« 偏向新聞 | トップページ | フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル 「スイスの休日」 »

2013年2月18日 (月)

ソーレ、ソレお祭りだあ、東京マラソン2013

あと一週間に迫った2013東京マラソン。我々夫婦は敢え無く抽選で敗退、出場かなわなかったが、義理の妹夫婦が2人して当選したので、この週末は彼らの為に応援スケジュールをつくった。スポーツ応援など簡単なものだと思われそうだが、東京の様な片道コースのマラソンではこれがなかなか難しい。特に彼ら夫婦は夫が目標3時間20分、妻が4時間20分でゴール予定との事で、最後に一時間ほど差がつく。都内数箇所のポイントで待ち構え、後ろの走者を応援してから次の場所に移動するとなると、前の方がすでに行ってしまったりと結構くまなく応援するのも大変なのだ。


トップクラスの選手だけでなく3時間や4時間のランナーでも、マラソンと云うのは見ていると結構速いもので、地下鉄を利用して何箇所かで応援するには、よほどうまくポイントを定めて廻らねばならない。その上選手が走る道路は全面的に横断禁止となるし、駅近くや浅草・銀座などは立錐の余地ない人出だから、数箇所で効率よく応援する為には地下鉄の路線図と出口付近の道路配置を良ーく頭に刻み、2人の通過予定時間を組み合わせた綿密なスケジュール表を作成する必要がある。


という事で、最初のポイントは芝公園である。日比谷通りのこの場所は、前半の折り返し点である品川に向かう12キロ、かつ都心に戻る17キロ地点で、ここなら地下鉄の通路を使って道の両側で応援可能である。次が32キロの茅場町で、ここは応援者のみ35キロの新富町まで新大橋通りをバイパスできるので、2人の通過時間に合わせて茅場町~新富町をジョギングで往復すれば都合4回の応援が可能となる。もっともここで義妹を待っていると、終盤の一番しんどい箇所である豊洲付近の義弟の応援が間に合わないので、我が妻は急遽別働隊長となって豊洲へ繰り出す等、それはそれは綿密な計画表が必要となる。


もっとも完全なマトリックスを作成しても、彼ら2人が予定通り走らねばスケジュールはすべてご破算という訳で、後は本人たちの頑張り次第なのだが、その点ではこちらはお祭り気分で至って気楽な身分でもある。ただ走っている選手が向こうからも沿道がわかる様に、こちらも大きなノボリを持参して都内を走りまわなけらばならないから、けっこう体力のいるお祭りでもある。我々夫婦もこの前まで「今年は当選しなくて残念!」などと悔しがっていたが、今となっては「ソーレ、ソレソレ大応援でお祭りだあ!」と体力勝負の応援に専念すべくひたすら盛り上がっている。

力作応援スケジュール表
20130218

« 偏向新聞 | トップページ | フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル 「スイスの休日」 »

ジョギング・マラソン」カテゴリの記事

コメント

茅場町から新富町へのバイパスでは、軽いジョギングのつもりが、ついつい気が急いて大きな幟を担いで本気ランニング…になってしまいがちになり、新富町で待てど暮らせど選手は来ず…なんて事にならないように、32キロからの残り10キロを粘り強く走りたいと思っております。
当日はくれぐれも宜しくお願い致します。

院長先生

30キロまでは鼻歌気分、そこから楽しく、ってなるように走って下さいね。応援も楽しみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偏向新聞 | トップページ | フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル 「スイスの休日」 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ