« 日米艦艇・晴海合同親善寄港 | トップページ | 吉野家の鰻丼 »

2012年6月18日 (月)

全方位的健康法

そろそろ定期健康診断の季節である。検診と云うと本屋の店頭に、健康に関する新刊が山の様に積まれているのが目に入る。テレビでも健康や病気に関する特集が毎日お茶の間に流されていて、それは従来の説と反対の事を述べていたり、ある特定の食べ物が健康に有効だと説いている。友人の医者に言わせると、そのほとんどはインチキで、特にNHKの「ためしてガッテン」などは酷い内容だ、と彼は怒る。経済的に満ち足りた現在、人々の関心を引いて本の売り上げを伸ばすのは、健康に関して手っとり早い奇説・珍説をさも実証されたかの様に宣伝するのが有効なのだろうが、素人はテレビを見たり本屋に行ったりする度に、却って重畳の不安に駆られるのである。


そんな折、ある週刊誌でこんな痛快なコラムをみた。作者は「動物性のたんぱく質を取るのは体に良くない」という説があるかと思うと「肉を食べるのが頭のために良い」と別の本にはあり、「酒は百薬の長」とされるのに対しては「どんな酒でも毒である」とも云われ、「運動を積極的に行うべし」とあると「運動は寿命を縮める」という健康法もあって、あまりにも正反対の意見が乱立しているので、自分がその時に行っている事は、すべからく何らかの健康法に合致していると思う様にしたと書いている。つまり運動をしないのは「運動は寿命を短くするので良くない」という云う健康法をまさに実施していると考え、酒を飲むのは「適度な酒は健康に良い」と云うのを実践していると考える事にしたのだそうだ。まあ作者は本心からすべてそう考えて実践している訳ではなかろうが、この様に考えると、自分が行った行動がすべてなんらかの健康法に合致していると首肯でき、くよくよ健康の事を考えるよりはるかに「健康的」だとも云えるのではないか。


そういえば「飛鳥Ⅱ」の船内で聞いた遺伝子学の権威、村上和夫博士も「薬を飲むときに、この薬は絶対に利くと念じると効き目が違う」と講演していたから、自分のする事を何でも肯定して物事を進めれば、そこには何らかのプラスアルファが生まれるのかもしれない。すると血圧や血糖値も、低いより少々高いくらいの方が良いという説を信じて、気楽に生活すれば却ってこれらも下がるのかとも思うが、健康診断の前になるとやはり禁酒しようかとか、塩分を控えて健康ドリンクを飲むか、などと急にオタオタする気の小さい自分がいるのである。医者は検査結果の一つの数値から結論を出すのでなく、問診や触診、聴診などを通じて総合的に判断するのが医者たるゆえんだから、我々も健康に不安があればさっさと病院にでも行けば良いのだが、そこまで行かずに世に溢れる情報を前に「何となく不安」というのが凡夫なのであろうと、巷に溢れる奇説・珍説を前に考えるのである。

« 日米艦艇・晴海合同親善寄港 | トップページ | 吉野家の鰻丼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日米艦艇・晴海合同親善寄港 | トップページ | 吉野家の鰻丼 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ