« 社員バッジ | トップページ | 墨提 »

2010年4月 9日 (金)

一年のアクセント

ついこの前(2010年1月29日) 『 人間ドックが病気を生む 』という本を読んだ感想を、このブログにアップした私であるのに、結局今年も恒例の人間ドックを受ける事にした。本を読んでなるほどと思うのだが、その通り実践できないのが凡人たるゆえんである。で、なぜこの季節かというと、冬の朝にトイレで便を採取して、朝飯もとらずに寒風の中を病院に向かうのは何だかみじめで、それだけで血圧が上がりそうな気がするから、暖かくなって仕事面でも楽な連休の頃に検診を受けるのである。

という事で、例年とおり小心者の私はドックに備えて、生活を整え暴飲・暴食を慎もうと、はかない努力をするのがこの時期なのである。塩辛いものや油脂を控え、ヘルシーそうな日本食やサカナ料理を食べる様に1ヶ月ほど生活を改めるのだが、相変わらず妻は「 いつもと違った事をして、意味があるの?」と冷笑している。

私は白衣を見ると、血圧が上昇する傾向があるので、家では高価な最新の血圧計を出してきては、「 ここは病院で、目の前には白衣の看護婦が見ている 」と空想しつつ、目を閉じて毎日のように血圧を測る。いわば究極のイメージトレーニングなのであるが、オリンピックの試合じゃあるまいし、自分の血圧でこんなトレーニングをしているとは、我ながらあまりにも情けない、とも笑えてくる。

そんな中、今日の読売新聞には「 一回の飲酒で適当とされるお酒の量 」という健康欄があって、ビールなら中ビン2本、日本は2合、ウイスキーはダブル2杯にしなさいとある。これはそれぞれのアルコール含有量からみて、アルコールに換算して50CC強までと云う事の様だ。以前別の健康に関する記事で、一日のアルコール摂取量は60CCまでに、とあったので、今朝の記事はこの説とも合っていて一応信頼できそうだ。さらに新聞のこの記事は、脂肪肝の原因になる中性脂肪を排出する為には、週に2回肝休日を設けなさいともある。

これを読んだら「 お、自分がちょうどいま実践している飲み方だ 」と妙に嬉しくなって、入試を一ヶ月後に控えて、受験勉強が順調に進んでいる浪人生の様な気分にもなってくる。このまま節制を心がけて、ドックを終え、その日はお祝いで死ぬほど酒を飲んでやろうかとか、ドック後もこのままこういう生活をすれば体脂肪も減って、走るのももっと速くなるかな、などと1ヵ月後を想像するのも、ややマゾヒスチック、かつちょっと楽しい気分でもあるから不思議なものだ。一年に一度の人間ドックというのは、そういう意味でちょっとドキドキしながらも、生活のアクセントの様なもので、これはこれで私にとってのイベントかとも位置づけているのである。

皇居19分台 2010-04-10 14:01:20
体脂肪10%をめざして頑張るぞ。


Wife is Right 2010-04-09 23:54:01
是非ともこのままの健康食生活を維持して頂き、5キロ18分復活!、期待しております!!

« 社員バッジ | トップページ | 墨提 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 社員バッジ | トップページ | 墨提 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ