« スポーツゴジラ 31号 たかがスポーツ紙 されどスポーツ紙 | トップページ | ねんりんピック長崎2016 »

2016年5月30日 (月)

オバマ大統領の声明

ロシアや中国の勝手な振る舞いを見るにつけ、オバマ大統領がこれまで採ってきた無為無策によって、世界中で紛争の炎が広まってきたと私は認識している。早く任期が来て大統領が交代しないものかと思っていたが、ここへ来て共和党から躍り出たトランプ候補は本当の馬鹿ではないか、ともっと心配になってくるところだ。そんななか、オバマ大統領が伊勢志摩サミットを機に広島の被爆地を訪問した。私は歴史については様々な捉え方や側面があって、謝罪や懺悔の類をいつまでもする事はないと思っているから、オバマ大統領が広島を訪問する必要もないと思っていた。しかし献花の様子や被爆者団体代表の人との抱擁場面をテレビで見ているうち、彼がその理想主義の着地点として広島を選んだ事が画面から伝わって、我がオバマ像も少しばかり修正するかと云う気持ちになってきた。という事で、広島でのオバマ大統領によるかなり長文の声明をあらためて読んでみる事にした。


"Seventy-one years ago,・・・・death fell from the sky and the world was changed."で始まる声明文は、人類史的な視点から構成されている。"Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us."" The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well."(人間社会の進歩を伴わない科学技術の進歩は我々に破壊をもたらしかねない。原子分裂をもたらした科学の進歩は、また人間に道徳的な変革も要求している)などと声明の前半を読んでいると、すぐれて文明史論なテキストの彼方へ、広島や長崎の悲劇が覆い隠されてしまった感がする。声明中に出てくる"responsibility"と云う単語 も " We have a shared responsibility to look directly into the eye of history."(我々は歴史を直視する責任を共有する)とあって、まるで原爆投下は人類全体の責任だとばかりの表現にいささか戸惑ってしまう。


しかし全体を読み進めると、" We can learn. We can choose. We can tell our children a different story. One that describes common humanity, one that makes war less likely, and cruelty less easily accepted.""We see these stories in the Hibakusha" (我々は学び選択する事ができる。戦争がおきる可能性を減らし、残酷なものを簡単に受け入れない。そのストーリーを体現しているのが被爆者である)とも彼は述べている。今回の広島訪問で『米国は謝罪しない』という大前提があるにもかかわらず、いやそれがあるからこそ、文中に彼の本音らしい広島への思いが表されている様だ。「人類は一つであり(We are part of a single human family)、それを我々が伝えなければならない(That is the story that we all must tell.)」為に" That is why we come to Hiroshima"(私は広島に来た)と崇高な文章にまぎれさせた中に、広島に対する彼の贖罪的な真意が見えた気がした。


こうして私は、オバマ大統領の事をやや見直したところだが、さて今年12月で75周年になる真珠湾に安倍首相は行くのだろうか。オバマ氏の広島訪問が必要ないと考えていたのと同じく、私は安倍総理も真珠湾の行事へは参加すべきでないと思っていた。しかしここで誰が次の米国大統領になるかに係らず、オバマ氏の広島訪問に次いで安倍首相が真珠湾に行く事によって、日米の絆がゆるぎない事を世界に示す事ができるのではないだろうか。中国の無法な振る舞いが地域の脅威になりつつある今、これによってかつての敵同士であった日米が世界で最も信頼できる同盟国になり、その間にクサビを打つ事が容易でない事をより強く世界に示せるだろう。それと共に首相が未来に向けたスピーチを真珠湾で行えば、いつまでたっても謝罪や賠償が基準となる韓国へ、我らが次元の高さを示す事にもなるのではないか。

« スポーツゴジラ 31号 たかがスポーツ紙 されどスポーツ紙 | トップページ | ねんりんピック長崎2016 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スポーツゴジラ 31号 たかがスポーツ紙 されどスポーツ紙 | トップページ | ねんりんピック長崎2016 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ