« 東京マラソン2018 | トップページ | 山手線 E235系に乗る »

2018年2月28日 (水)

「リベラル」という病 (岩田 温 著)

20180228

先の総選挙を前に空中分解した民進党が、小池百合子氏が率いる希望の党に吸収される際におきた茶番劇には笑ってしまった。小池氏が集団的自衛権の行使容認に踏み込んだ安保法制や憲法改正に賛成する事を受け入れ条件とすると、あれほど安部総理の暴走を許さないと反対していた民進党の「日本のリベラル」たちがころっと方針を変え、踏み絵を踏んで希望の党になびいてしまったのだ。しょせんリベラル政党とは国民の事よりおのれの選挙目当ての互助会に過ぎず、日頃声高に叫ぶ主義・主張などは便宜的な付け足しに過ぎなかったという事が暴露されたようである。


リベラルの正体見たりという思いでそのドタバタ劇の報道を見ていたのだが、なぜ、そして、いかに彼らがそんなにおバカなのか、にわかに知りたくなり岩田温著の新刊「『リベラル』という病」(彩図社)を買ってしまった。岩田氏は新進気鋭の政治学者だそうで、東西古今の文献に通じた氏はリベラルの定義にも触れつつ不思議な「日本のリベラル」(いわゆるサヨク)を縦横に批判する。それによると「日本のリベラル」は周囲の情勢を一切無視し、ただ平和憲法を護れば平和が保てると主張するような「現実を無視した反知性主義者」であると云う。さらに彼らリベラルはむやみに共産主義に親和的で、その実態や共産党の本音に目をつむりがちだと指摘し、旧ソ連の悲惨な歴史が本書で語られる。


考えてみると1960年に「日米安保反対」を叫んだ日本のリベラル(サヨク)勢力の主張がまかり通り、もし我が国が日米安保なしであったら今の日本は一体どうなっていたかと想像すると恐ろしい。また天皇を認めない日本共産党は「当面」は認めると云っているが、では彼らがいつ天皇陛下を認めないと変身するのか。そのほか世界中でフツーに認められている集団的自衛権行使を認めたら、なぜ日本だけが徴兵制が復活して近隣諸国を「侵略」するのか、などなど日頃から日本のリベラル=サヨクの発する主張は反知性的かつ疑問だらけで突っ込みどころ満載である。


著者は朝日新聞などのサヨクメディアが、多くの憲法学者が自衛隊を違憲と主張する事は今回報じず、集団的自衛権の行使容認だけが違憲と騒ぎ立てる矛盾もついている。真に立憲主義を貫くなら、自衛隊は違憲だから廃止するか憲法を改正せよと主張すべきところ、それはできないから結局のところ日本のリベラル=サヨクは、「知的に余りにも不誠実な態度に終始」する「反知性主義」に陥るのだと容赦ない。さて今回の希望の党入党騒ぎで判ったのは「日本のリベラル=サヨク」は、本気で主義・主張を掲げている訳ではなく、ただ現実をまったく無視した脳内のお花畑的妄想に基づきガラパゴス的発言を繰り返していたと云う事である。これら奇怪な「日本型反知性主義者」に対して、本書の最後には著者の提言も記されており、これがなかなか読み応えがあるもので興味深かった。

« 東京マラソン2018 | トップページ | 山手線 E235系に乗る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京マラソン2018 | トップページ | 山手線 E235系に乗る »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ