« 少し愛して長く愛して | トップページ | 小型船舶操縦士免許 »

2010年7月11日 (日)

予想にたがわず

今日の選挙はさんざん迷ったあげく、選挙区では自民党候補、比例ではたちあがれ日本に投票した。今晩開票が進み、比例区からたちあがれ日本の当選者が出て欲しいと今は思っている最中だ。それにしても予想どおりの民主の惨敗だがこれは当然の結果といえよう。自民党にお灸ををすえるつもりの昨年の衆議院選挙だったが、民意を得たと確信した民主は左に振れすぎた。バックの日教組や労働組合の声、社民党などがそんなに影響を与えていた事を、ほとんどの国民はよく知らなかったはず。国民政党だと思っていたらイデオロギー政党で、トップの旧首相は何を考えているのか訳がわからず、黒幕の旧幹事長が選挙の為なら何でもありのポピュリズムの体現者とあっては、この結果もむべなるかなである。

これまでのところ消費税問題を菅首相が選挙戦で言い出したから、急に勢いが落ちたという分析が大宗を占める様だが、まったく当を得ていないと私は思っている。国民は消費税を上げる必要性は充分理解しているのである。問題は「自民党も言っているから10%に」などと、人の後ろからついて行くかの如き首相の卑怯な発言と、「選挙の為には消費税を言うべきでない」という無責任な党内の声、これらを聞くたびに野党体質が丸出しで「責任をもって国政を担う」という意識の欠如に、多くの国民が愛想をつかしたのではないだろうか。消費税アップの発言やよし、ただその言い方や党内の反応の方が、国民の期待を裏切ったのではないだろうか。

本当なら「 自民党は消費税を10%あげるなどと甘い事を言っているが、財政の再建を急ぐ為には15%は必要です」という位の覚悟と気概を菅総理に示して欲しかった。そうはいっても、衆議院では民主党が第一党。この惨敗の結果を良く分析して、路線を右よりに転換し社会主義的な考えを改めて国民政党として再出発し、責任ある二大政党時代を作ってもらう事が国民の為なのだ、とテレビの速報を見ながら感じている。

« 少し愛して長く愛して | トップページ | 小型船舶操縦士免許 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 少し愛して長く愛して | トップページ | 小型船舶操縦士免許 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ