« 南極・南米ワールドクルーズから帰って | トップページ | 飛鳥Ⅱ 南極・南米ワールドクルーズ コントラクトブリッジ編 »

2016年3月26日 (土)

飛鳥Ⅱ 南極・南米ワールドクルーズ ダンス編

20160325

100日間の長いクルーズである。そのうち洋上にいる航海日が7割以上という日程なので、何か習い事か船内アクティビティに積極的に参加しなければ間が持たない。という事で例によってダンス教室とコントラクトブリッジ教室、それに今回はピアノ個人レッスン(有料)の3つを選択する事にした。そのダンスである。クイーンエリザベスは知らないが、これまでに乗ったプレミアムクラスの外国船でも、日本人がやるような教科書的ボールルームダンスはほとんど見た事がない。外国船ではだいたい音楽に合わせて男女が楽しそうにステップを踏んでいるだけで、シャッセだとかオーバースウェイなどと競技の様な踊りとはおよそ無縁である。しかしここは日本船、我々の文化にはない「借り物」「まね事」だから、まあ教科書的ダンスも已む無しかと旅の無聊を慰めるためにダンス教室に参加した。


初日の教室、ダンス会場のクラブ2100に行ってまずびっくりしたのは、ほとんどの参加者がダンス専用シューズを履いている事であった。このダンスシューズというもの、足にぴったりし過ぎていて25センチと足のサイズが小さめの私などが履くと、まるで「まぬけの小足」と笑われそうである。よって今回もそんな物は買わずに参加したところ、初心者コース男性約30人のうち、ダンスシューズを履かぬのはわずか数名という状態のレッスンであった。参加者は皆なんでこんなにダンスに熱心なのかと云うほど真剣な表情なのだが、これは「借り物文化」ゆえ仕方がない事なのだろうか。最も閉口したのはしばしばかかる「次は奥さん以外と組んで踊って下さい」と云う先生の号令。そもそも圧倒的に女性の参加者が多いので、男性は二度三度踊る必要があるのだが、競技会に出る人もちらほらいる会場では他人の面倒などは上手い人に任せ、ヨチヨチ歩きの私は妻以外に恥をさらしたくないのである。


柱の陰などに隠れて先生と眼が合わぬ様にそんな号令をやり過ごす度に、大枚払って乗船して何でこんな試練を味わわなければならないのかと毎回思ってしまう。前回のワールドクルーズでそれなりに覚えたつもりだったステップも何もしないこの5年の間に記憶からすっかり消え去り、シューズを買って参加する真剣な眼差しの参加者たちに圧倒されつつ100日間のクルーズを終えたのであった。さて前回のワールドクルーズでは私達と同じレベルだったものの下船後もダンス教室に通い、今回時々妻と踊ってくれた男性がいて、妻はそのホールドが以前とまったく違うと航海中は絶賛の嵐である。果ては「ダンスは男性いかんよ。あなたも下船後はまず一人でダンス教室に通ってうまくなって」と言い出す始末で、これでダンスからの解放かと横浜を前にホッとしている私を悩ます宿題が出てきたのであった。

以前のダンスに関するブログ

« 南極・南米ワールドクルーズから帰って | トップページ | 飛鳥Ⅱ 南極・南米ワールドクルーズ コントラクトブリッジ編 »

船・船旅」カテゴリの記事

コメント

バルクキャリアー様お帰りなさい。
期待どうりの楽しい旅であったようですね。

ダンスの話、笑っちゃいました。
後、今回の航海のブログでへーと思ったのは、寄港していた時ミツバチがよってきた写真を見た時と洋上生活では鼻毛ののびが少ないと聞いたことです。
このような事は実際に経験しないと思いもつかないことですね。

また楽しい話を聞かせて下さい。


親スズメ様

いつもコメントありがとうございます。

ダンス、コントラクトブリッジは(日本では)客船の”通”らしく振舞う二大競技でしょう。そんなものにチャレンジする私自身もスノッブと云えばその通りだと自嘲するのですが、確かにマスターしてしまえば音楽と時間に溢れている船上では面白い遊戯である事は間違いないと思います。
しかしそれに対してどこか斜に構える自分もいて、その当たりをブログでうまく表現できたら・・・・とも思います。

また船上では朝食に行くのも数百米歩くので結構歩行距離も多く、その他毎日ジョギングもしていたので、私や妻は人の倍くらい夕食を摂っているのにかかわらず体重は減って下船しました。

いろいろ船上で気づいた事などをまたアップしていきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南極・南米ワールドクルーズから帰って | トップページ | 飛鳥Ⅱ 南極・南米ワールドクルーズ コントラクトブリッジ編 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ