« 2019 飛鳥Ⅱ秋の休日 ウイーンスタイル クルーズ(1) | トップページ | 2019 飛鳥Ⅱ 秋の休日ウイーンスタイル クルーズ(3) »

2019年11月 6日 (水)

2019 飛鳥Ⅱ秋の休日 ウイーンスタイル クルーズ(2)

20191106_20191106152701
コンサートの開演を待つギャラクシー・ラウンジ

”飛鳥Ⅱ”ウイーンスタイルクルーズと云えばウイーンフィルのコンサートマスターを務めたこともあるお馴染みダニエル・ゲーデさんだろう。前回2015年のウィーンスタイルでは違う楽団だったが、2018年のワールドクルーズでは彼が率いる三重奏楽団のステージがあったから、今回で演奏を聞くのは二度目となる。ゲーデさんと飛鳥は特別に相性が良いのかと思っていたら、彼は日本で東日本震災の被災地先を毎年巡ったり、子供たちに音楽を教えたりしているそうで、その様子は先日NHK・BS「奇跡のレッスン」でも放送された通りである。今回彼はピアノとチェロの名手2名を伴いウイーン・フーゴ・ヴオルフ三重奏団としての乗船である。

彼らの姿を11月1日の横浜出帆には見かけないと思っていたら、実はその日は都内で補聴器を利用する人たちのために「みみともコンサート」に出ていたことを、帰宅した日の読売新聞が報じていた。翌日11月2日に四日市で飛鳥Ⅱに乗船した彼らは、3日目終日航海日の夕方、インフォーマルデイのステージに登場だった。船内コンサートは例によって冒頭ショスタコーヴィーチ作品と聞きなれない曲から始まったが、ヘンデル、ファリャ、日本の歌メドレーなどに続き、定番の「美しき青きドナウ」と盛り上げ、アンコールはお約束のラデッキー行進曲である。ウイーンスタイルとくれば日本人が期待する通りにお応えします、という演出で楽しかった。

良い音楽の後は食事である。ウイーン風グーラッシュ(シチュー)などに続き、この日のメインは牛フィレのポワレがシェフお薦めだったが、私たちはせっかくだからウインナーシュニッツェルを(子牛のパン粉焼き)を選ぶ事にした。飛鳥Ⅱの食事は最近とても美味しいので、ここでも迷わずもう一皿ウインナーシュニッツェルをお替りしてしまうが、お替りを遠慮なくできるのが本船の素晴らしいところである。当日はたまたま我々の結婚記念日で、食後バンドの演奏とケーキでクルーから祝ってもらったのも良き思い出となった。昼はウイーンについての講演を聞き、ザッハートルテをおやつに愉しみ、一流の室内三重奏の音楽にウイーン風のディナー、その後は二人でクラブ2100でちょっとダンスと、居ながらにして非日常の世界を楽しめるがクルーズの良さである。

20191106_20191106152702
ザッハートルテとウィンナーシュニッツェル
20191106

« 2019 飛鳥Ⅱ秋の休日 ウイーンスタイル クルーズ(1) | トップページ | 2019 飛鳥Ⅱ 秋の休日ウイーンスタイル クルーズ(3) »

船・船旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019 飛鳥Ⅱ秋の休日 ウイーンスタイル クルーズ(1) | トップページ | 2019 飛鳥Ⅱ 秋の休日ウイーンスタイル クルーズ(3) »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ