« サンセットシップウォッチング | トップページ | レーシック »

2010年11月14日 (日)

平成の義賊

これだけ嘘を本当と塗り固める中国をみると、"盗人猛々しい”という言葉を思い出すが、いわれるところの南京虐殺などもこのやり方で、白を黒と言いくるめて来たに違いないと、改めて歴史の真相を見た思いがする。それにつけても、国民に明らかになった中国漁船の衝突ビデオをみて、「コツンとあたった」と言いつのった福島瑞穂や、「向こうが逃げまどって当たっちゃという事だ」という小林興起などのコメントを思い起こすと、本当にビデオが公開されてよかったと思う。そうでなければこういうインチキな政治家の嘘も見抜けなかったと、5管の海上保安官に感謝したい。

”平和の海”だの”東アジア共同体”だの”戦略的互恵関係”だのと云う「言葉遊び」はいい加減に止めにして、少なくとも日米の安全保障条約がいかに大事かが、今回の事件で国民にわかった訳で 「沖縄に海兵隊が要らない、第七艦隊で充分」(小沢)、「少なくとも県外」(鳩山)だのという民主党トップのコメントが、いかに妄言で空しいものだったか、実感できたというものである。法律的には衝突ビデオを流出させた海上保安官が処罰の対象になるのかもしれないが、心情的には平成の赤穂浪士たる彼の勇気に拍手を送りたいものである。

「中国にご報告申し上げる」と、どちらの国の政治家かわからぬ仙谷官房長官や、天皇の健康やスケジュールを考えず無理やり中国の習副主席との会見をごり押ししたり、議員団を引き連れて記念写真をとりに行った小沢一郎やその取り巻きの民主党議員団一人一人に、この一年の外交の中間報告を聞いてみたくなる。早く次の総選挙が来ないかと心待ちにするこの頃である。

« サンセットシップウォッチング | トップページ | レーシック »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サンセットシップウォッチング | トップページ | レーシック »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ