« 河野談話を検証したらよい | トップページ | 万世橋マーチエキュートN3331とセクション外停止位置 »

2014年3月 9日 (日)

電車唱歌(1905年)のなぞ(2)

1.玉の宮居は丸の内、近き日比谷に集まれる
  電車の道は十文字、まず上野へと遊ばんか

2.左に宮城おがみつつ、東京府庁を右に見て
  馬場先門や和田蔵門、大手町には内務省

3.渡るもはやし神田橋、錦町より小川町
  乗り換えしげき須田町や昌平橋を渡り行く

4.(以下本郷通りを神田明神より本郷三丁目
   湯島・上野広小路方面へ電車は進行する)
20140308
マーチエキュート神田万世橋

甲武鉄道の東京口ターミナルだった万世橋駅跡は、長らく交通博物館として多くの人に親しまれてきた。2006年5月でその役割を終えた跡地が、マーチエキュート神田万世橋として再開発され昨年オープンしたと評判なので、週末の一日妻とブラブラと見学に行ってきた。旧駅の遺構見学に加えて、かねてから興味のあった旧・万世橋駅の駅前や須田町交差点の往時のありさまを何か伺い知れるものがあるのではないかと、ちょっと好奇心を抱いての見学である。というのも2008年9月に「電車唱歌のなぞ」という題名でブログをアップした通り、かつての東京市電の有様を歌った電車唱歌のこの近辺の歌詞にどうもひっかかりを感じて疑問が拭えない箇所があったからである。 電車唱歌のなぞ

1905年(明治38年)に発表された電車唱歌は東京市内を行きつ戻りつ、公営化される以前3社で運行されていた路面電車を縦横に乗り継いで沿線の風景を歌っている。今では地理的に変わってしまったところもあって、歌われた場所を完全にトレースするのも結構難しいが、私は出だしの3番でつまずくのは先にブログに書いた通りである。というのも日比谷から現在の本郷通りを北上してきた電車が、なぜか小川町で右折し東に針路をとり(現在の靖国通りを通り)須田町に至り、須田町から今度はまた逆戻りするかの様に北西の昌平橋を渡るという順路がどうにも疑問だったのである。須田町の交差点が今と違っていたという事は以前から知っていたが、鉄道の唱歌は一筆書きが原則で、なぜ同じ路線をあと戻りするかの様な歌詞がつくられたのかが腑におちなかった。


マーチエキュート神田万世橋には立派なジオラマがあって、当時のにぎわう万世橋駅と駅前の須田町のさまが展示されている。それによると軍神・広瀬中佐の銅像があった駅前の広場は扇状に大きく広がり、現在の中央通りは銀座方面から直進してそのまま北西の昌平橋方面へ向かい、現在の靖国通りが万世橋の南詰に向かって伸びている。以前にもアップしたとおり、ここ神田地区は東京にあっても東海道に沿って発展してきた町並みと、中仙道や日光街道など北に向かってできた町がちょうど交錯するような場所で、大きな通りの向かう方向がやや変則的になるのだが、その分わずかな交差点の付け替えで街道が向かう先が大きく変わってしまう場所ともいえる。で、ジオラマを眺めつつはっと気づいた事は、小川町から東進した電車は当時の須田町・万世橋駅前で左に90度折れるだけで後戻りすることなく中央通り(の延長部分)を昌平橋方面に進行できるのであった。


現在の須田町交差点は後年開通した靖国通りと、万世橋をスムースに渡るべくやや右に折れる様に付け替えられた中央通りが交差する処(やや東南)に移された。そのため、いったん(現在の)須田町まで行った電車が昌平橋を渡るというと、なぜか今来た方向に後ろ向きに進行する様な錯覚を覚えるのだが、ジオラマで見る須田町交差点は今より北西の位置にあって道の向かう先きも今と違う。なおかつ帰宅後に明治の古地図で調べてみると、当時の本郷通りは神田小川町より北へ駿河台方面には通じておらず、丸の内・日比谷から上野方面に向かうのは、小川町右折・須田町左折・昌平橋から神田神社・本郷3丁目右折・湯島天神・切り通し・上野広小路をとるルートがトランクラインであった事が容易に想像できるのである。いまの感覚では丸の内から上野に行くには、本郷通りと中央通りを適宜使うのが当たり前のよう思われるが、100年前にはこんな近い所でも随分違うルートを人々は辿っていたのだと、目からウロコの一日であった。


<立派な万世橋駅ジオラマ> ななめ左下、日比谷から小川町経由(現在の)靖国通りを東進してきた電車は、万世橋駅前で左に直角に折れ左上向こうにある昌平橋にむかう。靖国通り自体は直進すると万世橋南詰めへ行く。一方右下の中央(銀座)通りから来た電車は、右に直角に折れ万世橋から秋葉原方面に行く。中央通りを直進すれば昌平橋となるが、今の須田町の地理に慣れるている身には少々こんがらかる。
20140308_2

« 河野談話を検証したらよい | トップページ | 万世橋マーチエキュートN3331とセクション外停止位置 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 河野談話を検証したらよい | トップページ | 万世橋マーチエキュートN3331とセクション外停止位置 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ