« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月30日 (木)

「草花たちの静かな誓い」宮本輝

20200130

数年前に新刊で出版された宮本輝の「草花たちの静かな誓い」が、集英社から文庫本となって出たので早速読んでみた。私には2年前の「田園発 港行自転車」(2018年2月2日ブログ)以来の宮本輝である。物語は主人公である日本の青年が、アメリカに住む亡き叔母の莫大な遺産を整理するなかで、死んだことになっていた叔母の一人娘、すなわち彼のいとこに関する秘められた謎を解いていく筋書である。今回は珍しくカリフォルニアが舞台となり、かつ推理小説仕立てとなっているのが特徴だ。なぜアメリカなのかは、物語がすすんでいく中で解き明かされ、題名の「草花たち」も作中で違和感なく役割が与えられて宮本輝らしい嫌みのない小説になっている。謎解きといっても「息も継がせぬ場面の連続」ではなく、いつもながら「時間の流れ」を大切にした筋書で、いかにもと思わせるストーリーだ。


それにしてもこの小説の舞台設定とアメリカ生活に関する記述は、我々が彼の地を訪れた際に「なるほど!」「そうだよね!」と感ずるようなことが網羅されていて話の展開に厚みを加えている。叔母の家がロサンジェルスの高級住宅地パロス・ベルデスであるならば、作中に登場する弁護士や日系のガーデナー、プエルトリコ人の家政婦、旧ソ連系の探偵などがいかにも多く存在していそうだし、そういう彼らの会話から移民の国「アメリカ」の実態が垣間見えるように巧みに書かれている。アメリカで久しぶりに運転する際の右側通行に慣れるまでの緊張感や、このブログでも書いたように「日本人はコストコと呼ぶが、アメリカ人のほとんどはコスコと発音するのだ」などの記述も読んでいてニヤっとさせられる。プロットをつくるにあたり、作者は現地を訪れ人々の生活を注意深く観察したことがうかがえる。


謎解きの中で明かされるのは、幸せの絶頂から突如として不条理の世界へ陥ったが、強い「愛」の力で運命に抗おうとする叔母の生きざまと、それを支える人たちの勇気である。人間の業(ごう)の深さと、それに対する愛の強さをモチーフにするいつもの宮本輝ワールドが、ここでまた披露される。もっとも純粋なミステリーではないから、読者は小説半ばで筋の展開がだいたい読めるのだが、南カリフォルニアの情景や美しい植物、それに善意に満ちた周囲の人間模様が、凛とした生きた亡き叔母の行動を浮き立たせ最後まで読者を飽きさせることはない。物語の最後はプー太郎だった主人公が叔母の遺産をもとにアメリカで本気で事業を起こすという設定で、これも世代間の贈り物が若者の再生や希望に繋がるという作者の意図を示唆しているようで清々しい読後だった。

 

2020年1月25日 (土)

シニアの鉄道趣味

20200123

最近、鉄道への興味が復活してきた。子供の頃あれだけ好きだった鉄道である。当時、入場券で東京駅の14番線・15番線に通って東海道本線を下る優等列車の入線に心をときめかせ、自転車で遠征しては小田急線や品鶴線の列車の写真を撮ったものだった。家ではHOゲージの線路を広げ、その頃2冊しかなかった月刊誌「鉄道ファン」か「鉄道ピクトリアル」のどちらかを小遣いをためては買っていた。長ずるに連れ鉄道への興味も失せ、いつしか移動手段としてしか捉えられなくなっていたが、最近ゆっくりできる時間が増えたのか、はたまた人生の退行期なのか鉄道雑誌をまた買うようになった。

 

雑誌をパラパラとめくりつつ、なぜ多くの人たち、最近は女性も、鉄道の趣味に魅了されるのか考えてみた。ということで例えば老舗の鉄道本「鉄道ジャーナル」3月号を読むと、その3割ほどが特集「列車の旅を愉しむ」で、九州の豪華列車「ななつ星」などの乗車記のほか、海外の鉄道紹介記事もあり、主に「乗り鉄」を満足させてくれる内容だ。同誌はつづいて近鉄の新特急「ひのとり」やJR東の新型「サフィール踊り子」さらに小田急の一般車両動向など、この趣味のテッパン、新旧の車両披露のページが多い。さらに「歴史の街並みを歩く」という地誌もの、「木造駅舎の証言」や「橋梁エポック」と云った建造物関係の記事、「撮り鉄」のためのカメラ講座、他にバリアーフリーと云った社会的記事なども掲載されていて、昨今の鉄道趣味誌の内容が盛り沢山なのがわかる。

 

こうしてみると鉄道趣味と一口でいっても、乗り鉄・撮り鉄・車両鉄のほか、沿線の歴史や地理地誌への興味、駅・橋・トンネルなど構造物への関心、システムへのアプローチなど幅広いものが含まれることがわかる。理科系としては車両工学・機械工学や電気工学に始まり管理工学にデザインや土木建築工学、文化系でみると歴史・地理のほか鉄道事業体の経営学や鉄道経済学、交通政策、大衆心理学、美術系では写真・動画や絵、文学的にはエッセイや詩、さらに鉄道模型も「鉄道趣味」の一画をなしている。「鉄道趣味」は子供のものだけでなく、社会経験を積んだおとなの知的興味の対象としてきわめて間口が広く、かつ奥深いため多くの人を惹きつけるのだと思われる。となると私の「鉄オタ、アゲイン」も子供の頃とは違った視線や、より広い角度から鉄道にアプローチできる気がしてくる。

 

この点では「鉄道ジャーナル」3月号の「車窓はスマホよりおもしろい」と題された車窓の楽しみ方の記事のなかで、山田亨さんという鉄道研究家のコメントが私にはとても印象深かった。今ではほとんどなくなった夜行列車の夜景の愉しみかたとして、この記事で山田氏は「家々の明りですよ、明りの一つひとつに人々の暮らし、大げさに言えば人生があるんだなと思うと感傷的になりました」と述べている。そう、今ではほとんどなくなった夜行列車の車窓を思いだすにつけ、同じ感慨に浸った当時のわが身を振り返ってみたくなるものだ。子供の頃と違ってこんなコメントに共感できるのも、シニアーの鉄道趣味の喜びの一つなのだろう。

以前のブログ「旅情(2009年6月9日)」

2020年1月23日 (木)

老人は大いに楽しもう

中学・高校時代の同級生やかつての部活の仲間たちと飲む機会がとても増えている。リタイア組が増えてみな時間が出来たためだろう。会うとまずは近況報告でお決まりの持病や年金の話に親の話題となる。父親はすでに亡くなっている者が多いが、アルコールが廻るにつれ、残った高齢の母親や親戚に対する愚痴、相続の争いなどで酒の席が盛り上げる。親がサラリーマン家庭だった友達がほとんどで、大体みな同じような経験をしたり、はたまた今まさに争いの渦中だったりで、他人の例でも共感できることが多い。もう大酒を飲んでくだを巻くような機会もへり、最後は「男性が健康で活躍できる年齢も平均で70数歳らしいから、精々いまのうちに大いに楽しもうぜ」と確認してお開きとなる。


ということで「大いに楽しもう」と妻と始めた社交ダンスもまる三年以上になった。もっとも熱心な人は週に二回も三回もレッスンに通ところ、我々は週に一回の個人レッスンだけで進み具合はまさに牛歩の歩みだ。先生から顔の向きはこちらでスウェイはこちら、内転筋を意識して、などと云われても、なにせこれまでの人生でそんなことを意識したことはないから難しい。何回やっても顔の向きが決まらないときは「この場所でターンするときは床の電気のコンセントをずっと見つめることにします。反対廻りの時は窓の3本目の桟を目標にします」などと言っては先生に苦笑されるありさまだ。もっとも社交ダンスは10年・20年やってやっと本物だというから、老境に入ったわが身としては「本物」になる前に体が動かなくなる気もする。


「大いに楽しもう」の一環では、今年は10数年ぶりにスキーに行こうと計画している。とはいうものの、若い頃は一時かなり熱心に滑ったが、なにしろしばらくスキー場に行っていないので内心ちょっと心配である。スキーは体で覚えているものとも思い直すも、かつて200点以上出した事もあり得意種目だったボウリングを、久しぶりにプレイしたら100点にも満たず大変なショックを受けたばかりである。そういえば、10年程前にこれまた久しぶりに行ったスケートでもうまいつもりで滑り出したら身体が付いて行かず、見事に尻もちをついてしまった「けつ面着陸(2010年1月25日)」。今回はゲレンデに行ったらしばらく初心者用コースで足慣らしをするか、と急に弱気になるこのごろである。

20200123_20200123114401

2020年1月16日 (木)

がんばれ麻生副総理

少しでも上げ足をとられまいと発言に汲々とする政治家が多い中、仕立ての良いスーツをりゅうとして着こなし、くだらないポリティカル・コレクトナスなどにあまり捕らわれず、かなり本音で発言する麻生氏を応援している。勉強不足であげ足とりばかりの新聞記者に対して、小ばかにしたように返答する麻生氏の口調も面白い。その麻生氏が地元・九州の新春国政報告会で、わが国について「2000年の長きにわたり、一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」と発言したことに対して、アイヌの人たちから関連法案を通した政府の方針と違うと批判されたそうだ。また一つの王朝だった、という発言はかつてあった琉球王朝を無視している、沖縄の人々を軽視しているとの声も挙がっていると報道されている。


例によってこの批判は、麻生氏の発言の一部を切り取ったアホなメディアやサヨク系でされているらしいが、なんと馬鹿げた批判だろうか。彼の全発言をネットで読むと、ラグビーのワンチームを例にとり、純血を守って何も進展しないのではなく、インターナショナルになりながらも、きちんと日本は自分の国を大事しようという趣旨であることがわかる。その流れの中で日本の良き伝統がベースにあることを「2000年の長きにわたる一つの民族・王朝」という表現にしており、民族学的な意味や、歴史学的な解釈での発言ではない。日本民族でいえばそのオリジンは北方系、南方系、大陸系の混血だし、王朝にしても出雲王朝があったのでは、という説もあるが、いずれにしてもここは厳密な定義を述べる場でなく、永い間一つにまとまってきた日本は良い国だという文脈の支援者向け発言だ。


枝葉末節をことさら取り上げる的はずれの批判を聞いて、本人は「誤解が生じているならお詫びの上で訂正します」と返したが、これがまた彼一流のもの言いで痛快である。「誤解が生じているなら」という発言は、誤解をする人たちを半ば揶揄しているようで、本音は「ほとんどの人は誤解していないのだからで、本当はお詫びしません」とも受け取れる。「一つの民族・・・・」発言のなされた機会や場所、全体の流れを見れば、わざわざ「曲解」をしてイチャモンをつけるような人がいれば別だが、実は謝るべき事柄でもないよ、と彼は述べたいようだ。その発言や良し。これからも麻生氏は、どうでもよいようなことで叩かれれた時は「・・・・するならば、謝罪します」という表現を大いに使ってほしいものだ。育ちの良さからくる怖いもの知らずの面があるかもしれないが、つまらない事を恐れず大局から発言する彼のような気骨のある政治家がもっと増えることを望みたい。

2020年1月12日 (日)

上野国立西洋美術館・ハプスブルグ展

20200112

正月が済むと、すぐにまた成人の日の三連休となる。この連休は昨年 飛鳥Ⅱの「秋の休日ウイーンスタイルクルーズ」乗船で貰った入場券で、上野の国立西洋美術館に「ハプスブルグ展」を見に行った。ハプスブルグ家による絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など100点、600年にわたる帝国コレクションの歴史である。などと云っても西洋史などはまったくの門外漢で、そもそもハプスブルグ家とは何ぞや?というレベルだ。その上、西洋の美術品はギリシャ神話かキリスト教に関連しているものが多く、そのどちらにも関心のない私には遠い世界の展示に思える。ということで妻に一緒に行こうと誘われた時にはやや躊躇したが、老境を迎えるにあたり少しは西洋美術に触れてみるのも良いか、と考え直しての美術鑑賞となった。少しは教養のあるジジイになりたい一心だ。


展示品は同家の肖像画が多く 「 まあそんなものか 」 という感じだったが、なにせ基礎知識のない私には各作品の傍らに置かれた説明板と家系の関係がピンとこない。仕方ないので帰宅して調べてみると、ハプスブルグ家はもともとスイス北東部から発した貴族で、のち神聖ローマ帝国の皇帝に選出されて以来、巧みな外交と各地の貴族との政略結婚や一族の血を守る近親結婚で勢力をのばした王家だとある。最盛期はオーストリアを中心にハンガリー、スペインなどに勢力を伸ばしたそうで、マリーアントワネットもハプスブルグ家の王女なのだと初めて知った。連休という事で多くの人が鑑賞に訪れていたが、私のようにアタマが筋肉でできている入場者も多いことであろう。美術の説明の前にハプスブルグ家とは何か、近世のヨーロッパの地政や時世、宗教や経済との関わりの中で如何に勢力を得たのか説明がもっと欲しいように思った。


それにしてもこの国立西洋美術館にゴッホ展でにぎわう「上野の森美術館」、横にはクラシック音楽の殿堂である東京文化会館もあって久しぶりに上野公園に来ると芸術の薫りが漂っているのを感じる。帰り道にすっかりきれいなった上野駅近くでイタリアンレストランに入り妻とワインを楽しむと、周囲も展覧会や音楽会帰りの人で賑わっていて、他の盛り場とはちょっと雰囲気も違っているようだ。もっとも帰宅のために上野駅に入って見回せば、名物の行き止まりホームとコンコースの風情は「就職列車」の時代そのままだ。ワインのほろ酔い機嫌でおもわず井沢八郎の「♪どこかに故郷の 香りをのせて 入る列車のなつかしさ 上野は俺らの心のエ~キだああ・・・🎵」と口ずさんでいると、先ほどのハプスブルグ展の鑑賞が遠い世界の出来事のように思えてきた。

20200112_20200112140101

2020年1月 4日 (土)

箱根駅伝・記録の変遷から思う

20200104

正月は特に予定もなくのんびりであった。2日と3日は朝だらだらと起き、テレビのスイッチをオンして箱根駅伝を眺めていた。天気も穏やか、新しい高反発シューズの効果もあるのか、今年は区間新記録の連発で青学大が10時間45分台の新記録で優勝した。半世紀ちかく前、たまたま好運に恵まれて私が箱根駅伝を走った頃と較べると、トップの記録が約一時間も早くなっており、かつて参加したスポーツとなにやら別の競技かとさえ思えてくる。それもその筈、アナウンサーの解説では近年10000米の記録が28分台の選手が箱根には多数出場しており、中には27分台で走るランナーもいるそうで、それを聞くと時代が変わったと思わざるを得ない。

ちなみに我が家にあった1974年11月の陸上競技マガジンを取り出して見ると、トラックシーズン終盤の同年10月12日現在でその年の10000米学生記録トップは、大東大・大久保初男選手の29分19秒で当時28分台の学生選手はいなかった。記録の進歩に驚きつつテレビを眺めているうちに、この50年でどれだけ箱根駅伝の記録が変遷したのかを比べてみようとにわかに思い立った。と云っても箱根駅伝の記録は当日の天候もさることながら、年によってコースが変わっており厳密な意味での比較は無理である。私たちが走った頃は2区・9区は横浜駅の山側を走っていたし、10区も大手町の読売新聞本社には日比谷通りの馬場先門を直進してゴールしていた。選手、役員を悩ませた京急線の蒲田踏み切りももう無くなった。

正月で呆けた頭の体操、今昔のタイムを比較するために、自己流で以下の方法を考えてみた。1982年(58回大会)までは2区・9区で横浜駅は第二京浜国道を走っていたが、今は第一京浜を使用しており距離は昔の方が片道約1500米x2=往復3000米長い。また75回大会(1999年)以降、10区は日比谷通り馬場先門を右折して中央通り京橋・日本橋経由大手町読売新聞までゴールしており、その走路は以前に較べて1700米現在の方が長い。一方、箱根の函嶺洞門のバイパスや元箱根市街を走る走路の変更は誤差として考えなくてよいだろう。選手の速さを時速20キロとすると、1982年以前の記録は横浜駅付近で走路が短くなったのとゴール前で長くなった分を差し引き1300米分、4分マイナスをすればよいし、また1990年の記録は10区のゴールが短い分5分プラスすれば帳尻があいそうだ。

以上、1970年と1980年は1.3キロ分(=4分)差し引き、1990年は1.7キロ分(=5分)プラス補正してこの50年間の優勝校、10位と最下位記録をみると次のようになる。

  1位 10位 最下位
1970年 46回大会 日体大 11時間31分21秒
(補正後11時間27分21秒)
駒沢大 12時間11分15秒
(補正後12時間07分15秒)
拓殖大 13時間11分31秒(15位)
(補正後13時間07分31秒)
1980年 56回大会  日体大 11時間23分51秒
(補正後11時間19分51秒)
東海大 11時間54分56秒
(補正後11時間50分56秒)
法政大 12時間13分20秒(14位)
(補正後12時間09分20秒)
1990年 66回大会 大東大 11時間14分39秒
(補正後11時間19分39秒)
法政大 11時間40分12秒
(補正後11時間45分12秒)
亜細亜大11時間54分47秒(15位)
(補正後11時間59分47秒)
2000年 76回大会 駒沢大 11時間03分17秒 法政大 11時間23分27秒 東洋大 11時間40分45秒(15位)
2010年 86回大会 東洋大 11時間10分13秒 明治大 11時間21分57秒 亜細亜大11時間41分09秒(20位)
2020年 96回大会 青学大 10時間45分23秒 東洋大 10時間59分11秒 筑波大 11時間16分13秒(20位)

これで気が付くのは箱根駅伝の高速化だ。特に注目されるのは中位~下位校の底上げで、今年の最下位だった筑波大も10年前なら上位に入っていた記録だと云える。1980年代後半にテレビの完全中継が始まってから箱根駅伝が関東の大学の宣伝の場となり、多くの新興校や、これまで運動に力を入れてこなかった学校が箱根駅伝予選会に出るようになった。それにより中~下位の学校の底上げも顕著になったが、陸上競技の一部としてではなく駅伝だけに力を入れる学校や、長距離の選手ばかり特待生が多い学校もあると聞く。またアフリカ人選手を取るためにブローカーが暗躍するという話もしばしば耳にする。選手の努力には大いに敬意を表するものの、いまや「良きアマチュア」とか「文武両道」から離れ、専門化しているかの箱根駅伝である。私には箱根駅伝は青春の良き思い出だが、テレビ中継するアナウンサーの絶叫を聞いていると、商業主義に陥った大会がこのままでよいのか、という気持ちも一方でわいてくる。

2020年1月 1日 (水)

一月一日

20191231

年の始めの 例(ためし)とて
終(おわり)なき世の めでたさを
松竹(まつたけ)たてて 門ごとに
祝(いお)う今日こそ 楽しけれ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ