« 確定申告の準備 | トップページ | カップヌードルごはん »

2011年1月19日 (水)

東京一区有権者の憤り

東京一区で自民党から出馬して敗れ、比例区で当選した与謝野馨衆議院議員が、民主党の内閣に参加したのには呆れてしまった。といっても先の衆議院選挙では、与謝野氏は健康問題に加え地元での評判があまりにも悪いので、東京一区の有権者である私は、民主党の海江田候補に投票をしてしまったから、与謝野氏に裏切られたという訳ではない。しかしあの時は大いに迷って自民党にお灸をすえる意味で、選挙区では民主党に投票したわけだから、あわや間違えば与謝野氏に投票していたかもしれない。

選挙が終わって、与謝野氏を破って選挙区で当選した海江田議員だが、さっそく小沢幹事長(当時)率いる中国への大遠足に同行して笑顔を振りまき、媚中外交を展開しているのがテレビで大写しになってからは、なんてヤツに投票をしてしまったのかと大いに悔しい思いをしたものだ。一方の与謝野議員は自民党を離党して「たちあがれ日本」のリーダーの一人となったところまでは理解できるものの、今度の民主党内閣入りにはのけぞる他ない。「たちあがれ日本」は保守の再生を目指しているのかと思ったら、そんな主義主張は彼にはどうでも良いようだ。やはり地元・新宿では評判がさっぱり、というのもこういう人物なら当然か、と理由がわかった。

要はこんな機会主義者の二人の議員を、東京一区から輩出してしまったわけで、きたるべき次回総選挙には一体誰に投票したら良いのか、と有権者としては大いに憤るのである。こうなればこの二人が懸案の消費税を上げ、TPPに参加し、日米安保の深化を強力に推進する原動力になる様に、獅子奮迅の仕事をして貰う事を期待するしかないが、現在の政権のていたらくでは結局何も決められず、日本の再生が遠のくばかりかと大いに危惧するのである。そんな危惧は無用だったと思わせる様な、狂った様な働きを二人がしてくれれば、その時は民主党も少しは見直しても良いかと地元民としてちらっと思ったりもするのである。

« 確定申告の準備 | トップページ | カップヌードルごはん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 確定申告の準備 | トップページ | カップヌードルごはん »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ