« 飛鳥Ⅱ 秋の日本一周・韓国クルーズ (1) | トップページ | 飛鳥Ⅱ 秋の日本一周・韓国クルーズ (3) 境港編 »

2016年9月28日 (水)

飛鳥Ⅱ 秋の日本一周・韓国クルーズ (2)函館編

1
トラピスチヌ修道院

乗り慣れると云うのはこういう事を指すのだろうか。半年ぶりに乗った飛鳥Ⅱには非日常感をあまり感じないし、何より船内では顔見知りの乗客が急に増えてあちこちでお喋りの花が咲き、時間がいくらあっても足りないくらいだ。五百泊も乗ったアルバトロスクラブの方々には及ぶべくもないが、”本船が我が家”的感覚は宿泊数に応じて幾何級数的に増してくるようだ。こうなると別荘を、などと考えたり、時差やら飛行機の乗り降りがある海外旅行に耐えたりするより、楽ちんな船旅にもっとお金と時間を割こうかとも思うが、今のうちからこれにハマってしまったら、もっと年寄りになった時にどうなるのか思案のしどころである。


などと難しい事は抜きにして、函館、境港、釜山、佐世保、門司港と回り、11泊の日本一周航海は早くも後半になってきた。最初の寄港地、函館では1000円のバス・市電1日乗車券を使い、トラピスチヌ修道院と函館山に観光に行った。函館の女子修道院とかキリスト教と聞くと、私は若い頃に憧れた函館を舞台にした石坂洋次郎の「若い人」をどうしても思い出してしまう。高校生の時分「若い人」の文庫本を二度ほど読んで恋に恋したし、大学になってからはNHKの銀河テレビドラマとなって放送されたこの物語を、毎晩ひそかに楽しみにしていたのである。


と云う事でトラピスチヌ修道院の美しい前庭は、1972年のテレビの「若い人」の事を思い出しながら歩いていた。このドラマは主人公である東京から派遣された若き教師・間崎先生に石坂浩二、函館の奔放かつ美しい生徒・江波恵子が松阪慶子、そして間崎の同僚の香山美子演ずる橋本先生だったが、当時は画面を見ながら、ちょっと年上の香山美子に心惹かれた事が懐かく蘇った。修道院・函館山とめぐった後本船に戻り、今度は市街とは反対の上磯方面にジョギングで出かけたところ、たまたま七重浜の洞爺丸台風遭難の慰霊碑の前を通りがかった。1954年、1155名もの犠牲者を出した洞爺丸遭難の碑に頭を垂れ、飛鳥Ⅱの今航の安全を祈念したのであった。

2
七重浜にある台風海難者慰霊之碑

« 飛鳥Ⅱ 秋の日本一周・韓国クルーズ (1) | トップページ | 飛鳥Ⅱ 秋の日本一周・韓国クルーズ (3) 境港編 »

船・船旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛鳥Ⅱ 秋の日本一周・韓国クルーズ (1) | トップページ | 飛鳥Ⅱ 秋の日本一周・韓国クルーズ (3) 境港編 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ