« 退職後のさ・し・す・せ・そ | トップページ | 「戦後七0年『右傾化』批判の正体」 »

2015年6月17日 (水)

18歳参政権は正しいのか?

驚いた。日本が戦争に巻き込まれる等とほとんど荒唐無稽な事を議論をしているのが今の国会だと思っていたら、18歳から選挙権を与える改正公職選挙法があっさりと参院で可決されたという。与党も野党も含めた全会一致の賛成で、これで来年の参院選挙から18歳の投票が可能となるそうだが、AKBの選挙ではあるまいし、はっきり言って私は大反対である。人口の高齢化に伴い、老人に人気ある政策ばかりが優先される事について、世の中に危惧が広まってきた事がこの改正の背景にあるとされるが、それは候補者の質の問題で別次元の話であろう。


何でも満ち足りたこの時代、今の18歳と云えば私たちの世代よりはるかに豊かな環境で育ち、生活に不自由を感じる事も少ないはずだ。高校生の有権者のなかには、まだ存在するらしい日教組の思想に毒された者もいるだろうし、社会経験の乏しさで幼稚性から脱していない若者もいるかもしれない。税金を充分に払っていない者もいる事だろうし、親の丸抱えスネ齧り大学生も多い事だろう。『生活』の実際に直面していない彼らが政治に参加して本当に大丈夫なのだろうか。


自分の事を顧ると大学の下級生時代には、右寄りながら政治や社会に関してしっかりとした意識は持ってはいなかった。当時は我が母校でも全共闘などと称する一部の人達によって、バリケードが大学構内に作られ講義が1年近く中断されたが、すねかじりで大学に行く身でありながら、私はスト破り行為を敢行したりバリケードに殴りこみをかける事もなく、「学校が休みでよかった」とばかり講義や試験が行われない事に安穏としていたものだった。思えば恥ずかしい限りで、選挙権などおこがましい程度の意識であった。


私はいま、国政選挙から東京特別区の議員選挙まで選挙には欠かさず行っているが、ここでは地方議員の選挙などの投票率はシニアを中心にせいぜい30~40%程度である。そもそも人々の暮らしぶりや政治のあり方に興味のない人達を有権者にしても、しょせん人気投票の様なものになるだけで、本当にふさわしい人達が選ばれるようになるのだろうか。ポピュリズムや人気投票が促進される事が予想されるような選挙権年齢引き下げに危惧するのである。集団的自衛権などより18歳投票権の方がはるかに問題ではないだろうか。

« 退職後のさ・し・す・せ・そ | トップページ | 「戦後七0年『右傾化』批判の正体」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 退職後のさ・し・す・せ・そ | トップページ | 「戦後七0年『右傾化』批判の正体」 »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ