« 日比谷公園ツリーウォッチング(1) | トップページ | 空理・空論 集団的自衛権 »

2014年6月21日 (土)

日比谷公園ツリーウォッチング(2)

20140621
東京のプラタナスの父なる木

日比谷公園の多くの樹木のうちクスノキ、イチョウなどと並び目につくのがスズカケ(プラタナス)の木だろう。テニスコート近くにあるこのアメリカスズカケは園内でも最も背が高い木で、明治37年(1904年)に目黒の林業試験所(現・林試の森公園)から移植されたそうだ。説明板には明治37年にはすでに数才の幼木だったとあり、今では110才以上の樹齢の大木である。当時、街路樹の新種としてプラタナスが外国から導入され、この木から挿し木で都内のプラタナス街路樹が増やされたとの事で、現在都内の街路樹の15%がプラタナスだと云うから、東京の道路に沿って植えつらねた緑の親分のような木なのである。


その他、大木の中でもケヤキが園内あちこちに目立つが、ケヤキの木を見ると真っ黒になって遊んでいた子供の頃を思い出す。その頃、家の近所にケヤキの大木があって、その幹の根元から1米程の高さのところに平らになった部分があった。そこに軟式野球のボールを当てて遊んだのだが、正確にその平面に当たればまっすぐ戻ってくるし、ちょっとコントロールをそらすと幹のラウンドした部分にボールが当たって球はこちらに跳ね返ってこない。当時の子供の常で遊びといえば野球、暇があるとケヤキの大木に向かって投球ごっこをしていたもので、公園に来るとあのケヤキの大きな根元を懐かしく思い出す。


野球と云えばヤマトアオダモの木で、この木の仲間のアオダモは材質が堅く粘りがあるので良質のバット材になる。東京六大学野球のリーグ戦試合前には、バット原料になる北海道のアオダモ林育成をプロモートする「アオダモ資源育成の会」の映像がバックスクリーンに流れ、その最後で一塁側と三塁側スタンドに陣取った両校の応援団が、一斉に「バット・フォーエーバー!」と叫ぶのが今では神宮球場の風物詩にもなっている。で、公園のアオダモの木を見ると、私もつい「バット・フォーエバー!」と云う文句が口に出てしまう。社会人になってから何十年も身近に在った日比谷公園だが、あらためて気持ちを込めて観察すると今まで知らなかった様々なものが見え、時に思わぬ感慨が呼び起こされるのがおもしろい。

バットフォエバー!ヤマトアオダモ
20140620

« 日比谷公園ツリーウォッチング(1) | トップページ | 空理・空論 集団的自衛権 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

樹木にも 可なりの知識がおありのようで ご趣味の幅に感心しています。

脚を弱くしてからは 運動のための歩行距離もガックリ落ちてしまいましたがあの大地震までは 青山通りを歩く時は 絵画館へ向かう銀杏並木までが定番でした。片道35分で歩いていました。
四季折々の変化が 如実に判るので 季節ごとにデジカメに納め 友人達に絵ハガキにして 送っていました。 結構喜ばれました。
あれだけの手入れを欠かさないのも 国が管理しているからでしょうね。
あの並木の由来を 一枚のパンフレットにして 絵画館寄りのはずれに置いてありました。現在は判りません。その手入れには 可なりの手間を掛けている事を知りました。遠近法に従って  綺麗な並木に見えるよう細かい配慮で剪定している事も そのパンフレットで知りました。
脚力は 大分回復しましたが 未だゴルフに行く程までには戻っていません。
貴君のように 本物の訓練をしていませんから 一度脚力を失うと 完全な回復は無理かも知れないと思って居ます。でも最近は 青山1丁目のツインタワービルにあるNHKの書道教室へ通って居ますが 雨が降らない日の帰りは 家まで歩いています。杖をついていた頃に比べたら 可なりの回復と自己満足しています。
又楽しいブログを見せて下さい。

 

岩崎 學様

コメントありがとうございました。もともと木や植物に特別の関心があった訳ではないのですが、日比谷公園を歩くうちに、公園の樹木管理や維持に大変な努力とコストがかけられている事を知り、都民としては少しでもその恩恵を実感したいと興味を持つようになったものです。すると東京の街路のみどりに目が行き、どうせ町を歩くなら楽しみが増えた方が良いとも思い、それぞれの木にかかった銘板などに注意する様になりました。最近では、金も手間もかからぬ楽しみの一つです。

たしか外苑前のイチョウ並木は、景色とマッチする様に木の高さなどに工夫をこらしていると聞いた事があります。東京も豊かになったのですね。

杖なく青山一丁目まで通っておられるとの事。ますますお元気でお過ごしください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日比谷公園ツリーウォッチング(1) | トップページ | 空理・空論 集団的自衛権 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ