« 2014年の年末に | トップページ | 第九と紅白歌合戦 »

2014年12月31日 (水)

正月休みの走りこみ

今年の正月休みは日の並びがよく、我が勤務先も有給休暇取得推奨日などを使い実質9連休となった。休み期間中は、さきに再開した”ピアノのお稽古”や日頃気になっていた部屋の掃除のほか、恒例の”走りこみ”で過ごす日々である。なにせ新年は妻やその妹夫婦のほか、周囲に東京マラソンや名古屋ウイメンズマラソンなどビッグイベントに出る者が多く、例年にましてムードが盛りあがっている。実質は1時間から1時間半のランニング練習といっても、着替えやストレッチ、シャワーなどを含めると、あっと言う間に2~3時間が経過して、正月休みは一日が経つのがひどく早く感じる。


こうして12月は走行距離が270キロほどになったが、聞くと専業主婦の妻はなんと300キロも走ったそうで、ちょっとした陸上競技の選手なみである。ただ毎日走っていると、時には結構辛いと感じる事もあり、そんな時は「目の前の景色を楽しもう」「今この瞬間に走れる喜びを味わおう」と意識するとふっと苦痛が和らぐ気がする。しかし休暇に入り休まず走り続けて4日目の昨日、皇居で15キロほどタイムを意識して速く走ろうかと思っていたら、なぜだか急に「もう走るのは嫌だ~」と心の声がこだましてきた。まるで高校や大学時代、インターバルトレーニングを行う前などに感じた「今日はどうしても走りたくないよ~」というイヤーな気持の再来のようだ。


当時のインターバルといえば、たしか400米を65~68秒くらいで走りジョッグ200米で呼吸を整えるが1セット、これを連続20~30セットくらい行ったのだがその苦しかった事といったらなかった。卒業直後はあの苦しさを思い出すたび「走るのなど金輪際まっぴらだね」と思ってタバコをふかしていたのだが、結局また始めたのは走る事がやはり好きなのであろうか。そしてイヤな気持ちが蘇っても結局また走ってしまうのは、走る事に人をとりこにする不思議な魔力があるのだと思うのである。それにしても昨日も、ランニングを終えてシャワーを浴びビールを飲む瞬間にはさっきの気分などすっかり忘れて、「走ってよかった」と毎度至福の瞬間を味わうのだから人生は幸せである。

冬の皇居前広場
20141231

« 2014年の年末に | トップページ | 第九と紅白歌合戦 »

ジョギング・マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年の年末に | トップページ | 第九と紅白歌合戦 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ