5月30日 (土)

ブルーインパルスの都心飛行

20200530-blue-inpuls

春の終わりから梅雨に入るまでの気持ちの良い季節になった。アメリカではこんな日をゴージャス・デイと言っていた。昨日の昼は都心に広がるゴージャスな青空を背に、航空自衛隊の飛行隊「ブルーインパルス」が上空で華麗な編隊飛行を披露してくれた。これは武漢ウイルスの治療にあたる医療従事者に感謝と敬意を表するための企画で、入間基地をスタートに都立駒込病院(文京区)、都立墨東病院(墨田区)、荏原病院(大田区)、自衛隊中央病院(世田谷区)、国立国際医療センター(新宿区)の上空などを高度800~1400米で2周する飛行である。


テレワークの日々のなか、昨日はたまたま週に一度の出社日で、昼は浜松町のオフィスにいた。まだまだ人の少ない町とはいえ、昼食をすませ東京タワーにほど近い芝公園に向かうと、すでに多くの人が空をにらんでカメラの準備をしている。ここはちょうど飛行コースの真下にあたるので、サラリーマンや家族連れに混じってテレビ局のカメラも見える。皆が青空を見上げつついまや遅しと待ち構えるなか、午後1時前に北の空から6機のジェット機が白煙を吐きながら上空をぐんぐん近づいてきた。編隊の傍らを飛ぶ1機は煙も出さずに随行しているが、これはフライトの模様を撮影でもする役目なのだろうか。


 真上を通過するブルーインパルスの編隊は、あっという間に南の空に消えてしまうも、お楽しみはもう一度ということで10分ほど、2周めは先ほどとは違う陣形で6つの飛行機雲が青い空を引き裂いて飛行していった。ブルー・インパルスといえば2年前の入間航空祭で見た曲芸飛行に感心したのだが、こうした都心の上空での編隊飛行も感動的である。感染症の総本山のような中国で発生したウイルスによって、東京はじめ首都圏では医療に当たる病院関係者は不眠不休の勤務を余儀なくされている。医療従事者に心ない言葉を投げかけたり、その家族にいじめをするチンピラもいるそうだが、そういう民度のきわめて低い人を吹き飛ばすような高い空からの応援飛行を見て清々しく職場に戻った。ありがとうブルーインパルス。ありがとう自衛隊。

20200529_bimpus2

妻の撮影した動画

« 緊急事態全面解除おめでとう | トップページ | トランプ大統領の発言 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊急事態全面解除おめでとう | トップページ | トランプ大統領の発言 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ