« 井戸の茶碗 | トップページ | 定年後の再就職 »

2017年9月27日 (水)

ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人

20170927_2

わが家では国の祝祭日に国旗を必ず掲げる。といっても狭いマンションなので金属製ドアにマグネットの旗差しをつけ、日の丸の小旗を斜めに揚げるだけなのだが、どうやらマンションの同じフロアーで日の丸を掲揚しているのは我が家だけのようである。国の成り立ちが違うとは云え、かつてアメリカに駐在していた時に見た、人々が祝祭日のみならずさまざまな機会に星条旗に忠誠を誓う光景とはエラい違いだ。そのアメリカ人のケント・ギルバート氏が書いた「ついに『愛国心』のタブーから解き放たれる日本人」(PHP新書)を知人からもらって読んだところ、なるほどと眼からうろこ、いたる箇所にうなずく事が多い本であった。


ケント氏が冒頭で述べているように、日本人は総じて自分の故郷や育った土地を愛しており、日本の風土や習慣・食事などが好きな事は間違いないだろう。では皆が「愛国心」を持っているかと聞かれると、いちように金縛りにあったかの状態になり、答えに窮する人が多いものだ。同様に私が子供の頃は、立派な大人なのに日の丸に敬意を払わない人もよく見られたのだが、著者はこの現象を次のように批判している。「日本では日教組の教員が率先して、それこそ親や保護者の了解もなしに、日の丸と君が代に対するマイナスのイメージを植え付けるという愚行が、長いあいだ行われてきました。それだけでなく、戦前の国家主義につながるからというデタラメな理屈で、道徳教育までもが否定されてきたのです」。正にその通りであろう。


そして日本人が日本人たる所以は「国民と共にある」天皇という存在があったからだという事を、著者は歴史を踏まえ様々な事例で教えてくれる。私も彼の様なアメリカ人から言われてみて、改めて日本社会のあり方の根っこには天皇陛下の存在があった事に気がつかされたのだが、同時に天皇を基本的に否定するような共産党と野合する日本の野党は、この国を本当に良くしようと思っているのかとの疑問がただちに湧き起こってきた。さて、こういう日本の「国体」を否定する動きは、すべて戦後の進駐軍によるWAR GUILTY INFORMATION PROGRAM(アメリカが日本人を恐れるあまり、二度と強国にならないように精神を改造する計画)によるもので、日本人なかんずくメディアや教育界がこれにすっかり洗脳されてしまった結果が愛国心の拒絶であったと本書は強調する。


最近のネットの発達によって、多くの日本人も朝日・毎日・東京新聞を始めとする左翼的なメディアが流す情報が、相当なバイアスがかかっている事を知るようになった。また右翼の街宣活動も、どうやら多くの第三国の人たちが「右は怖いものだ」とのイメージを皆に植え付けるために行っている面がある事もわかってきた。一方で70数年以上も前の大東亜戦争以前とは世界情勢がすっかり違っているのに、いつまでも懲りる事なく「戦争への道」などと安倍政権を批難し、日本人だけが狂信的に侵略戦争を起こすかのように喧伝する幼稚な勢力が日本にまだ存在しているのも事実である。こうした時代に著者が本書の「おわりに」で「『愛国心』や『天皇』についての誤解とタブーから、ついに日本人が解き放たれるときがきているようです。いや、それはもう多くの日本人にとっては、現実に起きていることかもしれません。」と我々にエールを送ってくれる事は、まことに時宜を得た頼もしいものだと清々しく読了した。

« 井戸の茶碗 | トップページ | 定年後の再就職 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 井戸の茶碗 | トップページ | 定年後の再就職 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ