« ハナミズキの季節 | トップページ | ジョギングにマスクがいるのか? »

2020年4月27日 (月)

気候の良いこんな時には無寄港ドライブがお勧め

20200427bmw335

武漢ウイルス感染防止で「みなStay Homeして」などと画面からアナウンサーが連呼すると、大東亜戦争時の「欲しがりません。勝つまでは」という標語を連想してしまうこのごろである。大政翼賛会みたいな人たちもいて「ジョギングは良いですよ」と云うのに「マスクをせずにジョギングするランナーがいるのは怪しからん」などと文句を言っているそうだが、そういう人達には一度マスクをして走って欲しいものだ。マスクをしていると実際息がすぐ上がって苦しくなり、とても気持ちよく走れるものではないということはちょっと試してみたらわかる。皇居の周りを走るランナーも、律儀にマスクをする人が増えたが、途中でかなり多くが息苦しさでマスクを顎までおろして呼吸をしている。とくに都心を走る多くの西欧人ランナーは大半がマスクなどはしていない。風紀委員長のようにエキセントリックに批難する人達には、ジョギングとマスクは両立しないと云う当たり前のことを知っていてほしいものだ。もっとも妻は人目を気にして政府支給のマスクをかけて走ってはいるのだが、なんともご苦労なことだ。まあ過剰に神経質に叫ぶ人の声に捕らわれず、盛り場や密な宴会・集会は避け、手洗いとうがいをするなど当たり前の事をして、あとはこんな時にしかできないことを見つけて楽しく暮らすのが一番の過ごし方だと言えよう。


という事で、晴れた日曜はカブリオレの愛車の屋根をフル・オープンにして妻と郊外にドライブに出かけた。人と触れ合いさえなくせば、どこに出かけようと自由だから、横浜郊外にある評判のパン屋で買い物をし、ついでに多摩丘陵で初夏の陽を浴びて運転するのである。「不要不急」の外出かと問われれば、パンはどうせ都内にいても買う必要があるし、パン屋の店員以外は誰とも接触しないのだから、大手をふっての県外移動である。とはいうもののクルマの電動開閉式の屋根は暫く前から調子が悪く、開閉の際にギクシャクと途中で動きが止まってしまう事があり、その度に開閉スイッチのオン・オフを繰り返したり、屋根を手で押し引きして機械をなだめたりと金属製ハードトップの開閉に苦労していた。ええ格好してオープンカーに乗っているうち雨が降り出し、もし屋根が閉まらなければ、周囲の嘲笑の的とあって、何度かディーラーにチェックを頼んでも「どこも悪くないですね」とつれない回答ばかり。しかし3月にはとうとう屋根が開いたままピクリとも動かなくなってしまったので、ついに大枚はたいて開閉用の油圧モーターをドイツから取り寄せ交換したばかりだ。クルマを買う時には「屋根の開閉装置はまず故障しないですね」とセールスマンは大言壮語していたが、今回修理メカニックに聞くと「やはり10年過ぎたコンバーティブルには時々この故障があります」とのことである。同じ会社でも売る人と修理する人では云う事が違う。まあわが家の車は2008年製だから外車はこんなものだろうと気を取り直し、せいぜい修理代のモトを取るべく屋根はなるべく開けてマスク装着のドライブである。


初夏の多摩丘陵はワインディングロードあり、ところどころに坂道ありで畑や林の緑の中を、直列6気筒ツインターボでドライブするのは気持ちよい。この車でドライブするときのコンセプトは”初老の夫婦二人が、ちょっと前の形式の高性能オープンカーで、ゆっくりと野山を巡る”だから、外気を楽しみながら無理にスピードは上げずカントリーロードにクルマを進める。このところ路上で目につくのが「わ」ナンバーのレンタカーというのは、クルマ離れの若者が武漢ウイルスのために、外出する際は公共輸送でなくクルマを借り他人との接触を減らしている現象なのだろう。とにかく屋根を開けて走ると、風のにおいや道行く人の会話、周囲の雰囲気やクルマの動向がわかり、一度オープンエア・ドライブを経験すると忘れられなくなる、と云われるのが実感できる。それにしても道行くクルマの少なさは、まるで元旦の夜のようで、都内~東京近郊でもこんなストレスフリーなドライブができるのはやはり嬉しい。カントリードライブの帰り道は国道246号線の川崎市・津田山陸橋(溝の口)から、都内渋谷の宮益坂上までの11キロ間で赤信号に一回もかからない奇跡のような状況だ。こんなにスムースにドライブできるのも「Stay Home」のおかげだろうが、やはりいつまでもスカスカの道路では寂しいという気持ちも湧いてくる。それにしてもガソリンは安い上、渋滞無し、他人との接触もないし、経済に少しでも貢献できるから、こんな時にはせいぜい皆でドライブを楽しもう。次はナントカ族のように首都高都心環状線をぐるぐる廻ってみようか。

 

« ハナミズキの季節 | トップページ | ジョギングにマスクがいるのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
外車のオープンカーで気持ちよくドライブする様子に爽やかさを感じると共に、
世相を斬る文書に我が意を得ました。
このご時世、昼の都心環状線を控えめにルーレットして大黒PAにて一休みしますが、
このかっこいいカブリオレから初老のご夫婦が颯爽と降り立ったら絵になりますね。
旅を愛する者の一人として武漢ウイルスの収束を祈ります。

MYさま

コメントありがとうございます。
今日アップした「ジョギングにマスクがいるか?」に書いた通り、今の状況はメディアが恐怖を煽りすぎだと思っています。前向きで明るいトピックがもっと報道されるとよいですね。

それはさておき恰好良い老人と云われるように、できる範囲できちんとしていたいと考えております。
時々コメントをお寄せ下さいますようお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハナミズキの季節 | トップページ | ジョギングにマスクがいるのか? »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ