« 特定秘密保護法に賛同する | トップページ | 新幹線 さくら 初乗車 »

2013年12月 3日 (火)

鉄ヲタの店 せとうち

20131203

会社の若い、と云っても50歳前後の鉄道愛好家達の仲間に一人シニアの私がいつの間にか加えられ、昨日は5人のメンバーから成る ”鉄”の飲み会に参加した。場所は地下鉄・千駄木駅にほど近い”せとうち”という居酒屋である。このお店、知る人ぞ知るテツヲタの集う店らしく、11月始めに予約を申し込んだ処、1ヵ月後まで一杯ですとの事で、最も早く予約できたのが昨日の月曜日だった。駅至近のマンションの2階、表通りから入り口に上がる階段からして鉄道に関わるディスプレイで壁面が飾られ、一段一段とステップを踏む度にマニアックな予感が盛り上がってくる仕掛けになっている。


扉をあけて一歩”車内”に踏み入れると、まず目に入るのは0系新幹線グリーン車のボディを使った部屋の仕切り。壁には駅名の表示板やら運賃表、国鉄の路線図に各種列車のサボなどがところ狭しと飾られている。照明は、と顔を上げると蒸気機関車か旧型国鉄電車の廃品を利用した前照灯が光りを放ち、荷物置きは列車の網棚、椅子はかつてのグリーン車のリクライニングシートでテーブルナプキンは鉄道省時代の路線図とくるからマニアにはたまりません。普段職場ではあまり声高に自慢できないテツのウンチクぶりをここでは遠慮なく口に出し、鉄ヲタぶりをカミングアウトしてはおのおの自慢話に花が咲くのだった。


酒が進むにつれ「俺はかつて東京から岡山まで東海道・山陽線の駅名を全部暗記したものだ」と云えば「いや私は博多まで覚えた」「ムム・・・・、それは参りました」などと云う屈託ない会話で酒席が盛り上がる。みんな会社に帰れば○○部長や××室長なのだが、この時ばかりはまるで童心にかえった様で楽しい。そのうち出張の際にはいかに合法的に列車の旅を楽しむかと云う話題などで盛り上がり、次々と廃止になる寝台列車の旅をみなで懐かしむのであった。それにしてもメンバーは時刻表マニアから車両マニア、中には廃線予定区間の乗車マニアまでいて、同じ穴のムジナとは云え人の好みは多種多様である事が良くわかった。料理は定番のコース(というかそれしかない様子)にビールや日本酒、ワインなどを楽しんで5000円強だったが、何より同好の士で会話が途切れない事が印象的なヲタの飲み会であった。

20131203_2

« 特定秘密保護法に賛同する | トップページ | 新幹線 さくら 初乗車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

なんかアホな男子っぽくていいですねー。

ちょっと男子ーぃ、そんなバカばっかやってないでちゃんと掃除してよねっ!とか言われちゃうね。

うーん、
その言葉、半世紀前によく言われたような・・・・・・。でもそう言ってつっかかってくる女子の方が、大人しい子より魅力的だったなあ・・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特定秘密保護法に賛同する | トップページ | 新幹線 さくら 初乗車 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ