« 東京の街の秘密50(内田宗治) 玉川上水 | トップページ | 2016年夏 »

2016年7月28日 (木)

行進曲『軍艦』百年の航跡

<201608

元海上自衛隊・東京音楽隊長で吹奏楽史研究家の谷村政次郎氏が2000年に出した「行進曲『軍艦』百年の航跡」を図書館で借りて読んだ。作曲者の瀬戸口藤吉や作詞の鳥山啓のそれぞれの生い立や彼らを取り巻く歴史、二人の如何なる関わりからこの名曲が誕生したかなど、我々の耳になじんだ名曲「軍艦マーチ」にまつわる様々なエピソードが本書で語られている。「軍艦」が明治33年に初演された際の経緯や、大東亜戦争後の著作権問題にいたるまで、この名マーチの生い立ちについて詳細を初めて知る事ができて興味深い内容であった。さらに皇太子殿下(今上天皇)のご成婚パレードや、東京オリンピックなどの晴れがましい場で、著者が実際にこのマーチを演奏した時の逸話などが本書を飾っている。


かつて黛敏郎氏が存命だった頃、TVの「題名のない音楽会」で、音楽的にも「軍艦マーチ」は素晴らしいと誉めていた事を、本書を読んであらためて思いだした。日本固有の土着的リズムと西洋音楽の感性を融合させ、トリオの「海ゆかば」では雅楽的な調べをミックスしたこのマーチを聞くと、我が国独自のマーチを創造しようという作曲者の心意気を感じるのである。一方で演奏する側にとってもなかなか難易度の高い曲だと云うあたり、西洋の楽器に触れて高々30数年に過ぎない中で、西欧文化のキャッチアップを急ぐ意気軒昂たる明治人の気骨を見るようでもある。


さて、よく行く日比谷公園野外音楽堂の消防庁音楽隊・金曜都民コンサートで、今春のシリーズ最後に演奏されたのが「軍艦マーチ」であった。ここで音楽隊隊長の五十嵐氏が、壇上から「この曲にはいろいろな考えを持つ人がいるかもしれないが、それは別として音楽を楽しんで」旨のコメントを発するのを演奏前に聞いた。しかし本書によれば東南アジア始め世界各国では、我が国のいわゆるサヨク系大新聞などが書き立てるように、旧軍国日本と結びつけて「軍艦マーチ」を気にする人などはまったくいないとの事。音楽隊隊長のコメントに込めた杞憂がまったく必要なくなる時代が早く到来しないかと思っていたら、たまたま一緒にコンサートに行った会社の新入社員からは「『軍艦マーチ』って何ですか?」と聞かれたのには思わずのけぞった。最近はパチンコ屋でも「軍艦マーチ」がかからないのであろうか?戦後は遠くなりにけり、か?

« 東京の街の秘密50(内田宗治) 玉川上水 | トップページ | 2016年夏 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京の街の秘密50(内田宗治) 玉川上水 | トップページ | 2016年夏 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ