« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月24日 (水)

NHK FM ジュークボックス

初めてFM放送と云うものの存在を知ったのは、昭和40年代初めの頃、ちょっとませガキだった中学校の友達からだった。その当時始まったAM各局の深夜放送について「私はパック・イン・ミュージック派よ」とか「オレはオールナイトニッポンだ!」などと学校の休み時間によく好みを較べたものだが、そこに「本当に音楽が好きならFM放送を聞かなきゃ」と年が離れた兄をもつその友人が割り込んできたのだった。彼の話を聞きFMとはどんなものなのか、試しに我が家にあったステレオ・プレーヤーに付いていたFMチューナーのフィーダーアンテナを窓際に展張して、初めてステレオ放送なるものを聴いてみた。それにしてもあの頃のステレオ・プレーヤーは家具の様な木調で、応接間なんかにデンと構えて偉そうだった事が懐かしい。


クリスマスや誕生日に貰うお祝いやお年玉などをためて、自分の机で聞けるFMラジオを買ったのはそれから1年くらいだったろうか。雑音の混じる従来のAM放送に較べると音がきれいで歪がなく、なにより右と左の音源から違う音が奏でられるFMステレオ放送に私はたちまち魅了されてしまった。当時はNHKはたしかNHK・FM実験放送局と云い、唯一もう一局あった民放がFM東海・東海大学FM実験放送局であった。FM東海の方は夕方の6時半から9時頃まで東海大学の通信教育高校(望星高校)講座が流されていて、FM放送と云うのはこんなゴールデンタイムに通信教育を放送するのかととても驚いた。その優れた電波特性を活かしてNHKFMはもとより、FM東海も当時はクラシックの音楽番組が数多く放送されており、そのラジオから流れる美しい音楽にどれほど耳を傾けた事であろうか。


さて現在、民放FM各局から流れる番組といえばおしゃべりが中心で、ほとんどAM放送と変わらない内容ゆえ聴く事もすっかり減ってしまった。しかしこれから仕事を離れ家で過ごす時間が増えるにつれ、ラジオを聴く機会も増えるから、昔のような質の高いFM音楽番組をまた放送してくれないものか。串田孫一さんの詩朗読でビバルディが流れたFM東海の「音楽の絵本」のような上質の番組が再び民放FMラジオから流れる日を期待したい。そういえば当時、学校や部活のない平日の午後3時過ぎには、毎日チューニングを合わせたNHKの「FMジュークボックス」の番組テーマ曲、ビリーボーン楽団の「ラブ」を最近Youtubeで発見した。もともとドイツのベルトケンプフェルトが作った曲だが、こちらの楽団の方がテンポや歯切れが良くて私は好きである。これを聴いていると学生時代の様々な場面が蘇って、なんとも懐かしい気分になるのである。

2016年8月22日 (月)

おめでとう山縣君 400米リレー日本チーム

20160822

リオ・オリンピックも最終ステージに入って、注目の陸上競技は日本人選手がメダルもないまま終わってしまうのかと思いつつも、先の週末はテレビで各種目の観戦をする。その中で金曜日の夜遅く実況された50キロ競歩は、荒井広宙選手が終始トップ集団に喰らいつき、どうにもテレビスイッチを切るわけにはいかなくなった。我々の時代は競歩と云うとインカレの得点かせぎとも思われた種目で、中長距離の下級生から歩くのに有望そうな選手者が選ばれては専門の訓練を受けたものである。しかし石川県の輪島では永らく競歩の日本選手権が開催されており、近年は地元の有望なアスリートが競歩を目指しているとの事で、荒井選手も経歴を見ると大学は福井県内、就職先もかつては北陸のホテルと競歩王国の出である事に納得。テレビで見る荒井選手の歩形はとても美しく勝負どころの判断も冷静と、まさに競歩の申し子のような選手で、彼の活躍を見てこの競技に進む若者が多くなる事を期待したい。


荒井選手の興奮さめやらぬ翌日、土曜日は、いよいよ400米リレーの決勝である。6月27日のブログ(山縣亮太君、祝オリンピック・リオ大会の出場)でアップしたように、日本短距離陣はそれぞれの個人種目より、400米リレーでコンビネーションを磨けば、そこそこの処まで行くのではないかと思っていたが、その期待通りに彼らは実によく走った。一走・山縣は例によってあぶなげないスタートで加速も素晴らしいし、2走・飯塚も前を追い上げて快走、3走の桐生は個人のレースよりずっとリラックスして素晴らしい走り(多分フラットレースなら9秒台か)、アンカーのケンブリッジにバトンが渡った時点では、日本がほぼトップの位置である。横を走るのはジャマイカのボルトとアメリカチームとあって、彼がどこまで逃げ切れるのか、テレビを見ている方も思わず力が入る。最後にボルトにやや離されたのは仕方がないとしても、全員9秒台を揃えたアメリカチームを(のち米チームは失格と判定)しのいでケンブリッジがゴールに駆け込むと、画面に向かって思わず「やったー!」と大声で叫んでしまった。


山縣君は、これで母校競走部のなかではベルリンオリンピック棒高跳びの大江季雄さん以来のメダル獲得者となって、来年の創部100年にむけてこれからOB会なども大いに盛り上げてくれる事だろう。そういえばテレビで彼を見ていたら、OB会の会費の他に、毎年払ってきた後輩への特別強化資金を今年はまだ払っていない事に気がついた。様々な優遇措置がある体育の専門的な学校に押されて母校は強化にも苦労しているのだろうが、こういう後輩が出てくるのなら飲み代を数回節約してでも、僅かばかりの寄付は忘れてはならないと自戒の気持ちが蘇ってくる。それにしても日本人は個々で劣っていてもチームワークなら世界と戦う事ができるのを見ると、来たるべき東京オリンピックは、地形や区間距離にバラエティーを富ませた駅伝競技を正式種目として国際陸連に認めさせる事ができないだろうかと興奮冷めやらぬ頭で考えていた。やー、オリンピックってやっぱり面白い!

2016年8月20日 (土)

2度目のルノワール展

201608202

60歳を過ぎた頃から「頭が筋肉で出来ている」などと言われない様に、毎日走る事ばかりでなく少しは文化的な活動にも力を入れようかと思いはじめた。最近習っている社交ダンスしかり、50年ぶりに再開したピアノの練習しかりだが、もう一つ絵が描けたらどんなに素敵だろうかと日頃から夢をみる。まもなく来る退職の後、あり余る時間はスケッチブックを持って公園や郊外に出かけ、ひがな一日風景を写生をしている自分を想像するが、その前に絵を描く事は中学の美術の授業以来だから、どこから手をつけて良いのか皆目わからないのが実際である。


という事で、フランスのオルセー美術館とオランジュリー美術館所蔵のルノワールの絵画など100点あまりが集まったルノワール展が東京の国立近代美術館で開催されているので、先日妻と再び行く事にした。かつて欧米へ旅行しても、美術館という場所が私はどうにも苦手で、入ってもすぐに退屈したものだった。そのため有名な美術館に行ける機会をパスしてしまう事の連続で、妻の顰蹙を大いにかっていたが少しづつ人は変るのだ。文化的な人間への変身、「頭が筋肉で出来て」いない事を証明する為には、美術館に気軽に行く姿も妻に見せねばなるまい。以前にも一度見た印象派のルノワールなら、まあとっつき易いということもある。


金曜日の夕方、仕事を終え六本木の喧騒を脇目に、盛り場からほど近い国立新美術館に久しぶりに赴くと、予想どおりルノワールの絵は筆致が素晴らしく、芸術音痴の私でもそれなりに楽しめる。前回は (前回のブログ) 裸婦像ばかりが眼に残ったが、今回は「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」(上のパネル)や「草原の坂道」など、印象派が得意とする屋外を描いた絵や光の変化に心を奪われた。こうして名作の「実物」を眼前にすると、作者の息吹が伝わって来るような気もしてくる。


それにしても今回、美術館の雰囲気というものは、なかなか快適なものである事にあらためて気がついた。来館する多くの人たちは、概して身なりもそれなりにきちんとしている上、館内では人と人が微妙に”大人”の距離で近過ぎず離れずの感覚だ。盛り場にいる奇抜な格好をした若者もほとんどいないし、親と一緒に来た子供達もよくしつけられている。こういう場所に来て、気持ちよい人たちに混ざって芸術作品を見ていると、何だかこちらも心が洗われたような気分になり、帰り道に六本木でとったビールや餃子も事のほか美味しく感じた。芸術と食欲の秋を一足前に堪能して帰宅したが、こういう週末の過ごし方もなかなか良いと、かつての美術食わず嫌いをちょっと反省したのだった。


2016年8月16日 (火)

終戦の日・靖国神社参拝

20160816
昨日の靖国神社拝殿

昨日、終戦の日は靖国神社に妻とお参りに行った。仕事を終え午後5時半頃に着いた九段下周辺は、近くの武道館で行われた全国戦没者追悼式の警備に当たった機動隊やその車両でまだごったかえしていた。しかしこの時間になっても地下鉄の駅各出口から、靖国神社へ向かう人の列は続々と途切れる事なく大河のごとく流れている。我々は8月15日になると毎年靖国に参拝するわけではないが、それでも何年かに一度、この日にここに来るたびに参拝する人が増えている事を実感する。


九段坂の急勾配を登り、境内に入ると三・八式歩兵銃を背にした旧陸軍兵のコスプレ姿なども一部に見られたが、ほとんどの人がフツーの善男・善女である事がわかる。薄暮の頃こうして境内を歩いていると、仕事を終えたあと、職場や家族単位で参拝にきている人が多いようである。拝殿の前にできた参拝の列の中では、子供に向かって「二礼・二拍・一礼よ」と作法を教えるお母さんの声もして、あたりには微笑ましい雰囲気さえただよってくる。こうしてお参りをしていると、日本も良い方向に向かっている気分がしてならない。


それにつけても、なぜ日本の政治家が日本人の戦没者を靖国神社で弔う事を、よその国からあれこれ言われるのか誠に腹立たしい。広島や長崎に原爆を投下し多数の市民を犠牲にした戦争犯罪国のアメリカで、戦没者の慰霊施設でもあるアーリントン墓地に米国政府の指導者たちが訪れようと他国からは何も文句が出ない。なぜ日本だけが合祀が云々だと他国から明らかな内政干渉を受けなければならないのか。国のために亡くなった方々にはA級もB・C級もないと私は考える。そしてそういう批判をする中国・韓国の世論に火を付け、それを煽るのがもっぱら日本の左翼勢力やメディアだというのがなんとも情けない限りである。

2016年8月15日 (月)

自滅するアメリカ帝国 

20160815


私は自らを「親米の保守派」と考えており、これまで「日米は価値観を共有する戦略的な互恵関係にある」という常套文句にあまり疑問を持たず、日米安全保障体制を信頼してきた。そんな私であるが、永らくアメリカに住み国際政治を研究してきた伊藤貫氏の「自滅するアメリカ帝国 日本よ、独立せよ」(文春新書2012年3月発行)を読んでいるうちにいささか複雑な気持ちになってきた。


まず伊藤氏は本書でアメリカの建て前と独善的な外交を、かなり辛らつに批評しているが、これを読むと「そんなに嫌いなアメリカに伊藤氏はなぜずっと住んでいるのか」という素朴な疑問にただちに直面した。我が国にも日本の悪口などを散々言いたい放題言いながら、結局日本に滞在するメリットを最大限にエンジョイする姜尚中のような人間がいるが、在米の伊藤氏を我々は普段メディアであまり見たり聞いたりできないだけに、その反米的な立ち位置の背後に何があるのか、もう少し彼の発言を聞いてみたい気はする。


とはいうものの、本書は新書の域を超える力の入った大作で、読み進むにつれ「ウン、なるほど!」と眼からウロコ、ほっぺたをひっぱたかれたような気持ちになる箇所が多い。伊藤氏は世界の歴史の主流を為してきたものは、いくつもの大国による権力の多極化構造(バランス・オブ・パワー)であって、第二次大戦後におきた米ソ冷戦2極化時代はごく特殊な例外であり、ましてやその後に米国が目指した一極覇権の戦略はまったくの夢物語であった事を、様々な学者や識者の考えを紹介しながら説いていく。


氏によると、アメリカは敗戦国である日本をいつまでもアメリカの属国状態にしておく事が、国益に沿ったものと考えており、”親日派”といわれるナイやアーミテージなどが言う「価値観を共有する日米同盟体制」というフレーズこそが彼らの二枚舌の表れだと説く。伊藤氏の言う日本を独立させまいとする米国の本音が果たして本当なのか、はたまた日米の安全保障体制が互恵的なものなのか私は判断できないが、氏の博識と知見、キッシンジャーはじめ様々な人達との交流や、米国在住ならでは体験に基づいた彼の自論の展開には説得力があるようにも読める。


伊藤氏は、我が国は日米安保体制を堅持すれば良いと考える「親米保守」派は、アメリカに押しつけられた憲法を後生大事に護っていれば良いとする「護憲左翼」と同じくらいナイーブな思考停止集団だと怒る。この先、中国の台頭を始めロシアの復活などで、歴史はその常態である多極化構造に戻るのが必至の中で、財政赤字にあえぐ上にベビーブーマー世代が引退するアメリカは、今まで通りの軍事サービスを世界に供給できない事が明白だと彼は力説する。


本書によると経済成長を続ける中国の台頭のほか、ロシア・中国・北朝鮮の核保有国に三方を囲まれている日本は、地政学的にとても厳しいポジションにあり、そういう情勢の下で我が国が生き残る道は、安全保障の多極化(バランス・オブ・パワー)に即応し、同盟国依存を脱却して自己の防衛力を整え、真の独立を果たす事が重要なのだそうだ。なかんずく保有している事が直ちに戦争への抑止力となる核兵器を、少数でもよいから日本が備える事が軍事費の増大なく独立を全うし、米国に依存せず安全保障をなすポイントであると氏は強調する。


北朝鮮がなぜ国際的に注目されるのかを考えると、米国を射程に置く核を準備しているからであり、氏の提案も決して奇抜なものとは思えず、これはこれで充分に検討する価値がある論だと本書を読んで感じた。すでに安部政権はこの本にある如くインドとの絆の強化をはかり、一方ではロシアとの独自な外交を試みており、「日本よ、独立せよ、弱体化する米国の属国に甘んじるのでなく、一極依存体制から脱してバランス・オブ・パワーを目指せ!さもなくば台頭する中国に対抗できない」と説く伊藤氏の声は、すでに現政権によって徐々に体現されているのかもしれないとやや心強く思ったのだった。

2016年8月 9日 (火)

電話調査

昨晩午後九時、夕食も終わって寛いでいた頃我が家の電話が鳴った。出てみると知らぬ女性の慇懃な声が受話器の向こうで響くので、最初はまた何かの売り込みかと思ったが、まあ話を聞くかと切らずにいると、大手通信社の天皇陛下ご退位の国民に向けた「お気持ち」に関するアンケートだと云う。コンピューターによって無作為に選ばれた番号への電話質問だと説明するし、どうやらその女性の口調はインチキでもなさそうなので、ほろ酔い気分もあってゆっくりと電話口の質問に答えることした。


まず冒頭に支持政党や安部政権の事を聞かれた記憶があるが。むろん自民党支持で安部政権も支持していると答える。次に天皇陛下の「お気持ち」をどう思うかとか、お気持ちに沿って法整備をすべきかという幾つかの質問には「イエス」と答えるも、ただちに制度を変えるべきかとか退位または摂政などの選択肢のどれが良いかという趣旨の質問には、もう少し議論が必要で「今の時点ではわからない」旨の答えをした。最後にこちらの年齢や管理職か否かなどの簡単な身元を聞かれて電話アンケートは終了したが、この間かかった時間は約5分くらいであったろうか。


結果は明日10日(水)の東京新聞に出るというので、ふだんは買わない左に偏った新聞ではあるが、これを買って我が答えが他の人とどのくらい違っているのか確認してみるのも一興だ。今回の陛下のお言葉は国民に寄り添うお気持ちから、もし体がいう事を聞かなくなった時にどうされるのか、昭和天皇の際の如く長い期間の自粛によって我が国の諸活動が停滞する事がないようにお考えになった重いお言葉であった。


私は天皇制が政治に関与したなどという事でなく、今回は天皇陛下のお気持ちを具体化していったら良いと考えている。それにつけても、これまでメディアなどによる様々な調査は、本当に公平に行われているのかやや疑問を持っていたのだが、今回は図らずも回答者になってみてその現実性がちょっと増したような気がした。ただ若い人など、固定電話を持たずスマホしかないような層の調査は一体どうするのだろうか。

2016年8月 6日 (土)

プロに習うという事

妻に「ダンスはまずリードする男性が覚えて」と言われ 一念発起してダンスの個人レッスンに通い始めて早や2ヶ月(前回Shall we dance again?)。週に1度、会社の帰り道にダンススタジオに立ち寄り、女性の先生に30分ほど教えてもらうのだが、彼女は妻よりも相当若く、ダンスの日にはランチでにんにくの入った餃子など注文するのに躊躇したりしてどうも落ち着かない。こんなのやめて、家に帰ってビールでも飲みたいとの思いにつど駆られるが、すぐにそうするのも尻尾を巻いて逃げる様でしゃくで続けるのである。


それはそうとダンス教室などは、今までの私の行動パターンから縁のなかった場所である。競技ダンス部なのだろうか、レッスンを受けるフロアの傍らでは若い男性がテレビのショーダンスの如き振りで練習している日もあって、「へえ、若い男がこんなの踊るのか」などと改めてカルチャーショックである。もっともせっかく育てた息子が、体をくねらせお尻を振って踊っていたら彼の父親はなんて嘆くのだろうかなどと、つい時代錯誤の考えが浮かんできてしまう。


毎日通った飛鳥Ⅱの船上ダンス教室の先生が「日本は学校のダンス部出身の人が主に先生になるので、踊り方が競技ダンスの延長のようになります」と言っていたが、ワールドクルーズの船上ではしばしばこれみよがし、顔面は必死のボールルームダンスが目についた。本当を云えば私はアメリカ人がプロムで踊るような、べた足の気軽なダンスを習得したいところなのだが、ここは日本ゆえまず流儀にしたがって『真面目』にダンスを習い、ちょっとわかってきたらあとで自分で変えていくしかないのだろう。


という事でまずは正統派ワルツの練習である。船上でやったように大勢でステップを追いかける練習と違い、ここでは”決め”のポーズのほか、「ステップは地面を上から踏むのでなく流れるように前へ」とか「大きな円運動」、体の「ライズとフォール」などと「ワルツ」らしい運動を繰り返し教えてくれる処が個人指導たる所以である。若い頃は体をくねらせるような男はひっぱたいてやりたい、などと思っていたが、今では自分が一生懸命体をひねったりしてポーズをつけたりするのだから何ともおかしい。


こうして、あちらを意識すればこちらがおろそかになるを繰り返しつつ、少しづつ「それらしい」形になっていくのだろうか。先生からは「そろそろタンゴも練習しましょう」というところになったが、この先どこまでダンスが続く事であろうか。うまくなっても「男性の体の一部と女性の一部を密着させて意思を伝えるのですよ」などと云う種目を妻以外の女性と行うのに、なんとも面はゆさを感じてしまうのはぬぐえないだろう。もっともダンスの練習を妻とやると決まって「お前が悪い」「いやあなたがオカシイ」と喧嘩になるものである。


よって若い先生から「そう、それで良いです、上達をしています」と云われ「ああ、なるほど」とポイントが少しでもわかると嬉しいもので、プロに金を払って習うとやはり上達が違うものだと気づかされる。考えてみれば、これまで「無駄な自尊心」「根拠のない自信」にとらわれて人にモノを教わる事が苦手だったが、ダンスで個人レッスンを経験してみると、プロに金を払って習っていたらもっと上達できた種目もあったかも、とあらためて思えてくる。たとえばゴルフは永年、お金も時間もかけたものの結局うまくならず、最近はあほらしくなってプレーする事も止めてしまったが、もう一度最初からプロに習ってみようか、などという気持ちになってくるのである。

2016年8月 3日 (水)

2016年夏

高校野球の神奈川県大会は、慶応義塾高校が準々決勝で東海大相模にコールド勝ちし、準決勝でも桐蔭学園を破り、先の日曜日は横浜スタジアムに於いて決勝戦を戦った。決勝の対戦相手である横浜高校は投手陣が素晴らしいと聞いていたので、相手の実力がやや優るのかと思いながらも、日曜はテレビの実況中継で慶応高校を応援していた。はたして試合は9対3で慶応高校が力負けとなり、8年ぶりの甲子園出場の夢は叶わなかったのはまあ仕方がないところだろう。もっとも8年前にKEIOのユニフォームを着て甲子園で投げた只野君や、その一年上の伊場君がテレビの応援インタビューに出てきて、彼らがすっかり社会人の容貌になり頼もしく見えたのは嬉しかった。決勝では両校とも下級生の活躍が目立ったが、横浜高校や準決勝の桐蔭学園からも多くの選手が東京六大学に進むだろうから、慶応高校の選手と共に成長した彼らを神宮球場の大学野球の場でまた見る事ができるだろう。


この週末のもう一つの大きな行事、都知事選は朝一番で投票へ行き、夫婦揃って小池ゆりこ候補に投票した。以前アップ(「舛添騒動・権力を得た者がする事・韓国人学校問題(2016年5月13日)」)したとおり、新宿区の市ヶ谷商業高校跡地に枡添前知事が独断で韓国の朴大統領と約束した韓国人のための学校建設案があるが、ここはもともと多くの待機児童ための施設を作りたいと云う地元の要望があった場所である。小池さんは、かねてより当選したらこの韓国人学校案を破棄すると公言していたから今後が大いに楽しみである。さて選挙は当初より鳥越候補が当選する事はあるまいと思っていたが、それでも保守陣営が増田候補と小池候補と二つに分裂してしまったのはやや心配であった。当日は投票所である近所の小学校に、思ったより多くの人が朝から来て都民の関心の高さが伺えたとおり、最終的な投票率は60%近くとなったそうだ。それにしても週刊誌にスキャンダルを書かれると「すべて弁護士に任せた」と逃げる鳥越候補は呆れたものだ。結局彼はサヨク特有の他人の批判はやり放題、しかし自分が批難されるとただちに「権力」にすがる2枚舌の典型みたいな男だった。こんなのが都知事にならなくて本当に良かった。


この夏はいろいろな働き方の実験をするので、勤務している会社は「在宅勤務」のトライアルを行うと云う。働く世代が減る中で、女性の社会進出や育児と仕事の両立を計ると云う実験趣旨はよく理解できるも、嘱託のおじさんとしては日々ルーティーンワークがあるわけでないから、自宅勤務と言われてもちょっと面食らうのである。在宅で勤務と云うのは一定の就業時間は自宅のパソコンの前に座ってメールに対応したり、スカイプで職場の人と会議をするらしいが、相談係り兼教育係としてはどういう事になるのだろうか。以前は一日中電話が鳴り響き、笑い声や怒鳴り声、叱責や謝る声などで満ちていた職場も、今ではひたすらメールでパソコンのキーを打つ音が響くのみだ。電話中の隣の席へ外から電話がかかると、電話を受けた人が「○○さんから電話、コールバックして下さい」と隣人にメールする時代である。例えそれが社会の要請であろうと、スカイプや携帯端末やらIT機器に囲まれて仕事をすすめる事にどうも抵抗を感じ、「そろそろ引退の時期かなあ」と呟く2016年夏である。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ