« 中国支配の世界などまっぴらだ | トップページ | 一切かかわるな韓国 »

2018年10月22日 (月)

「米韓同盟消滅」を読んで

20181022

距離は近いがひどく遠い隣国、韓国は最近あらゆる面で、奇妙なふるまいをする。そこでソウルや香港などに駐在した日経新聞のベテラン記者である鈴置高史氏著の「米韓同盟消滅」を読んでみた。この10月に発売されたばかりの新潮新書の新刊で、一読してまさに我が意をえたりと膝を打ちたくなる内容である。以前にも書いたが、旧帝国陸軍の軍医だった私の祖父は、新宿の大久保に住み、今の戸山公園あたりにあった陸軍の病院に勤務していた。東京の空襲が激しくなったため庭先に家具を埋めて郊外に避難したが、戦争が終わって元の家に帰ると、朝鮮人たちがあたりを不法占拠して立ち退かず、やむをえずに西荻窪に居を構えたのだと幼い頃に幾度か聞かされた。そんなわけで今でもハングルだらけ、新大久保界隈の異様な世界をみると、あまり良い気持ちはしない。


さて最近は「最終かつ不可逆的に合意した」慰安婦問題をいとも簡単にひっくり返す、済州島の観艦式に招待した我が自衛艦に旭日旗を上げるなと注文する、朴大統領に対するごく普通の批判記事を書いた産経新聞の記者を長期拘束するなど、枚挙にいとまがないほどこの国は日本に対して非礼な事を繰り返している。そんなに日本人が嫌いなら、我が国を訪問などしなければよいものを、都内でも無遠慮に大声で朝鮮語を話しながら闊歩する韓国人観光客が多いのは実に不思議だ。さらに国際社会が一致して北朝鮮に制裁を加える中、文在寅政権は南北融和の掛け声とともに包囲網をゆるめようと欧州行脚もした。彼らのすることは理解不能で、私はこの国に一切かかわりたくないから、たまたま乗船したクルーズ船が釜山や済州島に入港しても、最近は一歩も上陸せずに船内で過ごすことにしている。


この本では中国の柵封国家だった朝鮮半島の歴史、反日を超え”卑日”になった最近の経緯、自意識過剰で「中学2年生」程度の成熟度である国内の実態などが詳しく語られる。法の支配ではなく、儒教思想によって国が動くことが多くの実例で示されており、なぜ韓国が奇異な行動をとるのかがよくわかる。私は朝鮮半島に関わらないことが日本人のためだと常々思っているが、そうは云っても気になるのが北朝鮮の傀儡・文在寅政権の動きである。このままだと北の核と南の経済力が一体になって半島統一がなされるとみられるが、そうなった場合には、米韓同盟は必要なくなり、米軍は半島から撤退する可能性が高いと本書は指摘する。その際に中国は覇権を半島全体に伸ばすことが必至だから、朝鮮半島全体が中国の強い影響下に置かれるに違いない。中国勢力圏下の朝鮮半島と、我が国や米国の勢力は対馬海峡で対峙することになって、東西冷戦なきあと、米・中両大国の覇権争いの最前線は海峡にひかれよう。対馬海峡はあらたなベルリンの壁になる、との私の危惧は本書を読んでますます強くなるのであった。

« 中国支配の世界などまっぴらだ | トップページ | 一切かかわるな韓国 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国支配の世界などまっぴらだ | トップページ | 一切かかわるな韓国 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ