« 町の中華料理屋 | トップページ | 自動車船船内見学 M/V APHRODITE LEADER »

2015年7月21日 (火)

毎日が日曜日の予行演習

先週末から海の日の3連休を利用して夏休みを取得している。連続12日の比較的長い休みになったが、今回は特にクルーズや海外旅行などの大きな行事もないので毎日自宅でのんびり気分である。実は今の会社に入る前、飛鳥Ⅱのワールドクルーズの際にもその前後で数ヶ月ほどぶらぶらしていたので、自宅での時間の過ごし方は心得ているつもりだったが、やはり組織でそれなりに4年間サラリーマンとして働くうち、勤務グセがついてしまったかも知れず、実は何もない休みに心身が耐えられるのかチョット不安ではあった。


しかし実際に休みに入ると何のことはない、毎日いろいろな雑事で時間があっという間に過ぎていく。元来、ほっておくと休みはヒゲもそらずに寝巻きや下着で一日家の中をうろうしがちなところだが、この夏はあまりだらけたくない一心で、朝起きるとすぐお約束の血圧測定、それに会社がなくとも寝巻きを着替え、ひげも剃る事にした。なにしろ間もなくやってくる「毎日が日曜日」の予行演習の夏休みだから、一応それなりに規律を保とうと自覚をあらたにするのである。次に簡単な朝食を摂りながら、小学生の夏休みの様にその日の行動計画をたてるが、まあ予定の50%くらいできれば良いかと、欲張らない事が精神的に快適な生活を送るこつの様だ。


日課のジョギングは涼しくなった夕方に行うと決めた上、まず朝から恒例のズボンのプレスや洗濯物のアイロンがけ、靴磨きなどをし、休みに読もうと買っておいた本もチョロチョロとページをめくる。その他、何といっても懸案であったここ10年ほどのたまりにたまった各種の書類の整理が待っている。新卒以来永く勤めていた以前の会社の退職関係書類、幼稚園やら中学、高校などの同窓会の書類、父が亡くなる前後の諸手続き関連書類など、これまでの人生でたまりにたまったファイルの大整理である。さて10年見なかった物はこの先も一生見る事のないと割り切って捨てようか、いやこれらも思い出の品としてとっておこうかと一々迷うから作業を始めると時間が幾らあっても足りない。


先のブログでアップした一曲入魂のモーツアルト・ピアノソナタ(トルコ行進曲付き)も、1ヶ月練習してやっと第一変奏曲だけは通して弾ける様になった。まだまだ途中でつっかえる時があって、傍らで家事をしながら聞くともなく聞いている妻が、「あ、そこ間違えているよ」などとうるさい。ありがたい忠告ではあるものの、それに気をとられるとせっかくスムースに出来ていたパートまでが流れなくなるので、夏休み中はイヤホンをして音を出さずに練習したりする。それでもCDにすれば最初の約4分弱、あこがれのソナタのメロディを自分で奏でられるとあってついつい予想以上にピアノにむかってしまう。子供の頃はとにかくピアノの練習をサボりたく、夏休みはいつも親に無理やりピアノの前に座らされていた身も、人生後半ではまったく態度が変わるのだと何やらおかしな気分である。何もない休みもなかなか味わい深いものである。

« 町の中華料理屋 | トップページ | 自動車船船内見学 M/V APHRODITE LEADER »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 町の中華料理屋 | トップページ | 自動車船船内見学 M/V APHRODITE LEADER »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ