« 丸の内・新宿スカイライン | トップページ | 鉄ヲタの店 せとうち »

2013年11月27日 (水)

特定秘密保護法に賛同する

最近、霞ヶ関や日比谷を歩いていると、「特定秘密保護法に反対」として「国民の知る権利を守れ」だの「報道の自由の危機」などと叫んで、盛んにビラを配っている人たちがいる。不愉快なのでなるべく近寄らない様にしているが、私がよほど馬鹿ヅラでブラブラ歩いているのか、人通りが少ないと何とかビラを手渡そうと向こうの方から来る者がいて困る事がある。こんな時、あまりに面倒だと、手を振ってビラ渡しを拒んだ上、相手の顔を見て「法案には賛成だよ」と言うと、向こうはさすがにひるんだ様に後ずさりするのである。


と思うと昨日のテレビのニュースは、NHKはじめどこも法案の衆議院通過を「与党の暴挙」、「国会の恥」だとさんざんアジったあげく、これに反対する学者や評論家のインタビューばかり取り上げている。法案の目的や意義についてはほとんど解説がない上、賛成の立場の論者コメントがまったく放送されない有り様に、「ああ、またメディアがやっているよ」と妻とテレビを見ながら笑っていたのであった。朝日新聞などに代表されるマスコミは、戦前あれだけ戦争を煽った上に、戦後は国家が関与した証拠もない『慰安婦』問題をでっちあげるなど、偏った話を散々捏造してきた通りである。彼らが「報道の自由」や「知る権利」がなどと偉そうに言えば言うほど、笑止千万、片腹痛いとはこの事だと思うのである。


我が国が、日米同盟を基軸に安全保障を全うし国民の生命財産を守るために、この種の法律が必須なのは論を俟たないが、その内容は決しておかしなものではない事は、ちょっとネットで自民党案を調べてもわかる。国と国民の安全に関わる重要な情報、なかんづく防衛・外交・テロなどに関わる事項についてのみ、例えば潜水艦のプロペラの形状や戦車の装甲板の厚さ、国の機関への不正アクセスなどに関して、一部の公務員や防衛産業の社員が法の対象であって、凡そ普通の日本人が関わる事項ではない。ましてや報道機関に影響があるだとか原発問題も対象になるなどというのは、正に”タメにする””的はずれ”の議論である事がすぐ判る。60年安保騒動の時、あれほど「アンポ反対!」と叫んだ人達が、今やその安保体制にどっぷり浸かって安寧な生活を楽しんでいるのを見るにつけ、「特定秘密保護法があって良かった」と後年かならず評価されるに違いないと考える。

« 丸の内・新宿スカイライン | トップページ | 鉄ヲタの店 せとうち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

貴兄の意見に賛成です。
マスコミ、特にNHK,朝日新聞などには
どこの国のマスコミかと腹立ったしい思いがすることがありますね。

親スズメさん

おひさしぶりです。コメントありがとうございます。賛否両論を載せるのがマトモなメディアだと思います。最初から反対の姿勢で一貫しているのは、日本にスパイを潜入させたい輩の手先なのか?などと思ってしまいます。この手の報道では毎日もひどいものです。

ああ気持ちいい。

今日帰りの地下鉄車内でたまたまこの記事を読み返し、最寄り駅の階段を上って行ったら「国民の8割が反対している・・・、・・特定秘密保護法は廃案に・・・」という不愉快な音声が。

地上に出ると数人でビラまで配っている。渡そうとされたので「私は賛成なんですけど」と言って睨みつけました。

国民の8割?隣国民の8割でしょうかね。それにしても若い男が昼間っからビラ配りだなんて、どういう素性なんだろう?アルバイト?

ほんと、8割って何だろうと。
反対する人たちってのどかな人たちなんでしょうね。人類皆平等!人類みな兄弟!みたいな。
だから「言論・報道の自由がなくなる!」なんてポイントずれたこと言って平気でいられるんですよ。
敵なんていないのにとか信じてる人たちがコワいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 丸の内・新宿スカイライン | トップページ | 鉄ヲタの店 せとうち »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ