« 祝「題名のない音楽会」3500回と黛敏郎 | トップページ | ダンス教室その後 »

2017年2月23日 (木)

トイレットペーパー事件

ビールを箱買いするために先日はちょっと離れたスーパーに妻と車で出かけた。車中ラジオから流れるトーク番組のゲストは、お医者さんだろうか脳科学者だろうか、老人の痴呆についての話である。聞くともなく聞いていると、ボケは日本でも外国でも78歳で発症する例がとても多いとか、痴呆でもアルツハイマー型が60数%を占めるなどと云う事が語られている。またボケないように脳を活性化するには、普段使わない身体の部分を意識する事、例えば手が右利きの人はなるべく左手を使って家事や作業するのが良いとの話も流れてくる。運転しつつ妻には「俺は最近ピアノを毎日練習しているし、社交ダンスのレッスンではいつも苦労しているから脳は活性化されているよな」とちょっと自慢しながら帰宅したのだった。


ところが帰宅するなりトイレの方から妻が「ギャ」っと叫ぶ声が聞こえてきた。何事かとトイレに駆けつけると、妻は便器の前で棒のように突っ立ち「それ!」となにやら中を指差している。見るとそこには真新しいトイレットペーパーのロールがまるごと一つ、やや汚ない水にどっぷりと浸かり、みにくく変形してプカプカと不気味に浮いている。「ナニこれ!?、買い物前に最後にトイレ使ったのあなたでしょう!?」と水浸しでグチャグチャのロールをエンガチョとばかりに拾う不服顔の妻である。「いや、キミの後に入ったらペーパーが数センチしか残ってなくて、脇の新しいロールを出したけどすぐ買い物に出るというし、使った後は後ろのタンクの上に置いたけど…」とその時せかされてムっとした気持ちはグッと胸にしまいつつ、しどろもどろに答える私。


「きっと買い物に行ってる間に何かのはずみで滑り落ちたんだよ」などと、ありそうもない言い訳をしてその場を逃げるしかなかったが、どう考えてもこれは私のやった仕業である。新しいトイレットペーパーを出して使った後、おそらく時間がなかったのでロールをホルダーにセットせず脇に置いておくつもりだったのだろう。ところが急いでいると気もそぞろ、無意識のうちに新しいロールを便器に放り込んで流したに違いない。それは大きすぎたのでフラッシュの出口にひっかかり水の流れを悪くした後に浮いてきたのではなかろうか。「流れきらなかった汚水の中からロールを拾って水を絞って捨てたのよ。いくら洗ってもあの感触がよみがえって調理する気がしない」と一日中ブツブツ言う妻に、「まあ、トイレが詰まったりしなくて良かった良かった」と笑って誤魔化す私であった。それ以後トイレを使用するたびに後ろを振り返る事にしたが、「78歳までには10数年あるが、脳の方は大丈夫だろうか?」などと不安を口にしたりすると、「あなたは意識が他にあるといつも似たような事をするわよ」と情け容赦なく妻は言うのだった。

« 祝「題名のない音楽会」3500回と黛敏郎 | トップページ | ダンス教室その後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝「題名のない音楽会」3500回と黛敏郎 | トップページ | ダンス教室その後 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ