« 東大70連敗・リーグワースト記録タイ | トップページ | オバマとハナミズキ »

2014年4月22日 (火)

人間ドック・原発・脱亜論と最近考える事

人間ドックの「異常なし」の基準が大きく緩和されるらしい。毎年の検診で血圧が高めのため会社の診療所に出頭を命ぜられ、循環器の医師に「 薬はどうしましょうかね~。まあもう少し様子をみますか 」と、あわや血圧を下げる薬を処方されそうになった私も、この基準緩和で血圧に関しては問題ない範囲におさまる。気が弱いばかりに検診や医者の前では血圧が高くなってしまう私には救いの改訂である。血圧ばかりでなく「経過観察中」の肝臓や中性脂肪も、これで「基準内」になったが、我が身は何の変化もないのに、統計のマジックらしき事で投薬の有無が決まってしまうとは医学もかなりいい加減なものだ。性別や年齢も考えず、一律に厳しく設定した数値の下で、人々は重畳の不安に陥るのである。この改訂によって本人は健康だと思っていても「異常あり」の人が大幅に減るそうだが、世界でも有数の長寿国の国民の多くが「健康でない」と云うのは一体どういうマジックだったのだろうか。医療と薬剤業界の癒着を疑う声も多いが、どうしてもそういう論調に同調してしまうのである。


貿易収支が引き続き巨額の赤字を続けていると報道されている。円安でも思ったほど輸出額が増えない上、停止している原発のために石炭やLNGなどのエネルギー輸入が増えているのが原因だそうだ。原発が稼動しない事は、エネルギーも輸送する我が仕事の面からは歓迎すべき事態だが、これから日本の行く末はどうなるのかと心配になる。巨額の財政赤字に加え経常収支も赤字に転じれば、日本の国債の信認は大きく毀損し、金利の上昇からインフレの到来に至ると経済学者は言う。人口的に今後ますます増える高齢者は手元の資金や年金で暮らすので、真っ先に多くの高齢者がインフレの被害を蒙るのに、原発に反対する人達はシングルイッシューの如く再稼動は駄目だと声をあげる。そういえば昔、これまた何とかの一つ覚えで「安保反対」やら「米帝打倒」と叫んだ人達の多くが、今の日本の自由と繁栄を享受しているようだ。スローガンを叫ぶだけなら誰でも出来る事で、現実を見ながら多角的に考える事が大人の対応ではないだろうか。


商船三井が運航する大型船が、中国で裁判所の命令によって差し押さえされたとニュースが伝える。戦争中に徴用されて戻らなかった船の中国人船主の訴えに、中国の裁判所は現在の価値で補償しろという判断だが、これは国交を再開した日中共同声明の精神を根底から揺るがす事件である。これを認めれば、今後ある事ない事、日本から被害を蒙ったと称する原告が次々とハゲタカの如く現れてくるだろう。それにつけても思い起こすのは明治18年(1885年)、福沢諭吉が起した時事新報で、福沢が自ら書いたと云われる社説の脱亜論である。福沢はその中で「中国や韓国の如き近隣の悪友と謝絶すべし」と自論を展開している。当時、欧米列強が進出しようとする東アジアにあって、日本が独立して国を発展させるには欧米に習って近代化をする事が必要で、アジア的な風俗風習なかんずく中・韓国の様な野蛮で傲慢な体制と訣別する事が必要だと説いている。福沢の開明に改めて瞠目するとともに、今こそ日本はいかなる経済的不利益を蒙むろうと、脱亜論にならって中国や韓国と距離を置くべきだと考えるのである。

« 東大70連敗・リーグワースト記録タイ | トップページ | オバマとハナミズキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東大70連敗・リーグワースト記録タイ | トップページ | オバマとハナミズキ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ