« おわび | トップページ | 第43回東京六大学対校陸上競技会 »

2010年4月 4日 (日)

好きな桜の散歩道

鉄道ファンの私としては、日本の風景写真といえば列車がいなくてはならない。その場合はSLとかお召し列車とか、いかにも被写体になりそうな列車でなく、裏庭を駆け抜けていく通勤電車だったり、農家の軒先をいつも通過するディーゼル列車など生活の傍らにある鉄道の情景が好きである。朝のラッシュ時、職場に学校に急ぐ人々が待つ踏切の場面とか、そろそろ昼休みにかかろうかという農作業の人達に、時報代わりに毎日通過するローカル電車とかの場面が良い。いかにも電車や電気機関車を撮っていますよという写真より、自然や風景に溶け込んだ鉄道写真が「日本の鉄道」という気がする。

川崎市を流れる二ケ領用水は、水辺に沿って側道が長く続き、この季節は桜の並木がとてもきれいである。ぶらぶらこの側道を散歩していると南武線の電車が、頻繁に用水の傍らを通過する。電車の手前には菜の花畑があって、都市近郊のなんと言う事もない、ごく普通の散歩道だが、こんな所がかえって心が落ち着き、いいなあと感じるのである。
100331_133035

« おわび | トップページ | 第43回東京六大学対校陸上競技会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おわび | トップページ | 第43回東京六大学対校陸上競技会 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ