« 秋の予定表 | トップページ | 年に一度の一斉健康診断 »

2016年9月13日 (火)

平和ボケ

都知事選挙に出た鳥越俊太郎が、「日本にどこの国が攻めてくるというのですか?」と集団的自衛権や日米安全保障体制について現政権の姿勢を否定的に語っていたが、彼の様なサヨクは今の憲法さえ後生大事に護っていれば、日本の平和は何もせずとも保たれると錯覚をしているようだ。そんな彼らをあざ笑うかのように、北朝鮮は5度目の核実験を成功させた上、今度の核弾頭のターゲットの一つは日本であると明言している。一方で南シナ海を廻る中国の脅威についてロシアは中国に同調的だし、当事国のフィリピンのドゥテルテ大統領は、南沙諸島問題で中国とどこまで毅然と交渉をするのか甚だ怪しい限りである。


尖閣では相変わらず中国は公船、漁船を繰り出し日本に脅威を与え続けており、次は漁民に扮した中国民兵の上陸かと現場はまさに一触触発の状況だと云う。一方で北朝鮮は韓国を火の海にすると広言しているし、中国は北朝鮮に本気で制裁を加えられるのかも疑問視されている。肝心の韓国は中国にすり寄ったかと思うと、日米の側に回帰したりと、東アジアは「どこの国が攻めてくるのですか」などと平和ボケしたサヨクの理解をはるかに超える魑魅魍魎、国家間の思惑が跳梁跋扈する世界のようだ。こうしてみると「諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と日本国憲法前文に謳われた世界とは、まるで逆方向に事態が進んでいる事がよくわかる。


こんな時に限って、いざとなったら国連があるなどと云う人がいるが、その国連はロシアと並んで中国が常任理事国で、彼らは安全保障理事会の議案拒否権をもっている。ロシアのクリミア問題然り、中国は先の国際司法裁判所の南シナ海についての判断を「紙くず」と切り捨てている通り、法やルールを認めない国である事が明らかになった。こんな国々がキャスティングボードを握っている国連に、我が国や東アジアの安全保障を委ねる事ができるであろうか。「『ドイツ帝国』が世界を破滅させる」(文春文庫)などで有名なフランスの歴史学者エマニュエル・トッドが、文藝春秋2015年9月号で意味じくもこういう趣旨の事を述べている。「日本が軍国主義だったのは20世紀初めのほんのひと時で、当時は世界中がそうだった。なぜ日本の軍隊だけが再び暴走すると日本人だけが恐れるのか」。大東亜戦争のショックから生まれた空想的理念主義による平和ボケをこの辺で改め、我々も憲法改正や国防、安全保障問題についてもっと真剣に考える時が来ていると思う。

« 秋の予定表 | トップページ | 年に一度の一斉健康診断 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。確かに日本は平和ボケしていると思います。ちなみに蓮舫議員の報道見ましたか?あの開き直り会見。日本人はもっと怒るべきです。勘違いでしたでは済まされません。日本人は怒らなさすぎだと思います。もう少し自分達で危機感を持たないと。ちなみに、私事でございますが、近況をご報告しますね。妻の容態もよくなり、今年のはじめから四時間のぱーとですが頑張っておりました。10月からフルタイムに変わり、ようやく生保から抜けると言うところで今度は自分が病気になりました。朝息苦しさを感じ、病院に行ったところ即入院、すぐ手術をし気管支切開をおこないました。調べたところ腫瘍が気管支を埋め、亡くなってもおかしくない状態でした。病名はサルコイドーシスという病名で難病指定がある病気でした。薬で腫瘍を小さくできるのですがもし26日の診察で変わらなければ手術となります。仕事も休職届けで待ってるから帰ってこいと言ってくれてるのでまぁ、安心して妻と闘っています。また進展があったらご報告します。

ひろしげととらさん

いつもコメントありがとうございます。

今の民進党ではまずあり得ない事ですが、蓮舫議員が野党第一党の党首となれば、日本国の総理や自衛隊の最高指揮官になるのも将来は『可能性』としてはある事になります。

噂によれば蓮舫氏は台湾の有効なパスポートを保有しているとか・・・。書き換えを自らの意思でしていながら、「しら」をきっているとすれば相当な人ですね。

事業仕分けはまず蓮舫氏が自分自身にするのが適当だと思います。

お体、大変のご様子、一日も早い回復をお祈りしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の予定表 | トップページ | 年に一度の一斉健康診断 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ