« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

我にものいう桜木を

この季節、テレビニュースを見ていると「 桜の花を見ていると日本人でよかったと思った」との花見客のコメントが画面から流れてくる。私も桜の花がここぞと咲き誇っているのを見て「ああ、よくぞ日本に生まれけり」という思いが胸に湧きおこってくる。桜の花は日本の春の象徴であるとともに、この季節に行われる卒業式や入学式などの記憶と相俟って人々の心を動かすのだろうか。その散り際があっけないのも、日本人の生きざまを示すようで何やら美学的である。という事で今年も千鳥が淵や江戸川橋など都内あちこちに桜の見物に行ってみた。どこも朝から多くの花見客で賑わっているし、コンバーチブルの屋根を開け桜並木の下をゆっくり流すイキなクルマがちらほら走っているのも東京ならではか。


そう云えば韓国の人たちは、例によってソメイヨシノもまた自分たちが起源だと言っているそうだが、それはお笑いとして、たしかに10年ほど前ソウルの漢江で見事な桜並木を取引先の人々と見た記憶がある。ただ当時ソウルではあたり一帯をライトアップする事もなくごく質素な花見で、日本の様に皆で酒を飲みどんちゃんと賑やかに遊ぶのとはかなり風情が違っていた。落語の「長屋の花見」ではないが、皆で花見酒をのんで春の到来を楽しむというのは、我が固有の文化だと云えよう。もっとも都内あちこちの花見の宴をのぞくと、最近は日本人に混じって西欧系やラテン系など肌の色の違う人達も多く参加しており、花見も随分と国際的になったものである。


昨日は会社の昼休みに墨堤まで歩いて行き、「 春のうららの隅田川」 を口ずさみながら一人コンビ二弁当を食べた。堤に咲く桜の見事な幹や枝ぶりを見ていると、いつも浮かぶのが武井羽衣の歌詞 「見ずやあけぼの露あびて われにもの言う桜木を 見ずやゆうぐれ手をのべて われさしまねく青柳を 」と言うくだりである。私はこれまで作詞者は 「見ず」と 「水」をかけた上、桜の木の「 ものを言わす 」 (その効果を充分に発揮させる。『腕力にー。』:広辞苑) ような勢いと、柳の 「さしまねく」 かの如き枝ぶりを対比させたのだとばかり思っていたが、最近改めて調べると 「われにもの言う」 は何と 「私に話しかけるような」 桜の木を指しているとの解説があって驚いた。「話しかける」 のではちょっとひねりがなさ過ぎる気もするが、私の解釈は「うさぎ、美味しかの山」の類にも思えて判らなくなってきた。


春のうららの隅田川
20150330


2015年3月30日 (月)

追い風参考

東洋大の桐生君が追い風参考ながら100米で9秒87をアメリカで記録した。あっぱれである。テレビの画面でみると同じレースに出ていた我が競走部の後輩、山縣君はしんがりから2番目の様でちょっと残念であったが、ここは桐生君の快挙を誉め讃えたい。こうなると桐生君には4月第3週の織田記念陸上で日本人初の公認9秒台の記録が期待されるが、残念ながらこの大会の開催地は広島とあってちょっと見に行けそうもない。5月に横浜(日産スタジアム)で開催される関東学生陸上競技選手権(関東インカレ)には後輩たちの応援に行こうかと思っているので、桐生君は他校ではあるができれば横浜で9秒台を出して欲しいものだ。


さて陸上男子100米では、オリンピックで初めて10秒を切ったのが1968年メキシコでアメリカのジム・ハインズが記録した9秒95だった。あれから50年近く、日本人にとって夢の記録と思われた9秒台がやっと現実に近くなったのである。記録で思い出す事といえば欧米で人気の1マイルレース(1600米)にかつて4分の壁があって、これを破るのは人類には不可能と長い間言われていた。ところが1954年に英オックスフォード大学医学部の学生であったバニスターが3分59秒4で走ってからは、以後堰を切った様に3分台で走る選手が現れ、記録を破る事はメンタルな面があると云う事もまた実証されたのである。という事で桐生君がもし公認9秒台で走れば、日本の陸上記録も以後ぐっとレベルアップするのではないだろうか。


さて、よほど大きな大会は別にして、ごくふつうのランナーは相対的な『順位』より絶対的な『記録』を重視するのである。という訳で高校生の頃から中長距離を専門にしていた私も、世間一般から 「速い!」と云われる100米の11秒台を一生に一度くらいは出してみたいと望んだものであった。で、もしや台風が近づいて追い風がビュビュー吹いた日なら何とか12秒が切れるだろうかと、嫌がるマネジャーを記録係にして大風の中で100米を走った事があった。台風の風で却ってバランスが崩れたものの、この時はようやく念願の11秒9を出せ 「追い風でも記録は記録」と大いに満足したものだった。桐生君の追い風参考記録を見るにつけ、青春の日の100米12秒切り、台風下での我が『参考記録』樹立の事を思い出すのである。

2015年3月27日 (金)

沖縄の不都合な真実

20150327


沖縄県の翁長知事が突如、国の辺野古基地建設に対して作業中止命令を出したとニュースになっている。私には知事の判断がどう考えても理解不能で、沖縄の基地問題はまるで魑魅魍魎の世界に思えてくる。という事で最近出版された新潮新書「沖縄の不都合な真実」を読んでみる事にした。大久保潤氏(日経新聞)と篠原章氏(評論家)によって書かれた本書は、特定のイデオロギーから書かれていない様で安心して読めるが、二人の著者によって数々指摘された沖縄の実態を読みすすめるうち、日頃大メディアが伝えるものとはまったく違う面が沖縄問題にあるのに驚いた。


まず沖縄には日米あわせ我が国にある軍事基地のうち17%が集中しているそうで、これは島の小さい面積に比して大きな負担であるのがわかる。歴史的、地政学的に我が国は沖縄に軍事面で依存しており、この割合を減らす事がわが国に課せられた課題であるのは多くの国民が理解できるものである。ところが本書によると事態はそう簡単ではないようだ。軍事基地が多くある事、そして基地の問題でもめればもめる程、国の税金や補助金が増やされ、沖縄は本土からの金に依存する体制にどっぷり浸かるのだと云う。


その本質は 「 基地政策をめぐる対立 」 などではなく、基地反対派が政府と対峙し、それを利用して沖縄の保守が政府から金を引き出すという 「 阿吽の分業体制 」 が築かれている事だと著者は喝破する。本書では巨額の税金が沖縄につぎ込まれている事が示されるが、こうしてみると数年前に物議をかもした米国務省日本部長ケビン・メア氏の 「 沖縄はゆすりの名人」 との発言は、けだし正鵠を得たものだった事が改めて思いおこされる。「 基地がなくなれば沖縄の存在意義もなくなる 」 と引用された基地反対派の労組発言こそ、どうやら沖縄問題の核心を突いているようである。


なかんずく基地反対運動を担う中核が公務員や教員という沖縄の支配層であり、それを支えるのが地元メディアという構図で、本当の弱者である貧困層や若者・婦女子の問題はおきざりにされ、格差がますます広がるのが現状だそうだ。支配階級の最大の主張は 「 日本の沖縄に対する構造的差別 」であって、それをベースに基地反対運動は 「 資金獲得のための政治的用具 」 となり、「 政府と基地反対派が共犯関係 」になって沖縄を補助金漬けにしているとの事。なるほどこうしてみると本来は保守のはずだった翁長知事が、なぜ今になってイチャモンの様な中止命令を政府につきつけるのか、その無理筋の真相がかなり理解できるような気がするのである


しかし、それゆえに沖縄の真の自立は阻げられており、事態打開の為には軍事基地を減らす努力とともに、本土からの振興策を減らす事が大切であると本書は纏めている。アメリカの海兵隊は普天間から移動しなくとも痛くも痒くもないとか、普天間基地に隣接する学校は基地の後に出来た事、多くの辺野古の人々が海兵隊の基地移設に賛成であるなどと聞くにつけ 「 一粒で三度も四度もおいしい普天間カード」「 振興策をもらい続けるためには基地反対といいつづけなくちゃ 」 と革新と保守が一体となって本土の金をあてにする本音が透けて見え、沖縄を支援する気持ちが大きく萎えるのである。「 沖縄の不都合な真実 」 は一読の価値ある新書であった。

2015年3月23日 (月)

Don't Tailgate !

20150323

陽気が良くなって外で走る距離も自然と伸びてくる。走るといえば、近頃は男女ともに黒っぽいタイツの上に同じ色のランニングパンツを履いたランナーが多いが、私は暖かくなるとすっきり素足にランパンで走りたくなる。何かで足を覆われていると暑苦しい上、機能性タイツといえども履けば動きが悪くなって嫌だからである。そのランパンも最近の本格的な競技用はごく短く軽くなっている一方で、普通のジョガー用になるとゾロっと股下が長いのが流行のようだ。ただ60年代に部活で陸上をやっていた者としては、くれていて ”前”がもっこりするほどに布が小さい今の競技用はイヤだし、反対に異様に丈が長い一般用も何となくだらしなく見えて好きになれなかったのであった。


と云うところに、先日ようやく家の近所の古びたスポーツ用具店で、往年の懐かしいランパンを見つけた。その店は、地元中学校指定とある他は一体どうやってやっているのかと思うほどの鄙びたスポーツ店だが、ふとこんな店には昔のランパンが置いてあるのではと閃いたのが大当たり。店の引き戸をあけ、おそるおそる「股下の長さが3~4センチくらい、ちょうど東京やメキシコオリンピックで君原選手などが履いていた様なパンツはないですかねえ?」と聞くと、年輩の店主は「ああ、それなら以前の売れ残りがあったなあ」と奥の方をゴソゴソと探してきてくれたものである。デザイン的にはちょうど瀬古選手が活躍していた80年代風にも見えるものの、長さや大きさはそれ以前のスタイルとほぼ同じで、私としては思わず見つけた掘り出しものであった。


昨日もこのパンツをはいて皇居に行ったが、どうしても好きなものを身につけると気合が入ってしょうがない。”勝負パンツ”とはこの事である。こんな日は皇居1周5キロを21~22分ほどで数周走るのだが、一方でこの速さは他のランナーにとってちょうど良い目標となるペースらしい。昨日も前を行く男性ランナーを追い抜くと、そのうち何人かに都度数キロ追いかけられ落ち着かない事この上ない。無言でピタっとすぐ後ろにつかれると、丁度クルマで後ろから煽られている様な気持ちになって、「おいおい若いのよ、おれは還暦をとうに過ぎたランナーだぜ、そんな老人を必死に追いかけるのはみっともないからよせよ」と振り返って文句の一つも言いたくなる。


以前にもアップ ( 荒い息づかい:2008年10月 ) した通り 「あの人達は試合でもないのに何でぴたりとすぐ後ろを走るのだろう。ウザくてしょうがないよ。マークするなら息づかいや足音の聞こえない程、せめて20米くらい離れて追走すれば良いのに」 と妻にこぼすと 「きっとそうされた事がないからわからないのよ」 との事。時には 「ちょっとついて行っていいですか?」 と断ってくるマナーの良い人もいて、そんな時は 「どーぞ、どーぞ、一緒に走りましょう」 と気持ち良く走りながら会話を交わしたりもするが、そんな事はめったにない。そういえばアメリカにいた時によく公用車の後ろに "DO NOT TAILGATE!" ( このクルマのすぐ後を追走するな ) と大書きしてあった事を思い出し、そのロゴを背中に大きくプリントしたTシャツをこさえて、気にいったこのランパンと共に走ってみるか、などと不遜な事を考えるのである。

2015年3月14日 (土)

名古屋・偉大なる田舎

201500314k

やたらと目についたサークルK

ウイメンズマラソンで来てみると、何故かやたらと”サークルK”ばかりが街角に目立つ名古屋である。”名古屋は偉大なる田舎”などと呼ばれている上、タモリには”ミャー、ミャー言う”と揶揄されるが、どうしてどうして、初めての滞在なるも私はこの町の事がけっこう好きになった。たしかにマラソンの受付で名古屋ドームに入った時には、なんとも野暮ったい内装とそのカラーリングに思わずのけぞったが、それ以外は大都会の割りにあまり人々があくせくしていないところが良い。


まず名古屋駅から地下鉄に乗ると、シルバーシートが空いても前に立った若者が座ったりせず、結構混んでいてもその一画が空席なのにびっくりである。東京や大阪ではシルバーシートに元気な者が座ってしまい、高齢者が立っている事もしばしばだが、3日間の名古屋滞在ではついぞそんな光景は見られなかった。町でも横断歩道を渡ろうとすると、走ってきたクルマが歩道の手前でピシっと停車してくれるのである。これは道が広いのと、トヨタを中心としたクルマ社会の文化がこの町では成熟しているからだろう。


エレベーターに立つのは東京は左側、大阪では右なので、名古屋に着いて最初にエレベーターに乗る際はどちらに立つべきかちょっとマゴついたが、ここでは東京と同じ左側であった。ただ名古屋の地下鉄では「危険なので右側を歩かないで2列に並んで立って下さい」との表示があるのだが、他の都市ではまず守られないそんなルールを皆が従順に守っているのにも驚いた。このゆったりムードは、大きな河川が集まり平坦で肥沃な平野に町が発展した事、空襲で市街地が焼かれ新たに広い道が出来た事などによって醸成されたものなのだろう。という事で、ここにいるとアメリカの都市を旅行している様な気分にさえなってくる。


「名古屋人は外の人間に心をなかなか開かない」などと世間では言われるが、旅行者である限りそんな気質も大して影響なく、今回の女子マラソンを契機にまたこの街を訪ねてみたいという気持ちが高まった。なにより東京から新幹線でもクルマでもそう遠くなく、ひつまぶし・味噌カツ・きしめん・コーチンなどの名物料理も美味しい。いつも通過するばかりだったが名古屋を拠点に、名鉄や近鉄に乗って近隣の観光地をゆっくり尋ねてみるのも良いかもしれない。

20150314

マラソン前日のカーボローディングはご当地味噌煮込みうどん

2015年3月10日 (火)

名古屋リニア・鉄道館 車掌シュミレーション

20150310

名古屋というとこれまで数えきれないほど通過したし、フェリーや列車の乗り換えで駅にはたびたび来ていたのだが、じっくりとこの町を訪問するのは実は生まれて初めての事だ。今回は日曜の女子マラソンを前に土曜日に名古屋ドームでナンバーカードの受領があるので、この機会を利用して金曜夜に夫婦で東京を立ち、ゆっくり2泊して名所を楽しむ事にした。という事で土曜の朝にドームに行きマラソンの手続きした後は、JR東海の”リニア・鉄道館”の見学である。名古屋城やら明治村に犬山観光など他に見るものは多々あろうが、ここはやはり夫婦で”テツ”の本領を発揮する事にしたのである。


名古屋駅から新しい路線あおなみ線で約15キロ、20数分で着いた金城埠頭は名古屋港の真っ只中。随分と辺鄙な場所だが駅近くに出来た博物館は、土曜午後とあって見学者の数も結構多い。真新しい館内に足を踏み入れると、在来線から超伝導リニアまで38両の本物の車両がドーンと展示されている。懐かしいC57やEF58などの機関車、新旧の電車や気動車などと共に展示に力が入っているのが新幹線の車両たちである。ここでついこの前まで走っていたかと錯覚する0系の食堂車を見ると、なぜか「昭和~」という言葉が頭に浮かんでくるから歳月の経つのは早いものだ。


館内はあまり難しい説明よりも見て体験して楽しむ方に主眼がおかれており、ちょっとマニアックな見学者には鉄道の技術的な解説や理論的な説明について、物足りない気がしないでもない。でも二人でせっかく来たのだから一日に4回オープンするご自慢のシミュレーターを体験しようと云う事になり、抽選に応募したところ妻は在来線「運転」、私は在来線「車掌」に見事当たった。このうち「運転」の方はテレビゲームや他の博物館にもあるのでまあ予想した通りだったが、本当の車掌訓練にも使われるという「車掌」シュミレーターはなかなか貴重な体験であった。


このシュミレーション、日頃何気なく眺めている車掌さん業務のルーティンを係りの人に教わった後に開始となる。まずは車内放送、次に出発間際ホームのチャイムの音調を変えて乗車を急かす促進ベル押し、ドアを閉めてからの安全確認・運転士へブザーの合図を送ると周囲のスクリーン画像が動き出して電車の出発となる。加速中にホームを看視する間も非常停止スイッチに手をかけ、ホームを過ぎれば振り向いて後方の安全確認である。ほどなく停車駅に接近すると車内放送、非常停止スイッチに手を添えつつホームの看視、停車位置を確認してドアスイッチ操作と、車掌さんの業務には実に多くの手順がある事を知った。子供の頃から一度あのドア開閉スイッチを押したり上げたりしたいと密かに願っていたが、その夢が思わずこうして名古屋で実現したのであった。

20150310_2

2015年3月 9日 (月)

名古屋ウイメンズマラソン2015・念願のサブフォー

20150309start

スタート前のカラフルで華やかな雰囲気

さきの東京マラソンで思わぬアクシデントにより4時間切りが果たせなかった我が妻は、念願を果たしたいとの一心でこの日曜日に名古屋ウイメンズマラソン2015にチャレンジした。名古屋は女子だけのマラソン大会としては世界最大、起伏が少ないコースは走りやすい上に今年は北京で行われる世界陸上の選考会も兼ねていて、チャレンジするにはこれ以上の舞台はない。ただ東京で42.195キロを走り終えてからわずか2週間、川内優輝君じゃあるまいし疲労が抜けないまま次のフルを目指すとはちょっと無茶と言うものだ。しかしそんな常識を乗り越えて走ってしまうのも女の執念、かつ 「好きでやっている」 市民ランナーならではである ( もっともこの大会に先にエントリーし、後から東京マラソンの追加当選が決まったのだが)。


と云うことでこの2週間、日がな一日、家で低周波治療器を使いまくって回復に専念していた妻は、電話をかけても電線につながれ歩けず受話器に出てこない。練習で伴走してくれと云うので一緒に走ると、疲労の極地から超スロージョッグとなってこちらのペースまで狂ってくる始末で、それなりに周囲を巻き込んできたのだった。それやこれやで迎えた昨日は、名古屋の天気も良く、風もおだやかで絶好のマラソン日好りとなった。今回も私は、妻や一緒に走る義妹たちを応援するため名古屋市内の幾つかのポイントを地下鉄で駆け回ったのだが、ここの走路は比較的コンパクトに配置されている上、東京ほど沿道どこもびっしりの大応援という訳でなく、走る選手と見る者の距離が程近くて良い。


それにしても今回、女子だけの大会を初めてじっくりと見て気がついた事が幾つかあった。まずなぜか女子選手は、男子の大会より歩道寄りを走る者が多いのである。道幅の広い名古屋の影響もあろうが、カメラ車の後ろを走るトップクラスの競技者からサブ3.5クラス位まで、男子なら道の真ん中を走るものを女子は歩道のすぐ近くを走る。いつか心理学の先生にでも、女性はどうして道の真ん中を走りたがらないのか、その理由を聞いてみたい気がしてくる。また最近はどの大会でも仮装や着ぐるみ姿のランナーが多数走るなか、名古屋では奇抜な格好のランナーが少ない。これは余計な衣装や飾りものが体力を消耗させるため、筋力が弱い女子選手には不得手だからだろうか。いずれにしても男性が多い大会より、皆がゴール目指して懸命に走っている様子がうかがえる。


さて、最近はマラソンを応援するのも便利になったもので、スマホなどの携帯機器で応援する選手が今どこを走っているのか、各5キロのチェックポイントを何分で通過したかが、すぐわかる様になっている。目の前を通過する妻や妹・その友人たち合計6名を励まして次の応援場所に移動しつつ、主催者のサイトでそれぞれ走っている場所や通過時間をチェックできる仕組みである。それによると妻は中盤まで順調に4時間を切るペースで走っているも、東京マラソンの様に「マラソンには魔物が棲むか?(2015年2月23日)」と云うからいつどうなるか判らない。で、最後の応援場所である35キロ地点を何とか元気に通り過ぎていった後は、案の定なかなかこのサイトが更新されずにイライラさせられる。「こういう機械は肝心の時に限って役に立たねェンダ~」などと罵りながら画面を見つめていると、「ゴール、(サブ4)やったよー!」との喜びのメールが飛び込んできて思わずホッとしたのであった。たかがマラソン、されどこれで向こうしばらく妻の機嫌が良いかと思うとサブフォー万歳である。

20150309

完走者に送られるティファニーのネックレス。ゴール後タキシード姿の男性に一人一人手渡しされたのだとか!?

2015年3月 3日 (火)

パクチ

会社をリタイアした先輩たちは普段なかなか元の職場に顔を見せないが、中には気が若く若者達に混じってスキーに行ったり山登りに参加するシニアもいる。時間がたっぷりあるそんなOBの一人が自宅でパクチを栽培したところ、思いのほか沢山収穫できたと会社に来たのでそのお裾分けにあずかった。パクチを自宅で育てるのはなかなか難しいらしいのだが、このOBはかつて南米に駐在していたので、そこで育て方を覚えたのか立派なパクチである。


なんでもパクチは地中海地方原産セリ科のハーブで、シャンツァイ(香菜)やコリアンダーと同じものだという。独特なクセのある匂いは肉の臭み消しに使われたり、刻んでサラダやスープ、ソースなどの風味づけによく使われる通りである。この種子を乾燥させたものがスパイスのコリアンダーだが、なぜかシャンツアイと聞くと中華料理、パクチと聞くとタイやシンガポールのエスニック料理、コリアンダーなら西洋料理を連想してしまう。


パクチを抱えて帰宅し「これ貰ったから何かアジア系のエスニックな料理を作ってよ」と妻に頼むと、包んだビニール袋を見るなり「ムリ。私この匂いが苦手なの」と顔をしかめながら思わぬ返事が返ってくる。「エー?、その昔、六本木の中華レストランに東京では珍しく本物のパクチが美味しい店があるから行く?」って誘ったら「『うん!』て喜んで一緒に行ったのに?」と突っ込むと「あれはつき合っていた頃の事だから、せっかくドヤ顔で誘ってくれたのにむげに断ってはまずい、と思ったのよ!」だそうである。


と、翌日になって思わぬ助け舟、義理の母がパクチ入りのサラダに生春巻き、それにパクチを散らしたスープを作ってくれる事になり、その夜は東南アジアにいるかの様な夕食を楽しんだのであった。それにしてもパクチに誘う私を前に、見るのも嫌なのにとりあえず従うフリをした謙虚さと遠慮が当時の妻にはあったのである。今ではほとんど妻の言うなりの自分を顧みながら、葉っぱをもがれてすっかり寂しくなったパクチを思わずしみじみと眺めたのであった。

20150303

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ