« 「がんばこ」と「キチク・スイライ」 | トップページ | 一月一日 »

2019年12月31日 (火)

年の瀬

201912311

冬至の日はゆず湯に入った。風呂の温度はいつもと同じで入浴時間も変わらないのに、出た後もいつまでもぽかぽかと体が暖かい。「ゆず湯に入った」という心理的効果を差し引いても明らかに体の保温効果が違うようだ。ネットの情報を見ても、たしかにゆず湯には科学的にも体を温める効能があるとされている。伝統的な慣習にはそれなり科学的裏づけがあるものが多い。先人の知恵というものだろう。ゆず湯に入りカボチャを食べていると、すぐに年末・年始の休暇である。ことしはどこにも旅行に行かず、久しぶりにのんびりの正月休みである。

 

それにしても、12月の国会は重要な法案をほったらかしにし、「桜を見る会」が延々と問題にされており、ニュースを見ても情けなくなってしょうがなかった。日本にカジノを導入する法案でも野党の反対を見ていると、彼らがなんでも反対、現状維持ばかりの「保守」だと若者に認識されるのも当然だと思えてくる。野党はしきりにギャンブル依存者が増えるのが問題だと言っているが、それではパチンコはどうなのかと問いたい。都市では繁華街のど真中に、地方では街道筋にあれだけ大っぴらにパチンコ店が堂々と営業しているではないか。パチンコ産業は衰退しているというものの、全国で売り上げが20兆円、年間1000万人が遊んでいる遊戯である。パチンコはOKでカジノがダメという理由がまったく意味不明だ。

 

反対論者がカジノがあると周囲の治安が悪化すると言っているのも疑問である。私もアメリカや東南アジア、韓国などでカジノを幾度か冷やかした事があるが、カジノがあるから周囲の治安が悪いという事はなかった。そのほかカジノを運営する中国業者がてら銭を巻き上げるのが問題だと云うならば、内外の業者がきちんと競えるようにそれなりに規制やルールを作れば良いではないか。まあパチンコ業界からは多額の献金が政治家に流れているようだから、一部政治家がカジノ法案に反対なのだろうという推測はつく。しかし財政難の折である。パチンコとカジノが大いに競い合って、税収アップに貢献したらよいと考える。新年は「桜の会」など安倍おろしの政局を何時までもやっているのでなく、山積する国難を真剣に取り上げるべく健全な野党の奮起を望みたい。

« 「がんばこ」と「キチク・スイライ」 | トップページ | 一月一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「がんばこ」と「キチク・スイライ」 | トップページ | 一月一日 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ