« 酒呑みの社会貢献 | トップページ | おや下痢かい? »

2011年3月17日 (木)

頼むぜ!

必死で原発事故の沈静化を試みている最中に、あまりこんな事を言うのも憚られるが、今回の福島原発危機の東京電力の説明には首を傾ける向きも多い。記者会見を見ると、東電側は技術者肌でただ数字を読み上げる様な人か、あるいは原子力には素人の広報担当の人ばかりで、結局のところ福島の現場で何が起きていいるのか、どういう対応をしようとしているのかまったく要領を得ない。担当役員クラスが雲隠れでもしているかの様に、記者会見に姿を現さないのも不思議である。当事者である東電の現状認識と方針が示されない中、テレビの学識経験者の説明だけに国民は頼る事態なのだが、公共事業を担う企業がこんな事で良いのだろうか。


もともと計画経済を信奉する左がかった議員が民主党には多いだろうから、ここぞとばかり政府主導の対策を国民に示したい処だろうが、政府の行っている対応が本当に被災地の要望に沿ったものなのだろうか。菅首相がヘリコプターで原発事故現場の視察をした事が現場を混乱させ、原発に注水する初動を遅らせたとか、枝野官房長官は事実を隠しているのではないかと言う風説が、根も葉もない噂とだけは言えない気がしてくる。官邸主導が却って現場をシュリンクさせ、だれも責任を負わずに指示待ちになっている様な事態にならない事を祈りたい。蓮舫氏は節電担当大臣とか辻本氏がボランティア担当大臣などと聞くと、これこそ人寄せパンダじゃあるまいし、冗談はよしてくれと叫びたくなってくる。


首都圏の計画停電も、東京電力と政府の調整不足で初日は大混乱であった。首相が発表するまで東電が待たされたと云うが、この事で失ったラッシュ前の貴重な時間、東電が鉄道事業者と調整をしなかった事、被災地も計画停電地区に組み込んだ事など一連の失策は、政治主導と云う題目と東電の供給の論理の狭間で、多くの国民が迷惑を蒙った一例であろう。首都圏の鉄道のラッシュ時の電力消費はせいぜい150万キロワット程度といわれており、現在云われている3000万キロ以上ある供給能力から見れば、調整さえ行っておれば月曜日の様な大混乱にならなかったと思われる。未曾有の危機のさ中にあるのは理解するも東電の高飛車かつ説明不足の対応と、やたら楽観的な枝野官房長官の福耳を見ていると「 本当に大丈夫かいな 」と言う気になってくる。

写真は東京港で被災地向けに食糧を積み込む水産庁の船201103151

« 酒呑みの社会貢献 | トップページ | おや下痢かい? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 酒呑みの社会貢献 | トップページ | おや下痢かい? »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ