« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

やっと増税法案が通る

やっと増税法案が通って一安心である。政権を執って3年近くなるのに、いまだ「増税の前にやる事がある」などと虚言を繰り返し、選挙の票ばかりを気にする小沢などの『政治屋』はさっさと党を割って出て行ったら良い。そもそも民主党は、先の選挙で予算の組み替えや無駄の見直しで10数兆円はひねり出せると言っていたのが、カットできた予算はたかだか数千億円。あらゆるマニフェストが果たせない中、増税だけは「国民と約束していない」と詭弁を弄するのは選挙屋・ポピュリストの真骨頂というべきだ。


今回のEU騒ぎでユーロを回避した資金が、日本の国債を買っていると報じられている。海外の投機家に買い込まれた日本の国債がひとたび信任を失えば、暴落からハイパーインフレ、超円安に直結する事を消費増税に反対する「政治屋」はどう考えているのだろうか。市民活動家あがりの前総理が無責任にも原発を止めてしまったので、化石燃料の輸入急増でわが国の貿易収支も急激に悪化している。いくら国債は国内で消化されているから安心などと言われても、前提となる足下がぐらぐらなのに、それに対処できぬ政治にほとほと愛想がつきていたが、ここで野田首相が初心を貫徹した事は立派だったと初めて民主党政権を誉めたい。票読みばかりの「政治屋」は町内会にでも引き下がって、「政治家」は国家の大局、次世代の事を考えて欲しいものである。


増税の道筋が見えた事で、国債や円に対する信任も少しは厚くなるのだろうが、それでもわが国の財政が健全になるには程遠いと云う。肥大した社会福祉を切り詰めるとともに自己責任をもう少し徹底し、、社会の枠組み、例えば事業に失敗しても何回でも、何歳でもチャレンジできる様にする仕組み、健全な家族主義(ネポティズム)を再び取り入れる社会のあり方などが検討されて良いのではないか。何より経済成長なきところに財政の安定はないのだから、一刻も早くTPPに参加してアジア太平洋地域の富を取り込み、日本経済の競争力を上げる事こそ国民の幸せであろう。

2012年6月27日 (水)

アマデアについて

飛鳥Ⅱのクルーズから帰国してそろそろ一年、妻のホームページ作成がやっと「初代飛鳥で航くキール運河2泊の旅」の”アマデア”の項にたどり着いた。ホームページを作るために、我が家に散乱している当時の資料の中から、最近は”アマデア”のデッキプランや写真が見つかって、私も懐かしくそれらをみつめる。しかし初代”飛鳥”を改めて見てみると、このフネはハウスから舳先に至る前部甲板の乾舷が高すぎて、妙に前につんのめった船型なのが気にかかる。また普通は客船のファンネルは船首方向に向かって流線型の勾配を描くのに対して、郵船グループのクルーズ船の特徴で、初代”飛鳥”は船首方向に向かってファンネルが屹立し、船尾に向かってスロープを描いているのが奇異である。電車でいえば新幹線など流線型の車両と逆に、前面妻面のおでこの部分が前に出て腰板が引っ込んでる様なもので、乗り物のデザインとしていかがなものかと感じるのである。
20120627amadea

そういえば、小さい頃から陸海空を問わず乗り物の絵を書くのが好きで、客船のデザイン画などを何も判らないまま描いていた。図面は高校生の頃にノートに落書した客船の絵なのだが、あの頃は「クルーズ」と云う言葉もなかったから、たぶん米国のプレジデント・ラインの貨客船や阪神・別府航路の観光船などをヒントに「こんなフネがあったらいいな」と空想しながら描いたものだろう。プロビジョン用クレーンや貨客船名残りのデリックなどがあるのがご愛嬌で、図面の脇には太平洋定期航路に就航する13000トン型客船で速力25ノットと当時の憧れがメモされていて懐かしい。設備は大・小2つのプールに子供用プール、ゴルフレンジ、1週300米のプロムナードデッキ、フィットネス、大浴場+サウナ、サンルーム、劇場、散髪、図書館など完備とある。


そんなシップマニアの目で”アマデア”(初代飛鳥)を見ると、このフネはそれなりに金をかけて良くできたクルーズ船である事が判るし、チーク張りで船型に比べて広々として全通するプロムナードデッキはとても魅力的でもある。願わくばプロムナードデッキは7階から6階へ下げれば腰高の船型がすっきりしただろうし、公室は5階に集中できなかったものかとちょっと残念な気持ちである。また本船の公室がエレベーターや階段を中心に縦系統の動線に展開するのが設計思想なのだろうが、ダグラス・ワード氏がかつてどこかで批評していた様に、動線は同じデッキの横方向とした方がより便利であったろう。日本船クルーズの黎明期かつ様々な制約の下での設計であろうが、鉄道ファンが妄想で勝手なダイヤの豪華列車を走らせる様に、「ここがこうなったら」とか「こんなクルーズ船があったら」とか考えるのは楽しいものである。
20120627

2012年6月22日 (金)

吉野家の鰻丼

以前ある会社に出向していて、その会社では少なくとも週2回は、昼食時に弁当を取り寄せて会議があった。弁当を注文する係が選択に疲れたのか、はたまた会議出席者の年齢が高いのを考えたのか、そのうち弁当のメニューがうな重・ちらし寿司・とんかつ・幕の内弁当の4パターンになってゆき、年がら年中うな重を食べていた時期があった。人間と云うのは実にぜいたくなもので、こうなるとたまには宅配ピザなどを皆でつまみながらコーラでも飲みたくなって、「次の会議はドミノ・ピザにしようぜ」と私は幾度か係の者を冷やかしながら提案したものだが、旧態依然たるその会社ではまったく取り上げられなかったのであった。


そんな時代もあったが、今や一契約社員になって弁当付き会議から遠ざかってみると、しばらく鰻重やちらし寿司を食べていない事に気づく。と思っても、ちょっとしたうなぎ専門店やすし屋に行くと、それはそれなりに結構なお値段で、「うーん、社用族の時代は良かったものだ」などと昔が懐かしくなる。と云うことで夏も近づく今日この頃、うなぎを安く味わうかと吉野家の鰻丼を試してみた。会社帰りに近所の吉野家のカウンターに座りメニューを見ると、期間限定の鰻丼はうなぎ一枚盛りと二枚盛りがあって、それぞれ650円と980円、ごはんを大盛りにすると30円増しという事で、ここは迷わず二枚盛りご飯大盛り1010円なりを注文する。


吉野家のうなぎは、白子の頃から中国の南部で一貫して育てたそうで、うなぎ食いたさの前に「 中国製はなるべく買わない、食べない 」という私の主義もいとも簡単に崩れる浅ましさである。まあ理屈は抜きにして本能のおもむくままに鰻丼をほおばると、専門店がその場で焼き上げたものと違って、工場製を調理場で温めたのか、蒲焼がフワっとしすぎて何やら嚙み心地が頼りない。タレの味も甘すぎでコクが感じられないが、スーパーでレトルトのうなぎ蒲焼を買って自宅で鰻丼にするよりは、ずっと「本物」の味がする。高いウナギだとゆっくり味わうべしとあれこれ考えながら食べるところだが、まあこの値段ならこんな物かと妙に納得して、がつがつと流し込める事こそ丼の醍醐味とばかり食を楽しんだのであった。ちなみに夕食時、私の周りでは10人の来店者のうち7~8人が鰻丼を注文していたから、牛丼の吉野家としてはちょっとしたヒット商品なのだろう。

2012年6月18日 (月)

全方位的健康法

そろそろ定期健康診断の季節である。検診と云うと本屋の店頭に、健康に関する新刊が山の様に積まれているのが目に入る。テレビでも健康や病気に関する特集が毎日お茶の間に流されていて、それは従来の説と反対の事を述べていたり、ある特定の食べ物が健康に有効だと説いている。友人の医者に言わせると、そのほとんどはインチキで、特にNHKの「ためしてガッテン」などは酷い内容だ、と彼は怒る。経済的に満ち足りた現在、人々の関心を引いて本の売り上げを伸ばすのは、健康に関して手っとり早い奇説・珍説をさも実証されたかの様に宣伝するのが有効なのだろうが、素人はテレビを見たり本屋に行ったりする度に、却って重畳の不安に駆られるのである。


そんな折、ある週刊誌でこんな痛快なコラムをみた。作者は「動物性のたんぱく質を取るのは体に良くない」という説があるかと思うと「肉を食べるのが頭のために良い」と別の本にはあり、「酒は百薬の長」とされるのに対しては「どんな酒でも毒である」とも云われ、「運動を積極的に行うべし」とあると「運動は寿命を縮める」という健康法もあって、あまりにも正反対の意見が乱立しているので、自分がその時に行っている事は、すべからく何らかの健康法に合致していると思う様にしたと書いている。つまり運動をしないのは「運動は寿命を短くするので良くない」という云う健康法をまさに実施していると考え、酒を飲むのは「適度な酒は健康に良い」と云うのを実践していると考える事にしたのだそうだ。まあ作者は本心からすべてそう考えて実践している訳ではなかろうが、この様に考えると、自分が行った行動がすべてなんらかの健康法に合致していると首肯でき、くよくよ健康の事を考えるよりはるかに「健康的」だとも云えるのではないか。


そういえば「飛鳥Ⅱ」の船内で聞いた遺伝子学の権威、村上和夫博士も「薬を飲むときに、この薬は絶対に利くと念じると効き目が違う」と講演していたから、自分のする事を何でも肯定して物事を進めれば、そこには何らかのプラスアルファが生まれるのかもしれない。すると血圧や血糖値も、低いより少々高いくらいの方が良いという説を信じて、気楽に生活すれば却ってこれらも下がるのかとも思うが、健康診断の前になるとやはり禁酒しようかとか、塩分を控えて健康ドリンクを飲むか、などと急にオタオタする気の小さい自分がいるのである。医者は検査結果の一つの数値から結論を出すのでなく、問診や触診、聴診などを通じて総合的に判断するのが医者たるゆえんだから、我々も健康に不安があればさっさと病院にでも行けば良いのだが、そこまで行かずに世に溢れる情報を前に「何となく不安」というのが凡夫なのであろうと、巷に溢れる奇説・珍説を前に考えるのである。

2012年6月17日 (日)

日米艦艇・晴海合同親善寄港

米国第七艦隊旗艦”ブルーリッジ”と、呉の第4護衛隊群に所属するヘリコプター搭載護衛艦”いせ”が、東京港に日米合同親善訪問寄港をするというので、昨日は入港風景を晴海に見に行った。第七艦隊のブラスバンドがマーチを演奏する中、2艦の係留作業を眺めていたが、軍艦独特の作業も多くなかなか面白かった。商船より多数の甲板隊員が艦上で係船作業をする中、その係留索を岸壁で受け取るラインマンも自衛隊員、仕事がら高い港湾料金に悩む身としては、民間の岸壁でも艦船の場合には既存のラインマンを使わず自前でよいのかとびっくりする。また晴海に入港する船舶のマストの信号旗は、商船では第2代表旗に豊洲・晴海を表すT旗を揚げるところ、昨日の2隻とも見慣れぬ信号旗がマストにはためく。どうやら白地に赤の3本線である国際回答旗をトップに、”ブルーリッジ”はH旗(パイロット・オン・ボード)、”いせ”はU旗(入港作業中)らしく、さすが軍艦は少々ちがうものだと認識する。


今日17日には両艦の一般公開が行われるそうで、中国の軍拡の脅威に対してより密接な日米関係を確認しなければならない昨今、両国の軍艦が首都・東京で同時に親善入港するのも時宜を得て頼もしい。なにしろ中国は尖閣だけでなく、南シナ海などでもベトナムやフィリピンと島嶼の領有権を争って大きな問題になっている事は報道されているとおりで、先年、太平洋の東半分はアメリカが、西半分は中国が管理支配すると言った中国政府高官のコメントが冗談ではない事がわかってきた。覇権国家の正体みたりという処で、日本はベトナムやフィリピンはもとより、中国と潜在的に対立するインドと安全保障の手を組まねばならない事を強く感じるが、その為には何といっても日米安全保障条約を基軸にすえ、中国とは妥協しない姿勢を一貫して示す事が必要であろう。その意味で海上だけでなく陸空も含めた日米の戦力が協調する絆を、あらゆる活動を通じ内外に示しておく必要があると思うのである。


とんでも発言の丹羽中国大使などは即刻更迭する事が、明確なメッセージを中国に送る事になると思うのだが、外交や安全保障になんら経験も知恵もない民主党ではお寒い限りである。それにしてもわが国では憲法の制約上、個別的自衛権はあるが集団的自衛権はない、などと珍妙な解釈がまかりとおっていて、そうすると民主党の愚かな反対でやめてしまった自衛隊のインド洋の給油活動や、現在も行われているソマリア沖の海賊対策などは集団的自衛権そのもので、これをどう考えたら良いのだろうか。冷戦も遠い昔の事となるなか、第二次大戦から67年も経った今、アメリカのごく一部の独特な思想をもった人がごく短期間で作った現在の日本国憲法を、時代に合わせて作りかえる必要があると、日米の両艦が入港する有様を見ながら考えていた。

写真は”いせ”の入港風景と民間とは一味違う係船作業
20120617

20120617_2

2012年6月13日 (水)

男・還暦・GTアゲイン

トヨタが13年ぶりに販売したスポーツカー、トヨタ・86が売れて受注8000台を突破したと云う。スバルと共同開発した86は富士重工お得意の水平対向4気筒エンジンを積んだ小型のFR車で、”ボッボッボッ”という水平対向エンジン独特の音を響かせる久々のクルマらしいクルマをトヨタが発売したと注目されている様だ。そういえば最近はどこへいってもワン・ボックスカーばかりで、子供が何人もいる家庭ならいざ知らず、やたら大きなボディのSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビィークル)も含めて、これらからは”ファン・トゥ・ドライブ”という雰囲気が伝わってこない。一方の売れ筋、ハイブリッドカーも遊園地の電気自動車か、とクルマへの興味がうせてしまうのがこのごろである。


巨大ワン・ボックスカーの日産エルグランドやトヨタのアルファ-ドなどが、そこのけとばかり高速道路の追い越し車線を突っ走っていると、”何だかなー!?”と思うし、セダンにしても最近はやたら巨大になったトヨタ・レクサスLSやニッサン・フーガあたりを見ると、何か戦車が道路を疾走している様で、そのおどろおどろしい姿に辟易とする。アメリカでホンダ・アコードやニッサン・G35(日本ではスカイライン)クラスのクルマを見ると、乗っているのが大体ヤッピー風だったりして、なかなか良いなと感じるのだから、日本製のセダンも元来捨てたものではないが、なぜか小型~中型の国産セダンやクーペが日本では最近まったく売れないと云う。


80年代のハイ・ソ・カーブームは、一体どこへ行ってしまったのだろうなどと考えていた処に、トヨタの小型FRスポーツカー86の登場である。この20年、クルマがただの道具になってしまったり、やたら偉そうに大きくなったりする中で、オーセンティックなクルマが復活するのはとても喜ばしいものだと思うのである。私もそのうち高齢になってクルマの運転が出来なくなるのだろうが、それまであと1台~2台クルマを買い換えるに違いない。自分のライフスタイルを考えながら次の車は何にするかなどと自答し、老人こそ夫婦2人でスポーツカーやクーペ、カブリオレに乗るのも良いものだ、などと一人で合点をうちながらトヨタ86の絶好調を伝える記事を読んでいた。

”男・還暦・スポーツカー・アゲイン”である。

2012年6月12日 (火)

山縣亮太ロンドンオリンピック出場

大学競走部の後輩、山縣亮太選手が今日の陸連理事会で、ロンドンオリンピック陸上男子短距離の代表に選出された。山形は今年に入って絶好調、100米の第一人者である江里口選手に後塵を浴びせて来たが、好事魔多し、春のグランプリ・シリーズで足を痛め、ようやく代表選考の日本選手権に間に合わせてきた。彼は高校時代から注目された選手だったから、入学の際も「なぜもっと体育専門の学校へ行かないのか」と関係者から声が挙がったというし、入学後も授業優先の生活に「他の大学ではありえない」と云われてきたから、先輩としては「ほれ見ろ、やっぱり我が大学に入って良かっただろう」と思わず喝采を送りたい。


最近は母校にも優秀な競技者が入学する様になり、今年の日本陸上競技選手権には各種目に9人も出場して、この週末に大阪・長居競技場から配信されるネットの速報やらNHKの中継録画を、一喜一憂しながら眺めていた。山形君のほかにもOBで男子800米の横田君が日本代表に選ばれたから、この夏のロンドンオリンピックはちょっと楽しみになってきた処で、運動部の先輩というのは、何がなくても後輩や現役選手が活躍するのが嬉しいものだ。その点で云えば私が現役時代に、納会やら何やらで大OB諸兄が出てきて「俺達の頃はアジア大会だ、オリンピックだ、と報道されたのに君達は何だ!情けない」と叱咤された時は「フン!」と鼻白む思いだったのだが、今や彼らOBの年齢を超える年になってみると、あの先輩達も辛口の批評の中に密かに応援してくれたかとその心境が共感できるのである。


後輩でオリンピックにすすんだ者は、シドニーで競歩に出場した小池君以来12年ぶりだし、短距離では東京オリンピックの室選手以来であろうから、今日の代表発表で現役やOB会は大いに盛り上げる事であろう。ただし、これでまたロンドン遠征支援の為にあらたな寄付依頼が来るのかと嬉し痛しの今日である。大した寄付をするわけではないが「金は出すが口は出さない」と云う『正しいOBのあり方』を実践しつつ、影から彼らのオリンピックの活躍を祈る事にしよう。

2012年6月 9日 (土)

雨の降っている休日

関東地方も梅雨入りで、雨模様の土曜日である。特に何もする事なくブラブラ、ダラダラとすごす。こんな雨降りの休日に思い出すのはこの歌。YOU TUBEで発見したがミッキーカーチスが作った曲とは知らなかった。
テレビCMでは一番しか流さなかったが、2番がこんな歌詞だというのも初めて知った。

2012年6月 6日 (水)

頭髪は毎日洗うのか?

『20歳若く見えるために、私が実践している100の習慣』という本が売れているそうで、その広告が新聞に大きく掲載されている。私は若く見られて損した思いも多いし、この手の医療本などは、眉に唾をつけて読む様に心がけているものの、広告の中で一箇所「頭の洗いすぎがハゲを招く」とあるのに目が止まってしまった。そういえば子供の頃は、「毎日洗髪すると禿げるから、頭を洗うのは数日に一回にしなさい」とよく言われたが、髪に問題がない今でも、このキャッチコピーはその時分を思いださせてくれる。思いおこせば当時は風呂などすっ飛ばして早く遊びたかったので「100数えるまでは肩までお湯に浸かっていなさい」など親に注意されつつ、洗髪しなくてよい日は何か得した気分になったものだった。


あの頃は家に風呂がない家庭も多く、シャンプーもシャワーもなかったから、みんな毎日髪を洗うなどという習慣がなかったが、「朝シャン」などと云う言葉に伴い清潔志向が蔓延してきたのは、一体いつごろからであろうか。最近は男性でさえ毎日髪の毛を洗うのが普通になっている様で、汚いのが一向に気にならない私でさえ、驚くべき事に毎日髪をシャンプーするのが習慣になっているのである。妻は「老人になると加齢臭がするから、体や髪は清潔にして」とうるさいのだが、実は酔っ払って帰って来た日などは風呂やシャワーも面倒で、「俺がアレルギーなどに無縁なのは、汚くて平気だからだよ」などとうそぶき、風呂を回避しようとするので、そのたびに妻の顰蹙をかっているのが現実である。


子供の頃、いつも行く床屋に「髪が柔らかいし、頭皮が固いので大人になったら禿げるよ」などと言われてムッとした覚えがあったが、床屋の見立てに反して髪の毛が健在なのは、これまでに洗う回数が人より少なかったからか、などと屁理屈も頭に浮かんでくる。考えてみれば頭部や毛根は適度な脂質で保護されていて、それを毎日ゴシゴシとシャンプーなどの化学成分で剥ぎ取るのは良くないというのも一理ありそうで、ホームレスにハゲが少ないという都市伝説も妙に納得させられるのである。健康のために毎日洗髪すべしというのは、整髪料や養毛剤業界の陰謀かもしれないと、件の本の広告を眺めながらしばし考え込んでしまったのであった。

2012年6月 4日 (月)

食にこだわらず

寿司といえば今や”SUSHI”となって世界中で食べられる食事になったが、アメリカの食品医薬品局(FDA)の検査では、米国で売られているスシ種の55%が偽もので、たとえば「レッドスナッパー」(たい)と表示されていたものが、実はティラピアやスケトウダラだったとネットのニュースで報じられている。まあスシダネなどはそんな物かと思うが、それにもまして生ものを食べるという事に、われわれはもう少し注意をした方が良いのではないかとも思う。


中国などアジア諸国へ行って現地の人と会食をすると、日本人だからと「サシミ、サシミ」と盛んに薦められる時があって、私は社交として僅かつまむふりはするものの、基本的にはそこでサシミを食べない事にしている。日本でも最近はサケがふつうにスシダネになったが、「寄生虫がいるから生でサケを食べてはいけない」と以前言われていたのは、どうなったのだろうか?養殖ものは大丈夫とか、冷凍するから寄生虫は死んでいると云う事になっているらしいのだが、アメリカのスシダネ同様、食膳のサケが本当が養殖されたものか、寄生虫が死ぬほど低温で冷凍されたものか分かったものではない。


そういえば焼肉店で生肉ユッケを販売禁止したのに続き、牛レバ刺しを禁止されたと大騒ぎしている。「安全性の問題」か「食の伝統か」などとメディアでは取り上げられているものの、牛肉や牛内臓が料理店で出される様になったのは戦後の事で、「食の伝統」というほどの問題なのかとちょっといぶかしく思う。生の牛肉からは出血性大腸菌O157が検出される事があり、かつてアメリカのファーストフードチェーン”ジャック・イン・ザ・ボックス”でイーコライ(O157)による食中毒で子供たちなど死者がでた事件があった。この時は汚染された牛肉を充分加熱しなかった事が原因とされ、当時食中毒が発生したレストランがたまたま私が住んでいた近所だったため、地元では大騒ぎだった事を思いだす。


世の中には特定のものを対象にして、それにこだわったり極端に怖がる人がいて、いまだに食べ物は福島に遠い西日本のものを選ぶなどという消費者もいるそうだが、西日本には逆に中国からさまざまな汚染物質が風に流されて飛んできているハズだ。「災難は忘れた頃にやってくる」の諺とおり、問題というのは注意しているものよりとんでもない箇所から発生しがちだと私は考えているから、あまり特定のものばかり食べず、無闇に新鮮だとか「生」とか有機栽培やらにこだわらず、好き嫌いなく何でも普通に食べているのが一番だと思うのである。ただし「生」ビールだけは話が違うのだが。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ