« 沈香も焚かず屁もひらず | トップページ | きれいすぎる海も困りもの »

2019年12月15日 (日)

ピーター・スネル選手の訃報

20140914
早慶競走部後輩達の1500米レース

1960年のローマ五輪陸上競技800米で金、1964年の東京五輪で800米と1500米で二冠を達成したニュージーランドのピーター・スネル氏が亡くなったと報じられた。80歳だったそうだ。スネル氏は30歳そこそこでアメリカに移住し最後はテキサスの自宅で亡くなったとのことだが、記憶に残るのはやはり東京オリンピックでの黒のランニングシャツ、胸にシルバー・ファーンの国章をつけたニュージーランドのユニフォーム姿である。同じ中距離といってもスプリントが重視される800米と持久力も必要な1500米ではかなり競技の様相が異なる。その両方に勝ったのは、彼が類まれなるランナーだったあかしといえよう。懐かしいアスリートの訃報に接して思い出したのは、当時スネルのコーチだったアーサー・リディアード氏によるリディアード式トレーニングの事だった。

ローマ五輪以前は、中・長距離の練習法として広く採用されていたのはインターバルトレーニング方式だった。これは1952年のヘルシンキ五輪で長距離種目3冠王になったチェコのザトペックが実践して知られるようになったものだ。インターバルトレーニングは400米走を中心にダッシュとジョッグを繰り返すもので、心肺機能を高めるのに最適と云われたものの、トラックとストップウォッチで管理される無機質かつ機械的で苦しい練習と云う印象が強かった。それに対してリディアード方式は、クロスカントリーなどを取り入れた幅広い練習方法で、当時私のように陸上競技を始めたばかりの高校生にとっては惹かれる練習方法であった。速く走るためのトレーニングをするならば、少しでも気分良く練習する方が良いといった心境だった。

時を同じくして隣国のオーストラリアは、ローマ五輪1500米の覇者ハーブ・エリオットや、東京の10000米の銅メダリストだったロン・クラークなど傑出した中長距離選手を輩出していた。その豪州のコーチはパーシー・セルッティ氏で、氏によるトレーニング方式もそういえば注目されていた。当時高校の図書館からセルッティ著の「陸上競技チャンピオンの道」を借りて、砂丘での練習が良いなどと知り、顧問の先生にどこか起伏のある場所で練習できないか相談したことが記憶の底から蘇った。久しぶりにスネル氏の名前に接し、聞きかじった練習方法をいろいろ模索した高校時代のことを思い出したが、あれから50年経っている今もまだジョギングだけは続けている。我が走る原点には、スネルやクラークなど名選手の軌跡と彼らが辿った練習への憧れがあったことを訃報を聞いて感じている。

« 沈香も焚かず屁もひらず | トップページ | きれいすぎる海も困りもの »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 沈香も焚かず屁もひらず | トップページ | きれいすぎる海も困りもの »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ