« ロッククライミング | トップページ | レジェンド・オブ・ザ・シーズに乗船して »

2010年5月 9日 (日)

クルーズの最終日

100509_191057

8泊のクルーズは最終夜を迎えて、例によって夜の内に荷物は部屋の外に出してガランとした部屋にいる事になる。クルーズの一番わくわくする時は、乗船して一歩キャビンに踏み入れた時。これからどんな旅が始まるのかと期待に胸をふくらます。逆に寂しいのは下船前夜、明日からまた現実の生活が始まるのである。

下船のルーティーンは内外のどの船もあまり変わらないが、下船前日のフェアウエルパーティは、クルーズ会社によって、ベイクド・アラスカが出たりクルーの紹介があったり様々。明日早朝横浜に着くレジェンド・オブ・ザ・シーズ号は、ロイヤル・カリビアン社の売り物、ダイニングのクルーがナプキンをくるくる振り回しながらのパレードである。ダイニングクルー入場の後、一言アナウンスがあり、定番「オ・ソーレ・ミーオ」に続き、海援隊の「贈る言葉」をダイニングのクルーが総出で日本語で歌ってくれた。

今回も初めてクルーズに参加したという若い女性が、上陸して船に帰って来ると我が家にたどり着いた気持ちになると喋っているのを聞いた。いくらクルーズ船は大きくて安全とはいえ、ひとつの共同体という意識が9日間も一緒にいると芽生えるのも船旅の良さである。贈る言葉の歌詞は一週間かかって覚えたとテーブル担当のウエイターは言っていたが、こんな旅はそうあるものではない、次は何の船に乗ろうかと考えながら寂しさを紛らわしている最終夜である。


バルクキャリアー 2010-05-10 23:31:09
guy92さん

コメントありがとうございます。今日にっぽん丸が横浜港大桟橋に着いているのを見て、guyさんの見学の事を思い出しました。

ヨーロッパのほうでは、朝をふつうに過ごし好きな時に下船できるホテルのような船もあるとの事、いつかヨーロッパでクルーズの旅をして見たいと思っています。

今日は昼間仕事をして今帰宅しましたが、クルーズが遠い昔の様で哀しいです。

guy92 2010-05-10 12:38:56
RCI初の横浜発着クルーズ、レポートありがとうございました。

1600人もの日本人が乗船したことが、サービスの面でいい方向に作用したことが文面から感じ取れます。

ほんとうによかったですね。

最終日の寂しさは僕も何度も経験しました。

ヨーロッパのほうでは、朝をふつうに過ごし好きな時に下船できるホテルのような船もありますよ。

« ロッククライミング | トップページ | レジェンド・オブ・ザ・シーズに乗船して »

船・船旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロッククライミング | トップページ | レジェンド・オブ・ザ・シーズに乗船して »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ