« 慶応野球部・三連覇に挑戦 | トップページ | 60歳代後半のランナー »

2018年9月25日 (火)

新潮45を支持する

月刊誌「新潮45」を支持したい。今回大騒ぎになったので、あちこち行ってこの本を探すのだが「あれ!そういえば売り切れですね」「何かあったんですか?」と逆に町の本屋から聞かれる始末である。この雑誌がよほど話題になって飛ぶように売れたのだろうか。かつて「WILL」や「HANADA」が刊行される前は、出張の飛行機や新幹線で読むために「正論」や「新潮45」を駅や空港で買ったものだが、最近はすっかりご無沙汰の本であった。私にはとうてい馴染めないLGBTとやらの問題で最近はにわかに脚光を浴びているとあって、新潮社応援のために久しぶりに買い求めたくなったのである。


ネットの情報によれば、自民党の杉田水脈衆院議員が「新潮45」で同性カップルを「生産性がない」などと書き、同誌の最新号で小川栄太郎氏が同性愛者と痴漢を比較して評論しているらしい。雑誌が手に入らないため問題の記事を読めず、私は自分の言葉でコメントできないのがははなはだ残念である。ただ報道から察すると彼らの表現の方法や比喩がいささか稚拙かつ乱暴で適切でない部分はあるが、本来ごく当たり前の事を水田氏や小川氏らが言っているように思う。


先天的にせよ、後からの怪我や病気が原因にせよ、身体や心に問題があって不自由な方々が充分に活動できるよう、社会が手をつくすべきことは云うまでもない。しかしLGBT(Tは微妙ではあるが)となるとやはり問題の性質が違うのではないのだろうか。それぞれの人々が感じる性的な趣向を必ずしも否定するつもりはないが、人類が永い間に作ってきた伝統や家族・教育のあり方に従えないという人たちがいるなら、(犯罪にならないかぎり)彼らは『ひっそり』と自分達の好きなように暮らせば良いだけの話しであろう。自分達の特異な生き方をただちに社会的に認知せよ、それに反論する動向や言論は『反動的で許さない』と封殺する性急かつ偏狭な考えが今回の騒動にみえて不愉快である。


性的な問題に対する区別は、国や宗教、人種によって実に様々である。かつてアメリカに住んでいた時、プールの更衣室で2歳にも満たない女児が父親と一緒に着替えをしようとした際、「幼児でも異性が一緒に更衣室にいるのは嫌だという人がいるから」と注意されて彼女だけ係員に外に出された事があった。アメリカ社会の性に関する一種ストイックな面を見たが、一方で欧州ではまた別の文化があろうし、日本ではいまでも田舎の温泉などで混浴がみられる。昔は日本にはお小姓などというものもあったし、中国も宦官制度があった。そういえばイスラムの社会ではLGBTはどう扱われるのかも興味深い。カトリック教会内のセクシャルハラスメントも大問題だし、そもそも同性愛が犯罪になる国も世界には多数あるのである。


性や性別に関する問題というものはその社会に根ざした文化に深く関わっているもので、一月刊誌に掲載されただけのLGBT記事にエキセントリックな大キャンペーンを張り、日本社会の良き習慣に反する主義主張をごり押しする人たちに大きな違和感を感じる。性の問題はきわめて慎重で漸進的であるべきだと私は信じている。その新潮出版は反対運動をかけられ、ついには「新潮45」が休刊すると言うが、これこそパヨクや進歩的文化人がいつも最も嫌う「言論の自由、表現の自由への弾圧」ではないか。御茶ノ水女子大に男子学生が入学するなどという冗談は、小遊三師匠の小噺ぐらいだけにして欲しいものだ。

« 慶応野球部・三連覇に挑戦 | トップページ | 60歳代後半のランナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 慶応野球部・三連覇に挑戦 | トップページ | 60歳代後半のランナー »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ