« 東京マラソン2015 「マラソンには魔物が棲む」か? | トップページ | パクチ »

2015年2月27日 (金)

本当に右傾化?

なぜか妻が外出している時に限って読売新聞の集金が来る。ちょっと前まで中国人のアルバイトだったが、最近は日本人の年配の男性が担当になったので「このごろ読売新聞どうですか?購読者は減っているの?」と尋ねると、彼は「あの朝日新聞の誤報記事があった頃に、かなり沢山の方が朝日を止めて読売にするとこちらに来て下さいました」と控えめながら嬉しそうに言う。「それは結構ですねえ、やはり読売や産経が売れなければ日本は駄目ですよ」と激励したものの、私が調子にのって産経新聞にまで言及した為か、この人はどう反応してよいのかと云う顔でそそくさと玄関のドアをしめて去っていった。


「押し紙」などというものがあって各新聞の発行部数は購読者数と違うというが、関係の協会のデータでは各紙の販売部数が大きく減っているらしい。特に朝日新聞は昨年夏以降の誤報問題とその対処が批判を浴びて、減少した割合が一段と大きいと云われている。まあ当然の事であろう。その朝日新聞で慰安婦問題の『誤報』を執筆した記者が、これを批判した学者や評論家を名誉毀損で訴えると云うのには思わず笑ってしまった。この記者の家族にまで危害を加えるという多くの脅しがあるため裁判に訴えるそうだが、紙面上の(いわれる)名誉毀損問題と匿名の脅迫行為がどう関連するのだろうか。批判記事と卑劣な行為には直接の関係はなく、むしろ論評記事の執筆者を裁判にかけると脅す事こそ「言論の自由」の自殺行為にならないか。


関連性というならば彼の書いた誤った記事が国際関係に与えた影響の方がはるかに大きかったと私は思っている。また新聞記者はペンの力によって記事の陰で人を泣かす事もままあるだろうが、ひとたびそのペンでおこした行為の責任が自分にかえってくると、ただちに彼らが大嫌いなはずの「国家権力」に加護を求めるのも如何なものだろうか? 記者の家族を脅すような行為は決して許される事ではないものの、ここはやはり多くの識者の言うとおり言論人なら裁判などに訴えず、堂々とペンの力で相手を説き伏せた方がはるかにいさぎよい。


さて最近よく「ネトウヨ」が騒いで「日本は右傾化している」と言う向きがあるが、これは大きな認識の間違いなのではないだろうか。なにしろ今はネットの動画などで国会中継をはじめ各種委員会のやり取りがノーカットで流される時代となった。これまでの様にメディアが映像を切り貼りして世論を誘導しようとしても、それが出来なくなったのである。またメディアが「従軍慰安婦」だの「南京大虐殺」だのとキャンペーンを張っても、それに反する文章や資料が次々とネットで開陳され衆人の目に触れる事となった。自虐史観が間違いとわかり従来言われてきた事がおかしいと皆が気づき始めたのだろうが、これは右傾化ではなく、マスコミによって左に誘導されていたのが、ようやく真ん中に戻ってきたというべきであろう。

« 東京マラソン2015 「マラソンには魔物が棲む」か? | トップページ | パクチ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京マラソン2015 「マラソンには魔物が棲む」か? | トップページ | パクチ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ