« 平戸銘菓・蔦屋のカスドース | トップページ | ねんりんピック東京都選手団解団式とスクワール麹町 »

2016年11月28日 (月)

ビールが認知症を予防する

”ビールの苦味 認知症を予防”すると云う記事が今朝の読売新聞にあった。ビールメーカーと東大や学習院大の共同研究チームが明らかにしたもので、「ホップ由来の苦味成分である『イソα酸』に、脳内の免疫細胞である『ミクログリア』を活性化させ、アミロイドβを除去する作用が見られた」そうだ。このアミロイドβの加齢による脳内蓄積が、国内の認知症(約462万人)の約七割を占めるアルツハイマーの原因とされるとの事で、ビールを飲むとアミロイドβが減少し認知機能の向上が期待できるという。


こういう研究は、後年の詳しい調査やさらなる大研究によって理論が覆ることもしばしばあるが、まずは若い頃から毎日ビールを飲み続けている私にとっては『現時点』での朗報である。思いおこしてみると、小さい時分に父親のビールを口にふくんで「うまい!」などとちょっと無理して言うと、「こいつは大人になったら呑み助になるなあ」などと父親が笑ったのが妙に嬉しかったものだ。高校生の頃のスキーの写真には、友人達とビール片手に談笑しているものがあるから、そのころからビールの味を覚えたのだろうか。


大学生になっても中・長距離の部門は比較的アルコールに寛容で、練習の後よく駅前の中華料理屋で、その頃初めて町でも飲めるようになった”生”ビールで水分を補給した(それまでは町の食堂で飲めるのは瓶ビールのみ)。なにしろ学生の身分ゆえそう贅沢はできなかったから、”生の大ジョッキ”とヒヤヤッコの安いセットばかり注文していた覚えがある(財布に余裕がある時には、サンマーメンつき)。当時マラソンで強かった君原健二選手が、大のビール好きだったというのも「競技とビールはあまり関係ないね」と飲酒を正当化するのには都合よかったものだ。そんな頃からのビール党だから今でもほぼ毎日ジョギングし、夕方になると「何はなくともまずビール」というのが我が生活習慣である。


走って大汗をかいた後シャワーを浴びビールを飲んでいると、心地よく腹が膨れつつ適度なアルコールで脳が少しづつ麻痺し、その感覚は”至福”という言葉がぴったりだ。などと思ってビールを飲み続けていたら、最近の健康診断で痛風の指標である尿酸値が基準を越え「食べ物、飲み物に注意」となってしまった。ビールは尿酸値に良くないそうで、近頃は家では「とりあえずのビール」は、なるべく缶1本だけでやめるようにしている。もっとも最近物忘れがひどくなり、妻にしばしば「ボケは大丈夫!?」と指摘される日々ゆえ、認知症の予防にビールが有効と聞くと、痛風はこわいがビールをもっと飲んでボケ防止したら良いのかとも思えてくる。ならば運動後のビールは同じ1缶なら350ccでなく500ccのにしてみるか、などと記事を読みながら都合の良い解釈を考えるのである。

« 平戸銘菓・蔦屋のカスドース | トップページ | ねんりんピック東京都選手団解団式とスクワール麹町 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平戸銘菓・蔦屋のカスドース | トップページ | ねんりんピック東京都選手団解団式とスクワール麹町 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ