« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月19日 (木)

「保守の行方」と「保守と大東亜戦争」

20180719

物心ついてから私は一環して保守を自認している。かつて学生運動が盛んなりし頃は、機動隊に石や火炎瓶を投げる全共闘のヘルメット姿を見て、こちらから全共闘に石を投げていたものだ。今でも霞ヶ関などを歩くと、あまり身なりがきれいでない初老の人たちから「安保法制反対」だの「原発反対」だののビラを手渡されそうになるが、「俺は法案も原発も賛成だよ」とそんな紙は突き返してしまう。かつての革新、今で云うリベラル派の時流に乗ったような主張が嫌なのである。


といっても自分が誇りに思ってきた「保守」とは一体何なのか、本来の保守、保守の本質は何かという疑問にいつも突き当たる。ソビエト連邦が崩壊するまではアメリカに代表される自由主義経済と民主主義体制を信奉するのが保守で、平等に価値を置き計画経済のソ連や中共を模範とするのが革新だというはっきりした分類があった。日本でも「保守」は総じて「親米」だったし経済開放の勢力で、「革新」は社会主義・共産主義的社会をめざし全体主義志向の人たちだった。


しかし今や状況はかなり違う。東西冷戦が終焉しマルクス・レーニン主義は消滅、その後に出現した新自由主義や経済のグローバル化などによって「保守」とは一体何をさすのか定義する事が難しくなった。殊に自国第一主義を掲げるトランプ大統領の保護貿易を批難し「自由貿易を守るのは中国」などと云う最近の中国の発言を聞くと、プロパガンダに過ぎないのは判るが「自由を規制するのがアメリカで自由を守るのが中国か??」と苦笑する。


「保守」という概念を本当はどう捉えたら良いのかとの思いに、最近読んだ新書2冊がとても参考になった。「『保守』のゆくえ」(中公新書クラレ)の佐伯啓思氏は、今日の進歩主義やグローバリズムは従前の確かな価値や秩序原理をこわし、世の中を混沌状態に陥いらせているから、進歩主義を牽制すべきなのが保守者の基本だと言う。保守はそれぞれの国や地域で、歴史的に生成してきた慣習や社会構造、文化や価値観を急激に変更してはならない、改革は漸進的であるべきだと佐伯氏は述べる。


「保守と大東亜戦争」(集英社新書)の中島岳志氏も人間は不完全で間違いを犯すものだから、理性に万全の信頼を置く事は間違いであるとしている。信ずるべきは伝統や慣習、良識などであり歴史の風雪に耐えた社会的経験値で、やはり改革は漸進的に行うのが保守の態度であると云う。急進的変化、ラジカルで極端なものの中には必ず理性への過信が含まれており、それに依拠してはいけない事を、戦争反対を貫いた「保守派」の言葉から中島氏は導きだしている。


二つの書を読んでわが身を顧みたが、私は常々ラジカルな言動にはついて行けず社会変化はゆっくりが良いと思っているし、年齢が進むに連れて伝統や慣習にこだわる様になってきた。かつての革新派、今のリベラルの主義主張にはもとより賛同できないし、やはり自分は保守主義派だったかと再認識したのだった。

2018年7月 7日 (土)

飛鳥Ⅱ 2018年世界一周クルーズを終えて

家に帰ってもちょっと下を向いたり、段差を超えたりすると体が揺れて陸酔いをまだ感じる。早朝ふっと目が覚めた際は寝ぼけた頭に「今日はどこ?」という疑問が一瞬よぎる下船3日目である。今回の103日間のクルーズは小久江船長以下全クルーの尽力のおかげ、一言で纏めれば『とても楽しかった!』に尽きる。クルーだけでなく船上で歓談した新たな友人、その他このクルーズを支え旅を演出してくれたすべての関係者にお礼を述べたい。


2011年に始めて飛鳥Ⅱのワールドクルーズに乗船した際には、多くの乗客から「若いネエー!」と言われ、場違いな所に来てしまったかと当惑もしたが、今回はこちらの年齢も上がり、面の皮も厚くなっってそのような言葉も受け流せるようになった。横浜から乗船して神戸下船まで102泊(103日)、ツアーで船を離れる事もなく完乗した距離は船長放送によると30,851マイル(57,137.5キロ)で地球1.4周に相当するそうだ。


この間に夫婦二人で船上ジョギングした距離は758キロ、内訳はデッキ1,071周=462キロ・フィットネスのマシン217キロ・上陸地で79キロだった。通った社交ダンス教室(午後の中・上級クラス)が45分レッスンを67回、私個人がマリナーズクラブのグランドピアノを借りてピアノレッスンをしたのが1時間X24回となった。また船上からこのブログ更新が25回、禁酒日は(残念ながら)なしという乗船結果であった。


殊に乗船中に留守の家の空気を入れ換えたり、郵便物や税金支払いなど対応して貰った義理の母、クルマのエンジンを時々かけてくれた義理の弟、その他長期休暇の無理を聞いてくれた仕事関係の各位に感謝である。また何とかかんとか最後まで中上級のレッスンについていけたのも、乗船まで指導して下さったダンス教室の先生のおかげだ。最後に今の気持ちは”若手、若手とおだてられいい気になって103日、娑婆に帰れば年金もらうシニア老人!”

それにしても楽しかった夢のクルーズであった。


アデン湾の自衛艦せとぎりの隊員、海保の職員の皆さん、ありがとうございました。20180707

2018年7月 2日 (月)

飛鳥Ⅱ 2018年世界一周クルーズ終了目前

180702_155302_2

ワールドクルーズの場合には横浜からの乗船者が同じ料金で神戸まで行けるという特典を利用して我々は神戸で下船する事にした。そうして1日延び103日間となった2018年飛鳥Ⅱ世界一周クルーズもいよいよ下船が間近になった。本船位置を知らせるキャビンのテレビ画面の左隅に日本列島が表示されているのを見る度に寂寞間が湧き上がってくる。桜のニュースを後に出発し梅雨も明けた頃に帰るこのワールドクルーズ、私にとっては総じて大変楽しく思い出深い旅だったといえる。


まずミコノス島に上陸する日こそ荒天で抜港になったものの、それ以外は時化の日がとても少なかったのが良かった。もっとも揺れないおかげでダンス教室のレッスンが予想以上に進み、何とかついていった中・上級ダンスクラスでは知らないステップに面食らう事も多かったものだ。長さ200米、巾30米の空間で700名の乗船客が生活を共にする訳だから中にはエッと思うような人もいたが、逆に今回もまた帰国後も会える友人ができたのも嬉しい。オマーンやスペイン、グアテマラと初めて訪れた国も印象深い。


なにより小久江船長はじめ運航スタッフ・ホテル部門スタッフ全員が毎日毎日、乗客をいかに楽しませるか、最大限の工夫を凝らしている事が伝わってきたのが嬉しいクルーズであった。思い起こしても予定の寄港地の他に船長の判断でカプリ島やアマルフィ(イタリア)、ジャアンツコーズウエイ(北アイルランド)、ナパリコースト(ハワイ)などの名所のほか、カーリングストーンの産地アルサクレイグ島(スコットランド)、スターウォーズのロケ地スケリッグマイケル島(アイルランド)などに最大限近寄ってくれたのに感激した。そのほか様々なイベントで船内を盛り上げてくれた若いエンタメクルーにも感謝である。神戸で下船してもしばし虚脱感に苛まされそうな気がする下船三日前である。

世界のカーリングストーンのほとんどを産出するアルサクレイグ島

180514_163157

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ