« 間違いだらけのクルマ選び 2013年版 | トップページ | 新春 »

2012年12月29日 (土)

同伴

会社の忘年会で若者たちと銀座で久しぶりのカラオケ。つい調子に乗りすぎて深夜の帰宅で、翌日は声もがらがら、朝になっても酒臭いわである。こんな日は出勤しても仕事をするふりして、目を開けたまま眠る術などないものか、などとあらぬ事を考える。考えてみれば現役バリバリの会社員の頃は、週に2回も3回も飲んでタクシー帰宅だったから、よく体を壊さなかったものだ。当時は毎年の検診で「飲みすぎ」と指摘されていたもので、考えてみればホイホイと深夜まで飲んでいたから当然だったろう。


酒と言っても自宅で夕食の際に晩酌するのと、接待などで外で飲むのではやはり飲む量が違う様である。当時よく通ったバーやクラブは、座ってナンボで飲んでも飲まなくても料金は大体同じ様なもの。いつもより高い請求書が送られてくるのは新しいボトルが入った時で、お店としてはボトルを回転させる事が売り上げに直結するらしい。ほっておいたら濃い酒を出すのが商売とばかり、「水割りはうすく」と注文してもいつも間にかコップは琥珀色の液体で色が濃くなっているのである。


久しぶりに宵の銀座を歩いたが、それにしても銀座日航ホテル前などで夕方6時半ごろ、ホステスと待ち合わせているおっさん達のいわゆる「同伴」姿を見ていると何とも滑稽である。出勤前のホステスをエスコートして、それなりの料理屋などに行っても、9時になると彼女達は遅刻が心配でソワソワ。一緒に勤務先のクラブに滑り込むと、「同伴」のホステスはしばらく他の客優先で席に来るわけでもない。ご馳走して鼻の下を伸ばすのだが何のメリットもなく、考えれば何とも阿呆らしいもので、これも自腹でやるならまだご愛嬌。大抵は会社の接待費だろうから、傍から見ていると「バッカじゃないの」などと笑えるのである。自分も調子にのってあんな事をした時代もあったが、まあそれも景気の下支えにはなったのだろうか等と、割り勘のカラオケ代を気にしつつ昔日を回想するのであった。

« 間違いだらけのクルマ選び 2013年版 | トップページ | 新春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(久々にコメントします)ある時銀座の小料理屋で飲んでいました。すると隣に同伴らしき2人がいい感じでやっていました。女性は30代の和服が似合う正に銀座のチーママ風です。自分もいつかこうありたい!と羨ましいような気分になりましたが、暫くすると2人は出て行きました。その後の2人がどうなったか、想像する暇もなくそのチーママが別の男と戻ってきました。そして何もなかったかのようにまた飲み初めてたではありませんか?夢は夢であった方がいいのかも知れません。

また当方も今月からブログ「Pubの話」を始めました。

同伴は傍でみていると何とも滑稽で笑えますね。でも一方でタニマチ文化的なゆとりが世の中から消えていのもちょっと寂しい気持ちも・・・。

良いお歳を。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 間違いだらけのクルマ選び 2013年版 | トップページ | 新春 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ