« 知ってはいけない現代史の正体 | トップページ | クルーズ船のクルーザーの友人 »

2019年8月29日 (木)

あおり運転

あおり運転が問題になっている。話題になった大阪の中年男女や僧侶は論外としても、このあおり運転についてはあながち他人事だとも思えない。先日もいつも利用するスーパーマーケットへ妻とドライブ中にこんな事があった。私が運転するクルマは2車線道路を直進していたが、この道は途中で右に折れる三差路があり、その先は直進方向が狭くなって一車線となる。その三差路は中央寄りの車線がいきなり右折専用レーンとなる区分のため、直進しようとして中央レーンを来たクルマは、あわてて歩道寄りのレーンに車線変更する必要があるちょっとヒヤっとする場所である。

その日、通い慣れている我々は、三差路の手前で左側、歩道寄りの直進レーンに予め入って交差点の信号が変わるのを待っていた。そこに中央寄り(右折専用レーン)を走って来て、なぜか頼りなげに赤信号で止まるクルマがきた。並んで止まったその車内はと見るとごくふつうの男性ドライバーなのだが、なぜかそのクルマが本当に右折をするのか、なんとなく気になった。さて目の前の信号が青になり、先の狭くなる道めがけてスタートすると、やはりそのクルマは三差路を右折せず中央レーンをダッシュして、我がクルマの鼻先をかすめて狭隘になる道に突き進んでいく。

本来そこからは来ないレーンから飛び出してきたクルマに、我々は目の前で進路を妨害されたわけである。先ほどの六感でなんとなく気にしていたため、事なきを得たのだが、ぼやぼやしていたら事故につながりかねない法定ルール無視のドライバーである。思わず”ブブブー”と、普段はめったに鳴らさないホーンを長めに鳴らしたが、相手はリアウインドウ越しに手を挙げるでもなく、例の「ありがとう」のハザード点滅をするわけでもない。自分のエラーもこちらの驚きもまったく気付くふうもなく、飄々と運転を続けていくその運転態度が何とも腹立たしい限りだ。こういう時は、しばらく車間をピッタリと詰めこの能天気なドライバーに知らしめてやろうか、パッシングライトを点灯して驚かしてやろうか、次の交差点で止まったら注意しに行くかなどという考えがちらっと浮かぶ。

この時は助手席の妻に「カッとなったらダメよ、ああいうドライバーは自分が何をしたのか全く気付いていないから」とたしなめられ、「そうだな、煽ったら大阪の事件の輩と一緒になるしな」と冷静に戻ったのだが、今回のケースで言えば煽られそうになる方に問題があったわけだ。ただ自らを顧みて思うのは、煽りたくなったのは、鼻先をかすめられたクルマが同じドイツ車でもやや小さめだったこと、それにそのドライバーがどうもヤバそうな人でない、という点があるようだ。偉そうな外車に乗っているオヤジが、軽自動車などに横柄な運転をしがちなのもこういう心理から来るのだろう。クルマというパワフルな道具を操る優越感、その密室性、加えて他車とのコミュニケーションの取りづらさなどが煽り運転に背景にあるに違いないと実感した。起きがちな煽り運転防止にはクルマのリアウインドウに、「ありがとう」とか「ごめんなさい」という電光表示が出るようにしたらどうであろうか。

« 知ってはいけない現代史の正体 | トップページ | クルーズ船のクルーザーの友人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 知ってはいけない現代史の正体 | トップページ | クルーズ船のクルーザーの友人 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ