« 時代 | トップページ | ドライブしながら考える »

2019年3月26日 (火)

九段会館の建て替え

20190326
 工事前の九段会館


東京都内に次々出来る高層ビルの中には、元の建物の一部を保存して再現したり、由緒ある部分を残して建てられるものも多い。丸の内では進駐軍(GHQ)の本部があった第一生命ビルや、明治生命ビルなどがかつての面影を残しつつ、近代的な高層ビルに生まれ変わっている。皇居の反対側では、よくクルマやジョギングで通る九段坂下の九段会館の建て替えがどうなるのか注目していたところ、ここも特徴あるその外観を保存しながら新しい建物になる工事が行われている。

まるで城郭の様で変わった外観が目を引いた九段会館は、もともとは在郷軍人会の本部として昭和9年にできたビルである。戦前は軍の予備役の訓練や宿泊に使われ、2・26事件の際は戒厳司令部も置かれたそうだ。戦後は進駐軍に接収されたのち、1957年から九段会館として永らく宿泊・結婚式・レストランや貸しホールの用途で使われてきた。ところが2011年の東日本大震災の際に老朽化したホールの天井が崩落して、たまたまその下に居あわせた利用者2名が亡くなったため、取り壊して建て替えられる事になったのである。

このあたり、皇居の北側は旧近衛師団本部などなかなか趣のある建物が残っているが、中でも九段会館はひときわ威風堂々、周囲を睥睨するかの感があった。軍人会館だったにも関わらず戦後は社会党大会などが開かれたのは皮肉だが、印象深かったのが2000年に開催された「女性国際戦犯法廷」というイベントだった。「旧日本軍の性奴隷制を裁く国際戦犯法廷」などという、バカげた政治ショーを、旧軍人会館で開くのは如何なものかと当時話題になったのだった。

こうして時代の波にほんろうされつつも昭和・平成を見届けてきた建物が、2022年に17階建ての新しいビルになる。独特だった外観は、新しいビルにどういう形で再現されるのだろうか、その工事完成後が楽しみだ。九段坂下から竹橋にかけては、千代田区役所を始め役所が多いため、夜間や週末は人通りが少なく寂しくなる一画である。新しい九段会館が周囲のランドマークになれば、九段下交差点もよりにぎやかになるに違いない。


20190326_2
取り壊し工事が真っ盛りの九段会館

« 時代 | トップページ | ドライブしながら考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 時代 | トップページ | ドライブしながら考える »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ