« 泉屋のクッキー | トップページ | 2019 飛鳥Ⅱ秋の休日 ウイーンスタイル クルーズ(1) »

2019年10月31日 (木)

大人の社会科見学・製紙工場

20191031

先週、九州にある大手製紙会社の工場を見学する機会を得た。永いあいだ重厚長大産業向けの原料や燃料を輸送する業務に携わってきたので、荷主に納めた貨物がどう使われるのか、いかなる過程を経て出荷されるのかいつも興味をもってきた。これまでに大手製鉄所や自動車工場、銅や亜鉛などの非鉄金属精錬工場、化学プラントやセメント工場など多くの工場を見学することができたが、紙やパルプを造る製紙工場を見るのは初めてだ。我々海運業が世界の各国から運んできた木材のチップ(3センチくらいの木の小片)が、どうなって紙になるのか興味津々である。

輸入された木材チップは、まず工場の大きな溶解釜で薬品と共に煮られ、植物繊維を取り出した後にプレスされてパルプとなることが今回の見学でわかった。できたパルプを叩き薬品で加工すると紙ができるという事を知り、我々のあらゆる生活場面で何気なく使われる紙製品や書籍紙がこうしてできるのかと改めて得心する。かつて製紙過程の副産物であるリグニン(木材の細胞の結合を促す成分)や、カオリン(主に漂白剤として使われる)の輸送に携わった事もあったが、これらの物質が紙の製造にいかに関連していたのか、改めて知識が点から線になった気がする。そのほか東南アジアの紅葉樹や北米の針葉樹が、その性質によってどういう紙に加工されるかなど、同じ「紙」といっても色々な要素がある事を初めて知った。

それにしても国内の各種工場を見ていつも感心するのは、構内がきちんと整理整頓されている事である。かつて中国や東南アジアの各産業の工場を見た際、休止しているプラントや使われていない建屋の中は、ゴミとホコリだらけだった事と正反対だ。また主だったプラントや大がかりな機械だけでなく、工場内の電気回路やモーターなどの各種の機器、さらに工具類までが国産メーカーの製品であることに日本の製造業の真の力を感じた。ちなみに中国では製紙の上流過程はなく、パルプを日本から買って紙をつくるとの事。中国や韓国がいくら偉そうなことを言っても、原料から半製品を経て市場に出るまで一貫した創意工夫で成り立つ日本の基礎産業の強さを見た気持ちがした。

« 泉屋のクッキー | トップページ | 2019 飛鳥Ⅱ秋の休日 ウイーンスタイル クルーズ(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 泉屋のクッキー | トップページ | 2019 飛鳥Ⅱ秋の休日 ウイーンスタイル クルーズ(1) »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ